image_print
Single senior woman in yellow shirt looking over to side while holding cup indoors

アルツハイマー病治療薬に「包括的プログラム」追加で効果7.5倍

  • By

アルツハイマー病が進行すると、着替えや入浴といった日常生活に必要な基本的な動作が難しくなる。しかし、個々の患者に合わせた行動療法や介護者のサポートなどを組み合わせた包括的な個別化プログラム(以下、包括的プログラム)を薬物 […]

Read More
4.1.1

乳頭や乳輪を残す乳房切除術で再発リスクは上昇せず

  • By

がんのある乳房を切除する「乳房切除術」の新しい方法として、近年、乳頭や乳輪、乳房の皮膚を残して切除する「乳頭乳輪温存乳房切除術」が注目されている。その長期的な安全性について検証した研究から、この術式によって乳がんの再発リ […]

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

よく眠れないとアルツハイマー病リスクが増大する仕組み

  • By

深い睡眠状態が中断され、ぐっすり眠れない状態が続くと、アルツハイマー病に関係する脳内の「アミロイドβ」や「タウ」といった蛋白質が増加することが、米ワシントン大学などのグループによる研究で明らかになった。同グループは「中年 […]

Read More
man on scale

体の大きい男性は悪性度の高い前立腺がんになりやすい?

  • By

男性は身長や腹囲が大きいほど悪性度の高い前立腺がんになるリスクが高く、それにより死亡リスクも高いことが、新たな研究で示された。身長が10cm高くなるごとに、進行した前立腺がんになるリスクは21%、前立腺がんで死亡するリス […]

Read More
4.1.1

ED治療薬が心疾患のステント治療に有望

  • By

男性の勃起不全(ED)に対する効果で知られるシルデナフィル(商品名:バイアグラ)が、虚血性心疾患に対するステント治療でも有望であることを示すラットを用いた研究結果が米国心臓協会(AHA)Basic Cardiovascu […]

Read More
1-1 HDN7月20日「今日のニュース」No.2

遺伝子を改変するがん免疫療法、米国で初承認へ

  • By

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は7月12日、米国初となる遺伝子治療の承認を満場一致で勧告した。この治療は、B細胞性急性リンパ性白血病(ALL)に対するがん免疫療法であるキメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(CAR-T) […]

Read More
1-1 HDN7月18日「今日のニュース」No.1

米国では農村部でがん死亡率が高い

  • By

米国では全体的ながんによる死亡率は減少傾向にあるが、農村地域ではわずかな減少にとどまっており、都市部との差が拡大していることを示した研究結果が米疾病対策センター(CDC)発行の「Morbidity and Mortali […]

Read More
4.1.1

心不全患者の心臓突然死が20年間で半減

  • By

この20年間で、心不全患者が突然の心停止で死亡する確率はほぼ半減しているという研究報告が、「New England Journal of Medicine」7月6日号に掲載された。研究を実施した英グラスゴー大学心臓病学教 […]

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

前立腺肥大症のホルモン系治療薬で血糖値上昇

  • By

広く使用されている前立腺肥大症のホルモン系治療薬が、2型糖尿病や心疾患、脳卒中のリスクを増大させる可能性があることが小規模研究で示唆された。この研究では、男性ホルモンの産生を阻害する5α還元酵素阻害薬のデュタステリドを長 […]

Read More
1-1 HDN7月13日「今日のニュース」No.2

「ペニシリンアレルギー」の小児、大半は誤診や思い込み?

  • By

安価な抗菌薬であるペニシリンに対するアレルギーがあると疑われる小児の多くは、実際にはアレルギーではないことが新たな研究で明らかになった。詳細は「Pediatrics」7月3日オンライン版に掲載されている。

Read More