image_print

オンラインゲームが社会性を促進(2006.08.17掲載)

オンラインゲームは人を孤立させる、時間の浪費だなどと批判されることも多いが、米国の研究によると、一部の人気オンラインゲームが実は「社会性を促進し、新しい世界観を生み出している」という。 米 イリノイ大学およびウィスコンシ […]

Read More

テレビアニメが小児の痛みを紛らす(2006.08.16掲載)

クリニックに、バッグス・バニー、クービー・ドゥー、パワーレンジャーなどアニメキャラクターの居場所ができそうだ。テレビアニメが簡単な医療処置の痛みから子供を紛らす役割を果たすことがイタリアの研究で明らかになった。 シ エナ […]

Read More

尿失禁(2006.08.16掲載)

尿失禁は、膀胱から尿が漏れたり、尿意をコントロールできなくなることで生じる。男性よりも女性に多く、特に出産後の中高齢の女性によくみられる。 筋肉の衰えや老化が原因であることが多いが、米保健社会福祉省(HHS)によると、こ […]

Read More
Image

予想以上に多い乳癌(がん)化学療法の副作用(2006.08.15掲載)

乳癌(がん)の化学療法を受けた患者においいて、副作用で入院または救急室に搬送される例が、臨床試験から予測される件数よりも多く、それに伴う医療費も増加していることが、米医学誌「Journal of the National […]

Read More
Image

テストステロン値が低いと死亡リスク高い(2006.08.15掲載)

40歳以上の中高年男性でテストステロン値が比較的低い人は、正常値の人に比べ死亡リスクが88%高いことが米国の研究で示され、医学誌「Archives of Internal Medicine」8月14/28日号に掲載された […]

Read More
Image

皮膚検査でアルツハイマー病を早期発見(2006.08.14掲載)

最も早期のアルツハイマー病を簡単に検知できる皮膚検査法が、実現に向かっている。アルツハイマー病が脳だけではなく全身を侵す疾患であるという仮説に基づいた検査法で、米国科学アカデミー発行の「Proceedings of th […]

Read More
Image

男女で異なる体形改善へのこだわり(2006.08.11掲載)

自分の外見を受け入れられる女性は健康的な食生活を送るが、引き締まった筋肉質な体が望ましいとプレッシャーを感じている男性は不健康な食生活や運動に固 執する傾向にあることが、ニューオリンズで開催の米国心理学会(APA)年次集 […]

Read More

運動が脳の老化を予防(2006.08.11掲載)

運動は、加齢による脳機能への影響を遅延させるとともに、鋭い認知能力を維持させ、認知症様疾患の予防となることが、先ごろニューオリンズで開催の米国心理学会(APA)で発表された米イリノイ大学(イリノイ州)の研究で明らかになっ […]

Read More
Image

ストレスにより脳が萎縮(2006.08.11掲載)

ストレスにより脳細胞が萎縮し、免疫システムの老化が早まるということを示した研究が、ニューオーリンズで開催の米国精神医学会(APA)年次集会で報告された。 米 ロックフェラー大学(ニューヨーク)神経内分泌学研究所のBruc […]

Read More

炎症と癌(がん)の関係解明に光(2006.08.11掲載)

慢性炎症と、癌(がん)やアテローム性動脈硬化症のような疾患との化学的な関係について新たな知見が示され、生物化学誌「Nature Chemical Biology」7月号に掲載された。 感染が起きると、免疫細胞がその部位に […]

Read More