image_print
4.1.1

家庭血圧計の測定値、7割に誤差 ―カナダ調査

  • By

健康管理のために家庭血圧計を使用している高齢者は珍しくないが、その測定値の約7割に5mmHg以上の誤差があったとするカナダの小規模研究の結果が「American Journal of Hypertension」7月号に掲 […]

Read More
Brown English Bulldog shaking off water

米国でイヌのインフルエンザが流行中

  • By

感染力が極めて強いイヌのインフルエンザが、米国のイヌの間で広がっている。米コーネル大学獣医学部ウイルス学教授のColin Parrish氏によると、このH3N2型イヌインフルエンザは鳥類からイヌに伝播したもので、2005 […]

Read More
1-1 HDN6月19日「今日のニュース」No.1

製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか

  • By

製薬企業から食事を提供されたり、旅費や講演料などを受け取ったりしたことがある腫瘍医は、その企業が製造するがん治療薬を処方する確率が高いことが、米ノースカロライナ大学のAaron Mitchell氏らによる研究で明らかにな […]

Read More
8.3.1

低脂肪乳製品の日常的な摂取でパーキンソン病リスク上昇か

  • By

低脂肪の牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を摂取することは健康的だと考えられているが、これらを日常的に摂取することでパーキンソン病の発症リスクがわずかに上昇する可能性が、米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生学部のKa […]

Read More
E-Health concept with hand pressing a button on blurred abstract background

症状を報告するオンラインツールでがん患者の生存期間が延長

  • By

化学療法を受けている進行がん患者にタブレット端末などを用いてオンラインで症状を医師などに報告してもらうツールを導入した結果、全生存期間(OS)が延長したとするランダム化比較試験の成績が明らかになった。この知見は米国臨床腫 […]

Read More
Female patient undergoing scan at mammography machine with male doctor supervisor. Happy hospital scene.

政府助成のがん臨床試験の成果で米国人の生存期間が300万年延長

  • By

公的資金により実施された臨床試験の成果として、がん患者の生存期間が大幅に延長したことが、新たな米国の調査で明らかになった。

Read More
Nurse Visiting Senior Male Patient At Home

降圧薬は1種類よりも「低用量を2種類以上」が良い?

  • By

複数の種類の降圧薬を低用量ずつ組み合わせて使用した方が、1種類の降圧薬を標準用量で使用するよりも降圧効果が優れている可能性が、ジョージ・グローバルヘルス研究所(オーストラリア)のAnthony Rodgers氏らによる研 […]

Read More
1-1 HDN6月12日「今日のニュース」No.2

特定の遺伝子変異を標的とするがん治療薬、臨床試験で有望な成績

  • By

トロポミオシン受容体キナーゼ(TRK)融合蛋白質を選択的に阻害するがん治療薬larotrectinib(国内未承認)が、年齢やがんの種類にかかわらず有効である可能性が同薬の臨床試験で示された。

Read More
' %*

他人の体調はにおいで分かる?

  • By

人間がにおいと見た目から他人の病気を感知し、避けようとする能力は、これまで考えられていた以上に優れていることが新たな研究で示唆された。

Read More
1-1 HDN6月8日「今日のニュース」No.2

他の治療が効かないC型肝炎患者に新しい配合剤が有望

  • By

他の治療が奏効しなかったC型肝炎患者に対し、3種類の強力な直接作用型抗ウイルス薬(DAA)であるソホスブビル、velpatasvir、voxilaprevirを含有する配合剤がほぼ100%有効である可能性が示された。

Read More