image_print
Image

ワカメが脂肪を燃焼し肥満を防ぐ(2006.09.11掲載)

日本で広く消費され、米国でも和食レストランの味噌汁の具としておなじみの茶色の海藻(褐藻類)の一種、ワカメ(学名Undaria pinnatifida)に、おいしいさだけでなく、余分な脂肪を燃焼させる働きのあることが示され […]

Read More
Image

ベビーブーマーが若返りを図る(2006.09.08掲載)

米国のベビーブーマー(1946~1964年間に誕生した世代)の男女は、さまざまな美容法や美容外科術で若返りを図ることに取り付かれているようだ。米 国美容形成外科学会(ASAPS)によると、2005年には米国で約1,150 […]

Read More
Image

自己幹細胞で小児脳腫瘍の治療結果が改善(2006.09.07掲載)

「髄芽腫」という主に小児の小脳に発生する悪性腫瘍の治療に、患児自身の幹細胞を用いることで生存率が向上したという報告が、英医学誌「Lancet Oncology」9月7日オンライン版に掲載された。高リスクの髄芽腫患児への化 […]

Read More
Image

歯科充填(てん)材アマルガムの安全性否認の勧告(2006.09.07掲載)

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は、水銀を含有するアマルガム歯科充填(てん)材を安全であるとする政府の報告書に対し、2度の投票の結果いずれも 13対7で、認められないとの結論に達したとAP通信が報じた。FDAは諮問委 […]

Read More
Image

高年齢の父親ほど自閉症児を生みやすい(2006.09.05掲載)

自閉症発症リスクは、30歳未満の父親よりも40歳以上の父親から生まれる子供で有意に高く、遺伝子が関与している可能性が、米医学誌「Archives of General Psychiatry」9月号掲載の研究で示唆された。 […]

Read More
Image

怒りは肺機能を低下させる(2006.08.31掲載)

長期にわたる敵意や怒りの感情が肺機能に損傷を与え、加齢に伴う肺活量の低下を加速させることが、米ハーバード大学(ボストン)医学部の研究で明らかにさ れた。高齢者において、敵意や怒りは心疾患や喘息などを含む他の多くの健康障害 […]

Read More
Image

高脂肪食の悪影響を運動で回避(2006.08.31掲載)

高脂肪食を摂取しても、その1~2時間後に運動をすれば動脈への潜在的なダメージが回避できることが、医学誌「European Journal of Applied Physiology」9月号掲載の研究で報告された。研究著者 […]

Read More
Image

ジュースでアルツハイマー病のリスク軽減(2006.08.31掲載)

フルーツジュースや野菜ジュースをよく飲む人は、アルツハイマー病の発症リスクが大幅に低いことが示された。ジュースを週1回未満しか飲まない人に比べ、週3回以上飲む人ではアルツハイマー病の発症率が76%低く、週1~2回飲む人で […]

Read More
Image

長時間労働が高血圧の原因に(2006.08.28掲載)

長時間の労働が高血圧のリスクを増大させる可能性があることが、医学誌「Hypertension」9月号に掲載された。米カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)労働環境衛生センター長Dean Baker博士らは、2001年に […]

Read More
Image

小児アレルギーが世界的に拡大(2006.08.25掲載)

アレルギーや喘息をもつ小児、中でも年少児の数が世界的に増加していることが、英医学誌「The Lancet」8月26日号掲載のニュージーランドの研究で明らかになった。1991年に「小児期の喘息とアレルギーに関する国際調査( […]

Read More