image_print
spermatozoons

肥満男性で精子の数、質ともに低下の可能性

  • By

肥満男性では精液の量が少なく、精子の数や濃度、運動率なども低いことが、インドの不妊治療施設に通院する男性約1,300人を対象とした後ろ向きコホート研究で明らかになった。研究を率いたクリシュナIVFクリニック生殖補助センタ […]

Read More
1-1 HDN10月2日「今日のニュース」No.2

オピオイド中毒死の激増で米国民の余命延長に暗雲

  • By

米国ではこの15年間に国民の平均余命は2年ほど伸びたが、ヘロインやオキシコドンといったオピオイド系鎮痛薬の過剰摂取を原因とした死亡率は3倍以上に上昇し、余命を縮める要因となりつつあることが米疾病対策センター(CDC)の研 […]

Read More
1-1 HDN9月28日「今日のニュース」No.1

レディー・ガガも苦しむ線維筋痛症の実態

  • By

先日、米国の人気歌手レディー・ガガが線維筋痛症に苦しんできたことをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で明らかにした。線維筋痛症に伴う慢性疼痛などの症状を理由に、予定されていた欧州ツアーの延期も決定されている […]

Read More
Elderlay woman with oxygen suplement (COPD)

ホスピス利用は「死の直前から」が多い

  • By

死を迎える前の数カ月間、疼痛や抑うつなどのさまざまな苦痛を伴う症状を経験する高齢者は少なくない。しかし、こうした症状を緩和するホスピスケアを受ける高齢者は一部にとどまっており、ケアを受けたとしても死の直前から受け始める場 […]

Read More
1-1 HDN9月25日「今日のニュース」No.1

頸部腫瘤の診断に新指針、米学会

  • By

成人の首にしこり(頸部腫瘤)ができることは珍しくない。こうした頸部腫瘤の原因としては、細菌やウイルスの感染のほか、良性および悪性の腫瘍が考えられるが、原因の特定が難しい場合も多いという。そこで米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 […]

Read More
Cancer survivor is concerning about her future

米国のがん死亡率は引き続き低下、ただし課題も

  • By

米国がん学会(AACR)は9月13日、最新データに基づき米国のがんの概況をまとめた報告書「Cancer Progress Report」を発表し、米国では1991年から2014年にかけてがんによる死亡率が小児で35%、成 […]

Read More
1-1 HDN9月21日「今日のニュース」No.1

細菌叢が慢性中耳炎の鍵を握る可能性

  • By

繰り返される中耳炎に悩む小児やその親は多いが、耳の中の細菌叢がこうした慢性中耳炎にかかりやすいかどうかを知る手がかりとなるかもしれない―。国立病院機構東京医療センターの南修司郎氏らによる研究から、耳漏のみられる慢性中耳炎 […]

Read More
African American patient explaining issues to Asian doctor using tablet

「細胞診の代わりにHPV検査のみでもOK」子宮頸がん検診で指針案

  • By

米国予防医療作業部会(USPSTF)は9月12日、子宮頸がん検診に関する新たな勧告の草案を公表し、「30~65歳の女性は細胞診(Pap検査)の代わりにヒトパピローマウイルス(HPV)検査のみによる検診を選択してもよい」と […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.1

10秒でがんを検出できるペン型装置を開発

  • By

術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定できるペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発した。同グループは「将来この装置が実用化されれば、手術でがん組織の取り残しを回避できるだけ […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.2

統合失調症患者の幻聴に脳の特定領域を刺激する治療が有望

  • By

統合失調症患者は音や歌、話し声などさまざまな幻聴に悩まされることが多い。中でも最も頻度が高いのが、自分の内側あるいは外側から話し声が聞こえてくる「言語性幻聴」だ。この言語性幻聴の軽減に、磁気エネルギーを利用して脳の言語に […]

Read More