image_print
Image

昼寝が心疾患リスクを軽減(2007.2.22掲載)

ギリシア人男女を対象とした大規模研究で、日常的に昼寝をすると、心疾患による死亡リスクが30%以上軽減することが示された。米ハーバード大学(ボストン)公衆衛生学部教授Dimitrios Trichopoulos博士らによる […]

Read More
Image

幅広い疾患の原因を探る大規模長期研究を開始(2007.2.22掲載)

喘息、アルツハイマー病、癌(がん)、うつ病、糖尿病、心疾患および生殖障害など、多岐にわたる疾患の原因となる因子を調べる大規模な地域集団ベースの研究が米国で開始される。このような研究は、米国では男女5,000人を対象として […]

Read More
Image

(2007.1.22) 「紅茶にミルク」は心疾患の予防効果をなくする

紅茶が心血管系の健康に効果のあることを示す研究は多いが、その効果がミルクを加えると打ち消されることが、医学誌「European Heart Journal」1月9日オンライン版に掲載の研究で明らかにされた。その犯人は、ミ […]

Read More
Image

(2007.1.22) 乳幼児に市販の風邪薬は危険

咳(せき)や風邪の市販薬は、乳児には有害であり、死に至らしめる危険性のあることが、米国政府の研究で明らかにされた。米疾病管理予防センター(CDC)発行の「Morbidity and Mortality Weekly Re […]

Read More
Image

適度な飲酒で高血圧男性の心臓発作リスクが軽減(2007.1.02掲載)

1日に1~2杯の飲酒をする高血圧の男性は、全く飲酒しない男性よりも心臓発作リスクが低いという知見が、米医学誌「Annals of Internal Medicine」1月2日号で報告された。

Read More
Image

いびきはパートナーとの生活破綻の原因にも(2006.12.29掲載)

多くの人はいびきを深刻視していないようだが、実際には真剣に考えるべき問題だ。他の人を目覚めさせるほどのいびきならば、本人自身の健康だけでなく、パートナーなどとの人間関係にも深刻な影響を与える。 米国立睡眠財団(NSF)に […]

Read More
Image

葉野菜などに含まれる硝酸塩が降圧効果もたらす(2006.12.27掲載)

高血圧予防に米国政府が推奨しているDASH(ダッシュ)食事法がもたらす効果の機序の一端を明らかにしたスウェーデンの小規模研究が、米医学誌「New England Journal of Medicine」12月28日号に掲 […]

Read More
Image

夫の手を握るとストレスが軽減(2006.12.22掲載)

女性が夫の手を握ると即座にストレスを解消できるという研究結果が、医学誌「Psychological Science」12月号に掲載された。研究を率いた米バージニア大学心理神経学助教授James A. Coan氏によると、 […]

Read More
Image

ボトックスで書痙(けい)が改善(2006.12.21掲載)

しわ取り効果で知られるボトックスが、書痙(けい)の治療にも有効であるとするオランダの研究が、医学誌「Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry」12月20日号に掲載 […]

Read More
Image

妊娠中の魚油摂取で子どもの視覚と手の協調が向上(2006.12.21掲載)

妊娠中に魚油サプリメント(栄養補助食品)を摂取していた母親の子どもは、視覚と手の動きの協調関係が優れていることを示したオーストラリアの小規模研究が、医学誌「Archives of Disease in Childhood […]

Read More