image_print
Image

体重コントロールの鍵は身体活動と「スクリーンタイム」(2007.6.18掲載)

減量後の体重維持は可能であることが、米国疾病予防管理センター(CDC)医療疫学者のEdward Weiss博士らによる新しい研究によって示唆され、米医学誌「American Journal of Preventive M […]

Read More
Image

医師との見解の不一致が癌(がん)患者の死亡リスクを高める 2007.6.14掲載

進行癌(がん)の患者が自身の身体状態や栄養状態について担当医と異なる見解をもっている場合、死亡リスクが高くなることが米オレゴン健康科学大学癌研究所のIan Schnadig博士らによる研究で示され、シカゴで開催された米国 […]

Read More
Image

肝癌(がん)治療に大きな前進(2007.6.14掲載)

分子標的薬剤sorafenibソラフェニブ(商品名:Nexavar、バイエル社、※日本国内では腎細胞癌の適用承認申請中)に、進行肝(細胞)癌への高い効果がみられるとの臨床試験SHARP trialの結果が、シカゴで開催さ […]

Read More
Image

健康的な食生活と運動が癌(がん)の再発を減らす(2007.6.11掲載)

ライフスタイルの基本である食生活と運動が、癌(がん)の転帰に影響を及ぼすという研究成績が、シカゴで開かれた米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会で報告された。

Read More
Image

朝鮮ニンジンやアマニが癌(がん)治療に有用(2007.6.11掲載)

朝鮮ニンジンは癌(がん)患者の疲労の軽減に、アマニ(亜麻の種)は前立腺癌治療に有用であるという癌の代替療法に関する知見が、シカゴで開かれた米国癌治療学会(ASCO)年次集会で報告された。一方、サメ軟骨は肺癌治療に有用でな […]

Read More
Image

背中の痛みには外科手術が有効(2007.6.07掲載)

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛による背中や脚の痛みを早く緩和するには、外科手術が有効で、自然に治るかどうか様子をみるため手術の時期を先に延ばしても、手術の効果に差はないという2研究による知見が、米医学誌「New Englan […]

Read More
Image

乳癌(がん)の放射線治療期間が短縮可能に(2007.6.07掲載)

放射線を正確に標的に当てる強度変調放射線治療(IMRT)の利用で、1日あたりの照射線量を増やし、乳癌(がん)患者の治療期間を従来の6~7週間からわずか4週間に短縮できるとの研究結果が、医学誌「International […]

Read More
Image

ボトックスが前立腺肥大に有効(2007.6.04掲載)

しわの治療に有効なボトックスを前立腺に直接注射することで前立腺肥大患者の生活の質(QOL)が向上するという知見が、米アナハイムで開催された米国泌尿器科学会(AUA)年次集会で発表された。 今回の研究は、標準的な治療で効果 […]

Read More
Image

イーノーズ(電子鼻)で喘息を検出(2007.6.04掲載)

イーノーズ(Enose;電子鼻)と呼ばれるデバイスによって喘息患者とそうでない人を呼気で識別できるという知見が、サンフランシスコで開催された米国胸部学会(ATS)で報告された。 喘息は現在、症状と肺機能測定値を用いて診断 […]

Read More
Image

糖尿病薬の心疾患リスクに医師らの反応は冷静(2007.5.31掲載)

インスリン抵抗性改善薬として広く使用されている糖尿病治療薬Avandia(一般名:rosiglitazone、※日本国内では未承認)が心臓発作リスクを増大させるというニュースに、医療専門家らは懸念を示しているものの、概し […]

Read More