image_print
Image

温風と吸引でアタマジラミを駆除(2006.11.06掲載)

掃除機とヘアドライヤーを組み合わせたような風変わりな器具が、アタマジラミに悩まされる小児をその煩わしさから解放させることが、米国の研究で明らかに なった。開発者によると、この器具「LouseBuster」は、殺虫剤が直面 […]

Read More
Image

医師と患者のチームワークでうつ病を打ち負かす(2006.11.01掲載)

医師と協力して多様な治療法を試み、自分に最適な方法を見出すことで大うつ病患者の3分の2以上で症状がなくなることが、米国の研究で明らかにされた。治療法には、抗うつ薬治療や認知療法などが含まれる。同研究の最終結果は、米医学誌 […]

Read More
Image

大手たばこ会社のアンチ喫煙広告が10代の喫煙をあおる(2006.11.01掲載)

大手たばこメーカー制作の、親を対象とした喫煙反対(anti-smoking)テレビコマーシャルが、子供の喫煙のきっかけとなっていることが、オーストラリアのビクトリア癌(がん)協議会(The Cancer Council […]

Read More
Image

運動で加齢性の眼疾患リスクが軽減(2006.11.01掲載)

よく運動をする人は、加齢(性)黄斑変性(AMD)と呼ばれる眼疾患の重症型発症リスクが低いという報告が、医学誌「British Journal of Ophthalmology」オンライン版に10月31日掲載された。AMD […]

Read More
Image

大腸癌(がん)リスクは男性の方が高い(2006.11.01掲載)

大腸癌(がん)の原因となるポリープは、女性よりも男性に多くみられることを示したポーランドのグループによる研究が、「New England Journal of Medicine」11月2日号に掲載された。大腸癌検診ガイド […]

Read More
Image

患多くの人が減量サプリメントの誇大広告に惑わされている(2006.10.27掲載)

多くの米国成人が、減量サプリメント(栄養補助食品)を安全で効果的だと考えていることが、米コネチカット大学調査研究・分析センター(CSRA)の調査結果で明らかになり、先ごろボストンで開かれた米国肥満学会年次集会で発表された […]

Read More
Image

カレー成分がアルツハイマー病予防に効果(2006.10.27掲載)

カレーやターメリックの成分であるクルクミンが、アルツハイマー病患者の脳に蓄積して老人斑(プラーク)を形成し、損傷を与える蛋白(たんぱく)質アミロ イドベータを排除するマクロファージ(大食細胞)の免疫機能を活性化させる役割 […]

Read More
Image

患者の血小板でテニス肘治療に成功(2006.10.24掲載)

患者自身の血小板によるテニス肘の治療に成功したという報告が、医学誌「American Journal of Sports Medicine」11月号に掲載された。米スタンフォード大学(カリフォルニア州)メディカルセンター […]

Read More
Image

スタチンに喫煙者の肺機能維持効果(2006.10.23掲載)

米国では何百万人もの患者がコレステロール降下薬のスタチン系薬剤を使用しているが、そのスタチンが喫煙者や元喫煙者の肺によい作用をもたらし、重度の頸 動脈閉塞への効用もあることがわかった。この2研究は、ニューオーリンズで開催 […]

Read More
Image

大量のパン食が腎臓癌(がん)をもたらす(2006.10.20掲載)

腎臓癌(がん)患者と非患者の食物摂取を比較したイタリアの研究で、パンを大量に摂食している人では、少量の摂食者に比べ腎臓癌のリスクが2倍高いことが 明らかになった。しかし、米国の専門家は、こうした研究は再現性と一貫性が必要 […]

Read More