image_print
Doctor checking with depressor sore throat to teenage girl

咽頭痛にステロイドを使用するのは適切か?

  • By

咽頭痛の新たな治療法を模索した研究で、ステロイド単回投与の効果が認められたが、その程度は高くはなかったことが報告された。咽頭痛で受診する患者は多く、耐性菌の増加が懸念されるため、抗生物質に代わる治療法が求められている。

Read More
Patient in a coma undergoing medical procedure

昏睡の治療では「体内時計」が手がかりになる

  • By

重度の脳損傷患者では、いわゆる「体内時計」を調整することが昏睡状態から意識を取り戻すのに有効である可能性があると、新たな研究で報告された。体内時計とは、身体にもとから備わっている睡眠、覚醒、食事の時間を知らせる周期のこと […]

Read More
1-1 HDN4月24日「今日のニュース」No.1

ヒトスジシマカがジカウイルスを媒介する可能性

  • By

ジカウイルスの遺伝物質が、従来とは別種の蚊から見つかったことが報告された。ジカウイルスを主に媒介するのはネッタイシマカ(学名:Aedes aegypti)であるが、今回ブラジルで採集されたヒトスジシマカ(同Aedes a […]

Read More
two female young nurses having fun with tablet computer during break

新人医師の3割がフェイスブックに「不適切」投稿 ―米調査

  • By

ソーシャルメディアへの不適切な投稿が問題視されることがあるが、医師も例外ではない。米国の調査で、新人医師の72%はフェイスブックのプロフィールを個人が特定できる形で公開しており、そのうち40%には適切でない内容が含まれて […]

Read More
1-1 HDN4月20日「今日のニュース」No.1

ナースコールの対応が遅くなる理由

  • By

入院している小児が不安になってナースコールを鳴らしても、看護師が即座に駆けつけられるとは限らないが、その理由を調べた新たな研究結果が報告された。この研究によると、看護師は緊急のアラームにはすぐに対応していることが分かった […]

Read More
1-1 HDN4月20日「今日のニュース」No.2

前立腺がん検診の利点と欠点の説明は十分に行われていない

  • By

PSA(前立腺特異抗原)検査による前立腺がんスクリーニングを受けた男性において、検査のリスクとベネフィットについて医師と話し合った人は3分の1未満に過ぎないことが、新たな研究により示された。米国予防医療作業部会(USPS […]

Read More
4.1.1

ベンゾジアゼピン系薬でアルツハイマー病患者の肺炎リスク上昇か

  • By

アルツハイマー病患者がベンゾジアゼピン系薬を服用すると肺炎リスクが高まる可能性があると、新たな研究で警告されている。ベンゾジアゼピン系薬には、アルプラゾラム(商品名:ソラナックスなど)、クロナゼパム(同リボトリールなど) […]

Read More
1-1 HDN4月17日「今日のニュース」No.2

「セサミストリート」に自閉症のキャラクターが登場

  • By

放送開始から半世紀になる子ども向けテレビ番組『セサミストリート』に、新たに自閉症のキャラクターが登場した。新しいマペット(人形)は4歳のジュリアという女の子。米国で4月10日、彼女がデビューする特別エピソード「Meet […]

Read More
1-1 HDN4月13日「今日のニュース」No.1

統合失調症患者では重篤な感染症のリスクが高い

  • By

統合失調症患者は重篤な感染症のリスクが高い可能性があると、新たな研究で示された。研究著者である南デンマーク大学のMonika Pankiewicz-Dulacz氏らは、「予備的研究から、統合失調症の人は一般集団に比べて、 […]

Read More
4.1.1

抗生物質の長期投与が結腸ポリープに関連

  • By

20代から50代のうちに抗生物質を長期間使用すると、結腸に前がん病変が生じるリスクが高まる可能性があると、大規模研究で示唆された。こうした病変はポリープあるいは腺腫と呼ばれ、放置するとがんになることがある。

Read More