image_print
1-1 HDN6月5日「今日のニュース」No.1

膵がんの早期発見につながる血液検査を開発

膵がんの早期診断につながる新たな血液検査を開発したと、米マサチューセッツ総合病院(ボストン)のCesar Castro氏らの研究グループが報告した。膵がんは進行した段階で発見されることが多く、特に致死率が高いがん種として […]

Read More
AA009578

脱毛に免疫細胞の異常が関与する可能性

免疫細胞の異常が脱毛に寄与している可能性が、新たな研究で示唆された。マウスを用いた実験で、炎症を制御する免疫細胞の一種である制御性T細胞(Treg)が、幹細胞による発毛の促進に欠かせないことが明らかになった。

Read More
1-1 HDN6月1日「今日のニュース」No.1

新設した病院で1年間の細菌汚染を追跡

ある病院で細菌の追跡記録が行われ、院内感染症の低減に役立つ可能性のある知見が報告された。研究グループは、米シカゴ大学が新たにオープンした病院、Center for Care and Discoveryで12カ月にわたり壁 […]

Read More
1-1 HDN6月1日「今日のニュース」No.2

米FDA、がん治療薬を発生部位ではなくバイオマーカーに基づいて承認

最新のがん治療薬の多くは、がんの発生した部位にかかわらず、がんに特異的な「遺伝的バイオマーカー」を標的とするものである。このことから、米国食品医薬品局(FDA)はこのほど、がんの発生部位ではなく遺伝的要因に基づいて、免疫 […]

Read More
Fecundacin humana

油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用

100年も前から行われている医療処置である子宮卵管造影検査が、不妊女性に有効である可能性が新たな研究で示された。この処置は卵管にヨード化ケシ油を通すもので、1917年から利用されている。

Read More
Patient in hospital on respirator

肺炎の成人患者に対する抗菌薬の初回投与、4分の1が無効 ―米調査

肺炎の成人患者に対する抗菌薬の初回投与は、約4分の1の症例で無効となることが、新たな米国の研究で明らかにされた。こうした無効例では、抗菌薬の追加や変更、あるいは1カ月以内のER受診や入院を要したという。

Read More
1-1 HDN5月25日「今日のニュース」No.1

早漏に有効な新しい治療法

早漏に悩む男性に、弱い麻酔薬(ベンゾカイン)の含まれるウェットティッシュタイプの薬剤が有効である可能性が、新たな小規模研究で示された。

Read More
'ÙÈ

医師の年齢が高いと高齢入院患者の死亡率がわずかに上昇

年齢を重ねた経験豊富な医師の治療を受けることは、必ずしもベストな選択とはいえないようだ。新たな研究で、年齢の高い医師の治療を受けた場合、若い医師の場合に比べて、65歳以上の入院患者が1カ月以内に死亡するリスクがやや高いこ […]

Read More
1-1 HDN5月22日「今日のニュース」No.1

週末のPCIは死亡リスクが高い

経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を週末に受ける場合、死亡リスクが高くなる可能性が新たな研究で示唆された。週末に入院してPCIを受けた患者は、平日に入院した患者に比べて死亡リスクが2倍であるという。

Read More
Close-up of male fingers typing a business document on the black laptop

ポルノ依存症がEDに関連

現実の性行為よりもポルノを好む若い男性は、人との性交ができなくなる可能性があると、新たな研究で報告された。米ボストンで5月12~16日に開催された米国泌尿器科学会(AUA)年次学術集会で発表された調査結果によると、ポルノ […]

Read More