image_print
Image

男性が長生きするため5つのステップ(2006.07.04掲載)

心臓の健康によい5つの生活習慣(ライフスタイル)を身に着けることで、中年以上の男性の心疾患リスクを有意に減らせることが、米国の研究で明らかになっ た。禁煙、スリムな体型を保つ、毎日の運動、適量の飲酒、ヘルシーな食事を守る […]

Read More

植物状態からの「奇跡の回復」を探る(2006.07.03掲載)

トラック事故で脳に重度の損傷を負い最小意識状態(MCS)に陥っていた米国のTerry Wallis氏が、約20年ぶりに言葉を発し周囲を驚かせたことはメディアでも広く報道された。長年の植物状態からの奇跡的な回復はこれまでに […]

Read More
Image

食品製造に用いられる酵素がセリアック病患者を救う(2006.06.30掲載)

セリアック病は小児脂肪便症とも呼ばれ、小麦などに含まれる不溶性の蛋白(たんぱく)の一種であるグルテンへのアレルギー性反応により、小腸内で変化が生じ、吸収不良を来たす遺伝性の自己免疫疾患で、小児だけでなく成人でも発症する。 […]

Read More

体を温めることにより癌(がん)の画像診断の精度がアップ(2006.06.30掲載)

PET(ポジトロンCT)やCTスキャンなどで癌(がん)診断をする際に、事前に検診者の体を毛布などで温めておくことにより、診断の精度が上がることが、先ごろサンディエゴで開催された米国核医学会(SNM)で報告された。 報告者 […]

Read More

たとえ一杯のアルコールでも判断力を鈍らせる(2006.06.30掲載)

仕事が終わったあとに1杯だけならば飲んでも運転して帰宅できると思っている人に、その考えを改めさせるべく研究が、米医学誌「Applied Cognitive Psychology」に報告された。たとえ飲酒の血液検査で法的制 […]

Read More
Image

ペットフードで飼い主が感染症に(2006.06.29掲載)

細菌(バクテリア)を含んだ牛肉や魚類のペットフードにより、サルモネラ菌感染症に発展するリスクを蒙った飼い主の症例が、米疾病対策予防センター(CDC)発行の「Morbidity and Mortality Weekly R […]

Read More
Image

歯を再生する蛋白(たんぱく)「デントニン」に期待(2006.06.29掲載)

デントニンと呼ばれる蛋白(たんぱく)で、虫歯になった歯の構成成分の再生を促すことにより、歯根管治療を回避できるようになる可能性が、オーストラリア、ブリズベンで開催された第84回国際歯科研究学会総会で発表された。 デ ント […]

Read More
Image

運転中の携帯電話は飲酒運転より危険(2006.06.29掲載)

携帯電話で話しながらの運転は、事故を起こす確率が飲酒運転よりも高いことが明らかになり、人間工学誌「Human Factors」夏号に掲載された。 米 ユタ大学心理学助教授Frank Drews氏らによるこの研究では、運転 […]

Read More

A型肝炎の予防(2006.06.28掲載)

A型肝炎ウイルスは、子供、大人を問わず感染するが、1歳以上であればワクチンによる感染予防が可能である。ウイルスは人から人へ感染し、口や手の接触を介することが多い。 米疾病予防対策センター(CDC)によると、A型肝炎は慢性 […]

Read More

関節リウマチ(2006.06.28掲載)

関節リウマチ(RA)は主に関節が侵される慢性疾患である。 米関節炎財団によると、痛みはどの関節にも生じるが、指、手および手首に出ることが多いという。他の症状として、こわばり、インフルエンザ様の痛み、熱および筋肉痛などがあ […]

Read More