image_print
1HDN6月18日「パッケージニュース」No. 1

SNS上の楽しい経験はうつ病リスクを低減しない?

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などのソーシャルメディア上でネガティブな発言に接する経験が多い人は、うつ病になりやすい可能性のあることが、米国の約1,200人の大学生を対象とした調査で明らかになった。一方 […]

Read More
1HDN6月18日「パッケージニュース」No. 2

湿度が高くてもインフルエンザウイルスの感染力は弱まらない?

インフルエンザウイルスは湿度が高いほど生存率は低下すると広く考えられているが、高湿度の環境下でもウイルスの感染力は弱まらない可能性のあることが新しい研究で示唆された。研究グループは、咳やくしゃみにより空気中に飛び散った気 […]

Read More
1HDN6月18日「パッケージニュース」No. 3

消化器内視鏡検査後の感染リスクは予想以上に高い?

大腸内視鏡検査や食道、胃、十二指腸の内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)は、一般に考えられているほど安全ではないかもしれない-。消化器内視鏡検査後には大腸菌(Escherichia coli)やクレブシエラ属などの細菌に感 […]

Read More
1HDN6月18日「パッケージニュース」No. 4

開発中のHIVワクチン、臨床試験も視野に

開発中のHIVワクチンによって、数多くのヒト免疫不全ウイルス(HIV)株を中和する抗体を誘導したとする研究結果が「Nature Medicine」6月4日オンライン版に発表された。この研究はマウスやモルモット、サルを用い […]

Read More
Young woman in bed suffering from cancer. Thoughtful woman battling with tumor looking out of window. Young patient with blue headscarf recovery in hospital on bed.

大腸がん化学療法の費用、米とカナダで2倍の開き

米国とカナダの国境を挟んで隣接する2つの州で、切除不能な大腸がんの化学療法の費用には2倍の開きがあることが、米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのVeena Shankaran氏らの研究で分かった。大腸がんの初期に行 […]

Read More
African American patient explaining issues to Asian doctor using tablet

遺伝子検査でより多くの乳がん患者が化学療法を回避できる

「Oncotype(オンコタイプ)DX」と呼ばれる遺伝子検査で乳がんの術後補助療法の有益性を判定すると、リンパ節転移がないホルモン受容体(ER)陽性の早期乳がん患者の多くが化学療法を回避できる可能性のあることが、新たな研 […]

Read More
1HDN6月14日「パッケージニュース」No. 3

子どもへの性的虐待、経済的な影響も甚大

子どもへの性的虐待は、その後の子どもの人生に大きな影響を与えることが分かっているが、この問題は国全体の経済にも甚大な影響をもたらすことが米ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のElizabeth Letou […]

Read More
1HDN6月14日「パッケージニュース」No. 4

仕事のストレスで不整脈リスク上昇か

仕事のストレスで参っている人は、この研究結果を知っておいた方がよいかもしれない―。ヨンショーピング大学(スウェーデン)保健福祉学部のEleonor Fransson氏らによる研究から、仕事のストレスが多い人は、過度なスト […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 1

米国同棲カップルの特徴は?

多くの人は、恋人としばらく付き合って「この人」と思えれば、次の段階は結婚と考える。しかし、米国の新たな研究によれば、結婚が唯一の選択肢とは考えていない人も多いという。米疾病対策センター(CDC)による研究で、性的な経験が […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 2

犬がカモメを追い払えば湖岸がきれいに

犬が湖岸の細菌汚染を防ぐかもしれない。カモメの糞によって大腸菌(E. coli)が広がると湖岸を閉鎖することになるが、犬に湖岸を巡回させ、カモメを追い払うことが湖岸閉鎖の減少に有効であることが、新たな研究で示唆された。こ […]

Read More