image_print
4.1.1

まれな眼疾患の治療に光、米で遺伝子治療の承認へ

  • By

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は10月12日、RPE65遺伝子変異を原因とするまれな遺伝性網膜疾患に対し、遺伝子治療薬の承認を勧告することを全会一致で決定した。この遺伝子治療薬を開発する米Spark Therape […]

Read More
4.1.1

「現代の米国人が最も恐れていること」トップ10は?

  • By

クモ、幽霊、高所、「人前で話すこと」といった個人的に恐れを抱いている物事から政治の腐敗や公害、自然災害、テロといった社会や環境の問題まで、人が恐れを抱く対象はさまざまだ。では、米国人が最も恐れている物事のトップ10は何だ […]

Read More
Woman's hands hold a cell phone while texting a message.

ワクチン否定派はツイッターに集まる

  • By

「小児用ワクチンを接種すると自閉症リスクが高まる」との考えから自分の子どもに予防接種を受けさせない「ワクチン否定派」の親たちの多くが、気持ちを吐き出したり他者と共有したりする場としてソーシャルメディアのツイッターを利用し […]

Read More
portrait of young desperate man praying

「マインドフルネス」の誇大宣伝に注意!

  • By

ストレスや痛みからうつ病まで、あらゆる現代病に有効であると宣伝されている「マインドフルネス」。ところが、「マインドフルネスによる健康効果を裏付ける科学的根拠はほとんどない」とする論文が「Perspectives on P […]

Read More
Mature woman worried about the future isolated on white background

高価な薬剤は「副作用」を引き起こしやすい可能性

  • By

高価な薬剤は「ノセボ効果」による副作用を引き起こしやすいことが、エッペンドルフ大学メディカルセンター(ドイツ)のAlexandra Tinnermann氏らによる研究で示唆された。ノセボ効果とは、治療の副作用について不安 […]

Read More
4.1.1

40代女性の高血圧は認知症リスクを上昇させる?

  • By

40歳代で高血圧を発症した女性は後に認知症を発症するリスクが高いとする研究結果が「Neurology」10月4日オンライン版に掲載された。研究を率いた米カイザー・パーマネンテ北カリフォルニア研究部門のPaola Gils […]

Read More
4.1.1

産後に胎盤を食べる「胎盤食」、メリットなく感染リスクも

  • By

産後うつの予防や母乳の分泌を促進させる効果などへの期待から、出産直後に自分の胎盤を食べる「胎盤食(placentophagy)」が一部の女性の間で流行している。しかし、米ワイル・コーネル・メディスン産婦人科のAmos G […]

Read More
Man drawing handgun in home in self defense

銃による負傷の医療費は年間28億ドル―米ER受診者データ

  • By

米国で2006年から2014年までに銃創で救急科(ER)を受診した患者数は約70万人に上り、その医療費は年間約28億ドル(約3136億円)に達していたことが、米ジョンズ・ホプキンズ大学医学部外科学のFaiz Gani氏ら […]

Read More
Close up of elderly person with walking zimmer

転倒予防には運動を推奨、ビタミンDサプリメントは否定

  • By

転倒や骨折は高齢者に身体障害をもたらす主要な原因となっている。米国予防医療作業部会(USPSTF)は9月26日、これらの予防策に関する勧告の草案を発表し、高齢者の転倒予防のための対策として運動を推奨する一方で、ビタミンD […]

Read More
1-1 HDN10月10日「今日のニュース」No.2

輸血用の血液は「新鮮」でなくてもOK?

  • By

集中治療室(ICU)で輸血が必要となった重症患者に対し、保存期間が20日を超えている赤血球製剤を使用しても、保存期間がより短い「新鮮」な赤血球製剤を使用した場合と死亡リスクは同程度だったとする研究結果が欧州集中治療医学会 […]

Read More