image_print

子供の偏平足は心配ない(2006.08.02掲載)

子供の偏平足は、足関節の接合がゆるいことで発生する。座っているときには正常に見えても、立って足に体重が乗ると、土踏まず部分が落ちてくる。偏平足は片足か、あるいは両足に生じる。 米国家庭医学会(AAFP)によると、2~3歳 […]

Read More

テレビ視聴時間が長くなればなるほど運動量が減少(2006.07.31掲載)

テレビの視聴時間が長くなればなるほど運動量がより減少するということが、万歩計を用いた米国の研究で明らかになった。 ボストンの低所得者向け住宅の居住者486人を対象とした研究では、1時間の視聴で運動量が1日144歩減少する […]

Read More
Image

誘発分娩は朝が望ましい(2006.07.31掲載)

誘発分娩は夜ではなく朝行うのが望ましい、とするオーストラリアの研究が報告された。研究者らはその理由として、自然分娩のタイミングからすれば朝が最良であり、誘発に伴う合併症も少ないことを挙げている。 米医学誌「Obstetr […]

Read More

肥満予防ワクチンの実現に期待(2006.07.31掲載)

肥満を防ぐワクチンが実現に近づいたとの報告が、米国科学アカデミー誌「Proceeding of the National Academy of Sciences」7月31日-8月4日号に掲載された。米スクリップス研究所( […]

Read More
Image

スイカの栄養価高めるには常温保存が一番(2006.07.31掲載)

暑い日に冷えたスイカにかぶりつくのは最高だが、スイカは常温(室温)で保存する方が高い栄養価が期待できるという研究結果が「Journal of Agriculture and Food Chemistry」8月9日号に掲載 […]

Read More

初の「世界幸福度マップ」、日本は178カ国中90位(2006.07.28掲載)

世界初の「世界幸福度マップ」(world map of happiness)なるものが完成した。英レスターLeicester大学社会心理分析学のAdrian White氏らが、ユネスコ、世界保健機関(WHO)、米国中央情 […]

Read More
Image

閉経期のホルモン変動で関節炎リスクが上昇(2006.07.27掲載)

閉経期に発現するエストロゲン値の低下により、女性での膝変形性関節症(OA)リスクが上昇することが、米医学誌「Arthritis & Rheumatism」8月号掲載の研究で明らかにされた。 こ れまで変形性関節症 […]

Read More
Image

静脈血栓症の再発は男性に多い(2006.07.27掲載)

深部静脈血栓症(DVT)を一度発症した患者の再発リスクは、女性より男性で50%高いことが、カナダの研究で明らかにされた。「エコノミークラス症候 群」としても知られるDVTでは通常、下肢または大腿の深部静脈に血栓が形成され […]

Read More
Image

心臓発作は見逃されることが多い(2006.07.27掲載)

心臓発作(心筋梗塞)の治療は近年大きく進歩しているが、患者や医師が発作の存在に気付かなければその進歩も意味がない。心臓発作の多くが見逃されているということが、最近の研究で示されている。 2006 年初め、医学誌「Euro […]

Read More

夏場に多い腎臓結石(2006.07.27掲載)

ピクニック、野球、腎臓結石の共通点は何か。答えは、いずれも夏場によくみられることである。 腎臓結石が夏に多い理由は、水分摂取量と関係があり、気温の高さを十分補う量の水を飲まない人が多いためだと、米ベイラーBaylorメデ […]

Read More