image_print
`[¦®

脳卒中直後の頭部位置は回復に影響せず

  • By

脳卒中を起こした直後に、患者の頭がどの位置にくる姿勢を取らせるかにより、その後の回復に影響が及ぶことはないようだという新たな研究結果が発表された。

Read More
1-1 HDN3月6日「今日のニュース」No.2

流行のあの健康食、実は不健康?

  • By

近年、野菜や果物をジュースにして飲む「ジューシング」やココナッツオイルなどの健康食がブームとなっているが、最新の科学的エビデンスのレビューによれば、このような流行は逆に健康に害をもたらす可能性もあるという。

Read More
33011

脳卒中後の運動は脳に有益

  • By

脳卒中を経験した人では、体系的な運動プログラムが身体面だけでなく認知面にも有益であることが、新たなレビューで報告された。認知とは、思考、学習、理解、記憶などの重要な精神機能のこと。脳卒中になると脳への血流が低下するため、 […]

Read More
4.1.1

抗うつ薬の「適応外処方」は一般的だがエビデンス不足

  • By

抗うつ薬は、医師により法的に承認されていない用途で処方されることも多いが、このような「適応外」使用の多くは、その有効性を裏づける科学的根拠がないことがわかった。カナダの研究によると、抗うつ薬の3分の1は疼痛、不眠症、片頭 […]

Read More
grilled swordfish slices in a cast iron pan on a wooden table, garnished with mint, oregano, salt and salmoriglio

魚に含まれる水銀がALSの一因か

  • By

水銀を高い濃度で含有する魚を食べると、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症リスクが上昇する可能性のあることが、予備的な研究で示された。ただし、今回の報告はメカジキやサメなどの水銀を多く含む魚の有害性を警告するものであり、魚 […]

Read More
chemotherapy patient sucking on ice chips

低脂肪食により高額ながん治療薬の吸収率が向上する可能性

  • By

高価な前立腺がん治療薬であるザイティガの服用時に、低脂肪の食事を一緒に摂取することにより、薬剤費を4分の3削減できる可能性があるという新たな研究結果が報告された。

Read More
Unhealthy man blowing his nose into a tissue

花粉症の免疫療法は2年では不十分

  • By

免疫療法は、花粉症による鼻水、目のかゆみ、鼻づまり、くしゃみ、副鼻腔の圧迫感などの症状に高い効果をもたらすが、治療は少なくとも3年は続ける必要があるとの研究報告が、「Journal of the American Med […]

Read More
1-1 HDN2月23日「今日のニュース」No.2

植込み型除細動器によるショックの38%は不適切

  • By

植込み型除細動器(ICD)による電気ショックが作動した後は、救急外来での医療措置や入院が必要となる患者が多いことが、新たな研究で示された。この傾向は、電気ショックが実際には必要でなかった場合でも同様であり、電気ショックの […]

Read More
4.1.1

腰痛治療の新ガイドライン ―まずは薬物療法以外を

  • By

米国内科学会(ACP)が先ごろ発行した新たなガイドラインによると、腰痛患者にはまず薬剤を用いない治療法を試すことが推奨される。オピオイド鎮痛薬は最終手段とすべきであり、アセトアミノフェンには効果が認められないため、今後は […]

Read More
1-1 HDN2月20日「今日のニュース」No.2

アトピー性皮膚炎によりインフルエンザワクチン皮内注射の効果低下か

  • By

インフルエンザの流行は続いており、今から予防接種を受けても遅くはない。しかし、アトピー性皮膚炎のある人は皮内注射よりも筋肉注射を選ぶほうがよいことが、新たな研究で示された。アトピー性皮膚炎がある場合、注射の方法によって予 […]

Read More

Search

記事カテゴリ