image_print
1HDN10月15日「パッケージニュース」No.1

ビタミンDサプリメントは高齢者の骨の健康に影響しない?

ビタミンDサプリメントの摂取は骨を丈夫にし、高齢者の骨粗鬆症予防に有効とされている。しかし、英アバディーン大学のAlison Avenell氏らが実施した新たな研究から、ビタミンDサプリメントを摂取しても、こうした効果は […]

Read More
1HDN10月15日「パッケージニュース」No.2

米国成人36.6%がほぼ毎日ファストフードを食べている、CDC調査

2013年から2016年には、米国成人の36.6%がどの日でもファストフードを食べていたことが、米疾病対策センター(CDC)による調査で明らかになった。調査に関する報告書はCDCが発行する「NCHS Data Brief […]

Read More
1HDN10月15日「パッケージニュース」No.3

妊娠合併症があるとホットフラッシュになりやすい?

妊娠高血圧や妊娠糖尿病といった妊娠合併症に苦しんだ女性は、更年期にホットフラッシュになりやすい可能性があることが、米オクラホマ大学健康科学センターのRhoda Conant氏らによる研究で示唆された。この研究結果は北米閉 […]

Read More
1HDN10月15日「パッケージニュース」No.4

乳がん経験者のケモブレインにアルツハイマー病遺伝子が関与か

乳がん経験者でしばしばみられる化学療法が原因で生じる認知機能障害、いわゆる「ケモブレイン」は、アルツハイマー病に関連するAPOE4遺伝子を保有する女性のみで現れる可能性があることが、米ジョージタウン・ロンバルディ総合がん […]

Read More
1HDN10月11日「パッケージニュース」No.1

十分な水分摂取が女性の尿路感染症予防に有用か

尿路感染症の再発を繰り返す女性は、水分摂取量を普段より増やすと再発リスクが大幅に低下する可能性があることが、米マイアミ大学のThomas Hooton氏らによる新たな研究で示された。

Read More
1HDN10月11日「パッケージニュース」No.2

単純なルール改正でアメフトの脳震盪リスクが低減

単純なルールの改正によって、アメリカンフットボール選手のプレー中の安全性が高まる可能性があることが、米アイビーリーグが実施した研究で示された。

Read More
1HDN10月11日「パッケージニュース」No.3

バイアグラで長期的な色覚異常、米症例報告

高用量の勃起不全治療薬のシルデナフィル(商品名バイアグラ)を使用したところ、眼の網膜が障害され、実際にはない光が見える光視症や、視界に入る物が赤っぽくみえる赤視症といった症状が長期的にみられた―。

Read More
1HDN10月11日「パッケージニュース」No.4

遺伝子検査、米国人の多くは興味があるが慎重

米国の50~64歳の男女約1,000人を対象とした米ミシガン大学の研究グループによる調査から、遺伝子検査を受けたことがある人の割合はわずかだが、受けることに興味がある人は多いことが明らかになった。

Read More
1HDN10月9日「パッケージニュース」No.1

突発性難聴に高圧酸素療法が有効な可能性

ウイルスや血液の循環が原因で起こるまれな突発性難聴に、高圧酸素療法が有効な可能性があることが、新たな研究で示された。研究を実施した韓国国立海洋医療センターのTae-Min Rhee氏らは、突発性感音難聴と呼ばれる難聴に対 […]

Read More
1HDN10月9日「パッケージニュース」No.2

経口避妊薬の使用で卵巣がんリスク減

これまでの研究で、経口避妊薬を使用する女性は卵巣がんに罹患するリスクが低いことが報告されている。今回、新たな研究で、旧タイプとは含有成分が異なる新しい経口避妊薬にも卵巣がんの予防効果がある可能性が示唆された。英アバディー […]

Read More