image_print
Image

脂肪分の富んだ魚に腎癌(がん)予防効果(2006.09.19掲載)

サケやイワシなど脂肪分に富んだ魚に多く含まれ、心臓に良いとされるオメガ-3脂肪酸には、腎癌(がん)の予防効果もあることが、スウェーデンの研究で明 らかにされた。女性6万人を対象に、15年間にわたって追跡したもので、週1回 […]

Read More
Image

リポ蛋白(たんぱく)レベルの高い女性は心疾患リスクが高い(2006.09.19掲)

リポ蛋白(たんぱく)(a)という物質の血液中のレベルが高い女性は、心疾患や脳卒中のリスクが高いことが米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(BWH、ボストン)のJacqueline Suk Danik博士らの研究によって示さ […]

Read More

睡眠時無呼吸治療に新兵器(2006.09.18掲載)

小さなポリエステルの棒を軟口蓋(こうがい)に挿入する侵襲性の低い外科的措置が、閉塞性睡眠時無呼吸の治療として長期的に有効であることが明らか になった。睡眠時無呼吸は、米国では少なくとも1,200万人が罹患しており、最もよ […]

Read More

子供の構音障害の見分け方(2006.09.18掲載)

構音(言語)障害は小児の口唇、歯、舌、軟口蓋(こうがい)の発達異常によって生じることが多い。また、聴覚障害や発語に関わる神経症状が原因となることもある。 特定の音や音の組み合わせが発音しにくい、舌がもつれる、どもるなどの […]

Read More

短時間の頻回運動は長時間の単回運動よりも降圧効果が持続(2006.09.17掲載)

1日4回の短時間歩行運動は、1日1回の長時間歩行運動よりも降圧効果の持続時間が長いという報告が、医学誌「Journal of Hypertension」9月号に掲載された。 米 インディアナ大学健康・体育・レクレーション […]

Read More

睡眠時無呼吸とは(2006.09.15掲載)

睡眠時無呼吸は、睡眠中に呼吸が止まる疾患で、呼吸停止は最大で30秒間続く。呼吸が止まるたびに、夜何度も目覚めることになり、睡眠不足を生じる。 ほとんどは「閉塞性睡眠時無呼吸」と呼ばれるもので、これは喉(のど)の中で何かが […]

Read More

乳癌(がん)治療の効果を予測する蛋白(たんぱく)検査(2006.09.15掲載)

蛋白(たんぱく)レベルを測定する検査で、乳癌(がん)患者のうち化学療法による効果が特に期待できる患者を特定することができるという。この検査 法はOncoPlanと呼ばれるもので、すでに市販されており、乳癌、結腸癌、胃癌の […]

Read More
Image

卵巣摘出により若年層の死亡リスクが増大(2006.09.15掲載)

比較的若い女性が卵巣を摘出した場合、エストロゲン療法を受けないと死亡リスクが増大することが米メイヨークリニックの研究グループにより明らかにされ、 英医学誌「Lancet Oncology」10月1日号に掲載された。癌(が […]

Read More
Image

ビタミンD が膵癌(がん)リスクを減少(2006.09.14掲載)

ビタミンD の摂取で膵癌(がん)リスクが半減するという知見が、米医学誌「Cancer Epidemiology Biomarkers & Prevention」9月号で報告された。膵癌は米国での癌死因の第4位で、 […]

Read More

BMIの算出方法(2006.09.13掲載)

肥満指数として用いられるBMI(ボディマス・インデックス)は、身長と体重の比から、体重が適正であるかを判定する計算方法である。 糖尿病、高血圧症、心疾患など、肥満が原因となる疾患のリスクを予測するために用いられることが多 […]

Read More