image_print
Senior man ith painful arm in sling

吸入ステロイド薬の長期使用でCOPD患者の骨折リスク上昇か

  • By

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療では、症状を緩和するため吸入ステロイド薬による治療が行われることは少なくない。しかし、高用量の吸入ステロイド薬を長期的に使用すると骨折リスクが上昇する可能性があることが、マギル大学(カナ […]

Read More
1-1 HDN2月22日「今日のニュース」No.2

ロビン・ウィリアムズの自殺後、後追い自殺が増加か

  • By

2014年、人気俳優のロビン・ウィリアムズが自ら命を絶ったとのニュースが報じられ、世界中のファンに衝撃を与えた。しかし、悲劇はそれだけにとどまらなかった。米コロンビア大学公衆衛生学部のDavid Fink氏らによる研究か […]

Read More
A doctor makes a vaccination to a child

「インフルワクチン、流行の型に対する効果は25%」米で分析結果

  • By

米疾病対策センター(CDC)は2月15日、今シーズンに米国で最も多くの患者をもたらしたH3N2型のインフルエンザウイルスに対するワクチンの予防効果は25%にとどまるとの分析結果を明らかにした。米国では例年を大幅に上回る規 […]

Read More
33100

「乳がん治療による心臓への影響、監視を」米学会ステートメント

  • By

米国心臓協会(AHA)は2月1日、乳がんと心血管疾患との関係についての科学的な知見やそれに基づく心疾患の予防法や治療法をまとめたステートメント(scientific statement)を「Circulation」2月1 […]

Read More
Premature baby sleeping in ICU only one day old

「新生児の梅毒感染が急増」の米国、USPSTFから新勧告案

  • By

米国予防医療作業部会(USPSTF)は2月6日、全ての妊婦に対して初回の妊婦健診時に梅毒のスクリーニングを実施すべきとする勧告の草案を公表した。近年、米国では梅毒感染者が増加傾向にあり、梅毒に感染した新生児(先天性梅毒) […]

Read More
AA009539

強い意志だけでは「減酒」は達成できない?

  • By

今年こそは酒量を減らそう―。新年の抱負として、そう心に決めたときの気持ちに偽りはなかったとしても、それだけでは実際に酒量を減らすことにはつながらないようだ。飲酒習慣に問題のある英国の成人約3,000人を対象とした研究から […]

Read More
4.1.1

流行の「点滴ラウンジ」は安全か?

  • By

二日酔いや時差ぼけをすぐに解消できることなどを謳った「点滴ラウンジ(IV Lounges)」が全米各地で人気を集めている。しかし、こうした施設での点滴は効果がないばかりか重篤な疾患や感染のリスクもあるとして、医師らが警鐘 […]

Read More
Confused Senior Man With Adult Daughter At Home

アルツハイマー病の新薬開発、失敗続く理由とは?

  • By

アルツハイマー病の新薬の開発が相次いで中止され、一部の専門家から研究の方向性を疑問視する声が上がっている。その一方で、これまでのアルツハイマー病研究で見逃していたものが何だったのか、研究者たちによる探求が続けられている。

Read More
injection

A型インフルの「万能ワクチン」開発で前進

  • By

インフルエンザシーズンの真っ只中にある米国では、予測とは異なる型のインフルエンザウイルスが流行したためにワクチンの感染防御効果が限定的であることが指摘されている。しかし、毎年の流行予測に基づき製造されたワクチンを接種する […]

Read More
1-1 HDN2月8日「今日のニュース」No.2

米国の鎮痛薬問題、市販薬でも

  • By

米国では医療用オピオイド系鎮痛薬の乱用が広がり、危機的な状況となっている。こうした中、同国ではオピオイドだけでなくイブプロフェンなどの市販されている鎮痛薬を過剰に使用している人も珍しくないことが米ボストン大学スローン疫学 […]

Read More