image_print
4.1.1

腰痛治療の新ガイドライン ―まずは薬物療法以外を

  • By

米国内科学会(ACP)が先ごろ発行した新たなガイドラインによると、腰痛患者にはまず薬剤を用いない治療法を試すことが推奨される。オピオイド鎮痛薬は最終手段とすべきであり、アセトアミノフェンには効果が認められないため、今後は […]

Read More
1-1 HDN2月20日「今日のニュース」No.2

アトピー性皮膚炎によりインフルエンザワクチン皮内注射の効果低下か

  • By

インフルエンザの流行は続いており、今から予防接種を受けても遅くはない。しかし、アトピー性皮膚炎のある人は皮内注射よりも筋肉注射を選ぶほうがよいことが、新たな研究で示された。アトピー性皮膚炎がある場合、注射の方法によって予 […]

Read More
1-1 HDN2月16日「今日のニュース」No.1

ナースプラクティショナーは在宅医療の解決策となるか

  • By

一定の医療行為を行える上級看護師であるナースプラクティショナーは、増え続ける高齢者の在宅医療への需要を満たす可能性があると、米国の研究で報告された。ただし、米国では一部の州における規制がその妨げとなっている可能性があると […]

Read More
1-1 HDN2月16日「今日のニュース」No.2

夜勤や力仕事で女性の受胎能が低下?

  • By

夜勤や力仕事に従事する女性は受胎能が低下する可能性があることが、新たな研究で示唆された。不妊治療を受ける女性を対象とする研究で、そのような女性に「成熟」卵が少ない傾向が認められたという。

Read More
4.1.1

元NFL選手30人が研究のため脳提供を表明

  • By

米プロアメリカンフットボールリーグNFLの元選手30人が、慢性外傷性脳障害(CTE)の研究のため、死後に自身の脳を提供することを新たに表明した。脳震盪レガシー財団(Concussion Legacy Foundation […]

Read More
注射器とワクチン

米国の予防接種ガイドラインが更新される

  • By

米国疾病管理予防センター(CDC)の予防接種諮問委員会(ACIP)は、米国の成人に推奨される予防接種に関する2017年版の勧告を発表した。医師は毎年更新されるこの勧告に従い、患者に適した予防接種を実施する。報告の筆頭著者 […]

Read More
4.1.1

食事のタイミングにより心臓リスクが変わる?

  • By

心臓の健康のためには、何を食べるかだけでなく、いつ食べるかも重要であることが、米国心臓協会(AHA)の新たな科学的声明により報告された。声明の筆頭著者で米コロンビア大学(ニューヨーク)准教授のMarie-Pierre S […]

Read More
1-1 HDN2月9日「今日のニュース」No.2

ホルモン療法で前立腺がん再発後の生存率が向上

  • By

手術後に再発した前立腺がんに対し、放射線療法とテストステロン抑制薬を併用することにより、一部の患者の余命が延びることが新たな臨床試験で示され、「New England Journal of Medicine」2月2日号に […]

Read More
4.1.1

50歳以降の初期乳がんは一般集団と余命の差なし

  • By

非浸潤性乳管がん(DCIS)と呼ばれるごく初期の乳がんの治療を受けた高齢女性では、同年代の一般集団に比べて全体的な早期死亡リスクの上昇はみられないことが、新たな研究で示された。オランダがん研究所(アムステルダム)のLot […]

Read More
1-1 HDN2月6日「今日のニュース」No.2

吹雪の後は心疾患による入院が増加

  • By

吹雪後の2日間は、心筋梗塞、胸痛、脳卒中による入院が急増することが新たな研究で示された。吹雪の当日には(おそらく外出が難しいため)入院件数は減少するが、48時間以内にリバウンドがみられたという。

Read More

Search

記事カテゴリ