image_print
Image

兄弟姉妹は心疾患リスクを共有(2007.11.12掲載)

心疾患や心臓発作は、患者の兄弟姉妹の心血管リスクが高いことを示すことが、米国の研究によって明らかにされた。特に兄弟間でそのリスクが高く、兄弟の1人に動脈閉塞による心臓発作や胸痛があれば、別の兄弟にも20%以上の確率で心臓 […]

Read More
Image

肥満が癌(がん)のリスク増大に関与(2007.11.12掲載)

癌(がん)のリスク低下には、体重管理、運動および適切な栄養摂取が鍵であり、これらの習慣を取り入れるのは早ければ早いほどよいことが、新しい研究によって示唆された。

Read More
Image

喫煙は乳癌(がん)を悪化させない(2007.11.8掲載)

喫煙は健康にさまざまな害をもたらすが、乳癌(がん)と診断された時点で、その癌の悪性度や後期ステージである比率には影響しないことが示された。また、治療法の選択でも喫煙の影響はみられず、喫煙者も元喫煙者も、乳腺切除などの外科 […]

Read More
Image

米国小児科学会が自閉症の新しいガイドラインを発表(2007.11.8掲載)

米国小児科学会(AAP)は、自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disorders)をもつ小児の発見および対処法について2つの勧告を発表した。米ニューヨーク大学小児研究センターのMellissa Ni […]

Read More
Image

多くの女性が誤った癌(がん)情報をインプット(2007.11.5掲載)

米国女性の63%が、癌(がん)の家族歴がなければ、癌になる可能性は低いと考えていることが、米国産科婦人科学会(ACOG)の委託で行われた調査で明らかになった。ACOGによると、癌になった大部分の人では癌の家族歴はなく、女 […]

Read More
Image

“予防的”に両側乳房切除を選ぶ女性が増加(2007.11.5掲載)

乳癌(がん)で片側の乳房切除を受けた後に、残された健康な乳房も予防的に切除する、いわゆる「予防的対側乳房切除術」を選ぶ女性が増えていることが、米医学誌「Journal of Clinical Oncology」オンライン […]

Read More
Image

高学歴者では認知症の発症は遅いが進行は速い(2007.11.1掲載)

高等教育を受けた人では認知症の発症は遅いものの、いったん認知力の低下が始まると急激に進行することが新しい研究で判明した。この研究は米アルバート・アインシュタイン医科大学(ニューヨーク)のCharles B. Hall氏ら […]

Read More
Image

楽観的でも悲観的でも癌(がん)の予後には無関係(2007.11.1掲載)

精神状態が前向きであるか悲観的であるかは、いずれも癌(がん)患者の生存期間を左右する独立した因子とはならないことが示された。この知見は米医学誌「Cancer」12月1日号に掲載される予定。

Read More
Image

鍼(はり)治療が術後の鎮痛薬の必要性を減らす(2007.10.29掲載)

手術前および術中に鍼(はり)を用いることで、術後に使用されるモルヒネなどオピオイド鎮痛薬の必要性を軽減できることが、新しい研究によって明らかにされた。術後のモルヒネ投与は、悪心や嘔吐など強い副作用をもたらす可能性があり、 […]

Read More
Image

初期の結腸鏡検査が大腸癌死亡リスクを低下させる鍵(2007.10.29掲載)

前癌(がん)病変であるポリープを切除する初期の結腸鏡検査のほうが、経過観察のスクリーニングよりも大腸癌(結腸直腸癌)による死亡リスク低下に貢献することが、新しい研究によって示唆され、米フィラデルフィアで開かれた米国消化器 […]

Read More