image_print
Image

腎細胞のニコチン受容体を発見(2006.10.04掲載)

腎細胞にニコチン受容体があることが初めて確認され、米サンアントニオ(テキサス州)で開催された米国心臓協会(AHA)秋季高血圧研究年次集会で発表された。研究を行った米マイアミ大学医学部助教授Edgar A. Jaimes博 […]

Read More

誤診や診断遅れは医師の手違いが多い(2006.10.03掲載)

患者に被害が及ぶ誤診や診断遅れの約60%が医師の基本的なミスで発生していることが、米医学誌「Annals of Internal Medicine」10月3日号掲載の米国の研究で明らかになった。こうしたミスには、患者の追 […]

Read More

小児にも脂肪性肝疾患の多いことが判明(2006.10.02掲載)

米国の小児の650万人もが、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)に罹患している可能性が示された。NAFLDは肝細胞に脂肪が蓄積する疾患 で、肝硬変、移植を要するような末期肝疾患および肝癌(がん)に至ることもある。これ […]

Read More

赤ワインは体によい(2006.10.02掲載)

赤ワインは、食事とともに楽しめる味わい深い飲み物というだけでなく、フラボノイドと呼ばれる抗酸化物質を豊富に含んでおり、心臓を保護する働きをもつ。 最近の研究で、赤ワインを飲むと(ただし1日にグラス1杯[4オンス、約120 […]

Read More

若年肥満者に憩室炎リスク(2006.10.01掲載)

これまで50歳以上の疾患とされていた結腸疾患の急性憩室炎が、今では若年肥満者にも見られることが、米メリーランド大学医療センターの研究で明らかになった。 急性憩室炎には共通して低繊維食が関与している。これが原因で結腸への圧 […]

Read More
Image

男性も“強迫性買物”に陥る(2006.10.01掲載)

米国成人の20人に1人が買物を止められない、いわゆる“買物依存症”的状況にあるといわれるが、これは女性に限られたものではなく男性もこの「強迫性買 物 (購入)compulsive buying」を […]

Read More
Image

兄弟に関節リウマチ患者がいる女性はリウマチの重症化リスク大(2006.09.29)

兄弟が関節リウマチ(RA)に罹患している女性は、重度のRAを発症する確率が高いことが新しい研究によって示され、米医学誌「Arthritis & Rheumatism」10月号に掲載された。RAは関節に極度の痛みを […]

Read More

バレット食道(2006.09.29掲載)

バレットBarrett's食道は、慢性胃食道逆流性疾患(GERD)や炎症性食道などで食道を覆う細胞が損傷し、細胞異常を来す疾患で、食道癌(がん)に進展する可能性がある。 米オハイオ州立大学医療センターによると、バ […]

Read More

肝臓移植後の生存状況は女性のほうが良好(2006.09.28掲載)

肝臓移植後の生存状況は、男性より女性で良好なことが英クイーンエリザベス病院(バーミンガム)の研究で明らかになった。 英医学誌「Gut」9月28日オンライン版掲載の同研究は、1985~2003年に肝臓移植術を受けた約2,7 […]

Read More
Image

脳卒中後のうつ病を見過ごす(2006.09.28掲載)

脳卒中後にうつ病を発症する患者が17%に及びながら、抗うつ薬治療を受けている人が5分の1に過ぎないことがオーストラリアの研究で明らかになった。米サウスカロライナ医科大学疫学教授で米国心臓協会(AHA)スポークスマンのDa […]

Read More