image_print
smiling african nurse checking senior patient's blood pressure

心疾患治療の鍵はコミュニケーションと信頼

  • By

心疾患の治療では、患者が医師を信頼し、話をしやすいと感じている場合のほうが、服薬遵守率が高く救急受診率も低いなど順調に治療が進むことが、新しい2件の研究結果で示され、米バージニア州アーリントンで4月2~3日に開催された米 […]

Read More
firefighters

消防士では心筋梗塞のリスクが高い?

  • By

消防士は、強烈な熱さと極度の緊張に曝されることにより心筋梗塞のリスクが高まる可能性があると、新たな研究で示された。消火活動での身体的な負荷により血栓の形成が誘発され、血管機能が障害される可能性があるという。これらは心筋梗 […]

Read More
4.1.1

米国の医療訴訟に変化 ―件数は減少も平均賠償額は上昇

  • By

米国の医療過誤訴訟では、医師1,000人・年あたりの賠償金支払い件数が大きく減少し、1992~2014年の間に56%低減しているという調査結果が報告された。一方で、1件あたりの平均賠償額は1992~1996年の約28万7 […]

Read More
1-1 HDN4月6日「今日のニュース」No.2

電磁場への職業的曝露でALSリスクが上昇か

  • By

職業上、高レベルの電磁場に曝露されやすい人では、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症リスクが倍増する可能性があることが新たな研究で示された。研究上席著者であるユトレヒト大学(オランダ)環境疫学准教授のRoel Vermeu […]

Read More
1-1 HDN4月3日「今日のニュース」No.1

がんの多くは「偶然のDNA複製ミス」が原因

  • By

がんと診断されたとき、多くの人が「なぜ自分が」という思いを抱くが、その答えは簡単ではないようだ。がんの原因の多くは偶然に起きた遺伝子の複製ミスであることが、「Science」3月24日号に掲載の研究で示唆された。

Read More
Middle-aged man at bathroom in the morning

睡眠時無呼吸のCPAP治療で夜間頻尿が低減する可能性

  • By

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を持続陽圧呼吸療法(CPAP)で治療すると、夜間の頻尿も改善される可能性があることが、新たな研究で示された。研究者らによると、この研究は実臨床のOSA患者における夜間頻尿の発生率、さらにはOS […]

Read More
4.1.1

帯状疱疹ワクチンで入院や神経痛が減少

  • By

帯状疱疹ワクチンの接種により、帯状疱疹による入院や帯状疱疹後神経痛などの深刻な合併症のリスクが大幅に低減されることが、新たな研究で明らかにされた。帯状疱疹は、水ぼうそうの原因ウイルスが後年に再活性化して痛みや水ぶくれを生 […]

Read More
Adorable African American boy hugging expecting mom's belly over white background.

妊娠中のDHAサプリ、児の知能に効果なし

  • By

妊娠中にDHA(ドコサヘキサエン酸)のサプリメントを摂取しても、子どもが賢い子に育つわけではないことが、7年間の追跡調査で示された。DHAはサケ、マグロ、マスなどの脂肪の多い魚に含まれるオメガ3脂肪酸で、脳の発達や機能に […]

Read More
GE DIGITAL CAMERA

「世界一健康な心臓」をもつ部族の生活習慣

  • By

アマゾンで原始的な生活を送る部族が、世界で最も健康な心臓をもっているようだという研究結果が新たに報告された。研究著者である米ロングビーチ・メモリアル病院、メモリアルケア心臓血管研究所(カリフォルニア州)のGregory […]

Read More
4.1.1

血液検査で肺がん再発を検出、画像検査より数カ月早い可能性

  • By

CT検査やPET検査よりも何カ月も早く、血液検査で肺がんの再発を検知できる可能性があることが、新たな研究で示された。

Read More