image_print
1HDN8月9日「パッケージニュース」No.3

「腟の若返り」誇大広告に米FDAが注意喚起

最近、女性の間で「腟の若返り」が期待できるというレーザー治療などの人気が高まりつつある。しかし、こうした腟の若返り術の効果にはエビデンスはなく、熱傷などのリスクもあるとして、米食品医薬品局(FDA)は7月30日に発表した […]

Read More
1HDN8月9日「パッケージニュース」No.4

大多数の米国民が医療用大麻を支持、大麻合法化の意識調査

米国の成人を対象にHealthDayと調査会社のHarris Poll社が実施した意識調査から、約10人中9人が医療用大麻の合法化を支持していることが明らかになった。調査では、嗜好用大麻の合法化を支持する人の割合も半数を […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.1

米国で心房細動による救急受診が急増

米国では、2007年から2014年にかけて心房細動患者の救急外来受診が急増していることが、新たな研究で示された。この救急受診の増加に伴い、心房細動による入院患者数も増えており、これらは米国の医療費を押し上げる大きな要因と […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.2

乾癬の症状軽減に地中海食が有用か

フランスの約3,500人の乾癬患者を対象とした新たな研究から、栄養バランスに優れた地中海食に近い食事を取ることが、乾癬の症状軽減に有用な可能性が示された。「JAMA Dermatology」7月25日オンライン版に掲載さ […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.3

中年期の立ちくらみは認知症のサイン?

立ちくらみは「起立性低血圧」とも呼ばれ、高齢者では珍しくない症状だが、中年期の人でみられたら注意した方が良いかもしれない。米ジョンズ・ホプキンス大学神経学教授のRebecca Gottesman氏らの研究から、中年期に起 […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.4

診療時に患者が話せる時間はたった「11秒」?

診察室での診療時に、患者が医師に自身が抱えている問題について話せる時間はたった11秒程度であることが、米フロリダ大学内分泌学のNaykky Singh Ospina氏らによる研究で示唆された。米国の複数の医療機関で録画さ […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.1

人工甘味料入り飲料の摂取で結腸がん再発リスク減

1,000人を超える進行した結腸がん患者を対象に追跡した結果、人工甘味料入り飲料を習慣的に飲む結腸がん患者は、再発リスクやがんによる死亡リスクが低い可能性のあることが、新たな研究で示された。これらのリスクを抑えるには、砂 […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.2

女性の妊娠歴や出産歴が認知症リスクと関連か

出産回数が多い女性や妊娠可能な期間が長い女性、生涯で妊娠した期間が長い女性は、認知症を発症するリスクが低い可能性のあることが、米国で実施された新たな2件の研究で示された。いずれの研究も、詳細はアルツハイマー病協会国際会議 […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.3

脂肪冷却による痩身術のリスクは予想以上に高い

脂肪を凍結して除去する冷却脂肪融解術(cryolipolysis)は、傷跡を残さず非侵襲的に脂肪を減らせる痩身治療法として人気だが、そのリスクは予想以上に高いかもしれない―。米マイアミ形成外科のMichael Kelly […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.4

働く人のうつ病、克服できるかは上司次第?

うつ病に苦しむ従業員がそれを克服するには、職場の上司の手助けが不可欠なようだ。英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスのSara Evans-Lacko 氏らが欧米やアジア、アフリカなど […]

Read More