image_print
Image

ストレスにより脳が萎縮(2006.08.11掲載)

ストレスにより脳細胞が萎縮し、免疫システムの老化が早まるということを示した研究が、ニューオーリンズで開催の米国精神医学会(APA)年次集会で報告された。 米 ロックフェラー大学(ニューヨーク)神経内分泌学研究所のBruc […]

Read More
Image

高飽和脂肪食は少量でも冠動脈には酷(2006.08.08掲載)

飽和脂肪を多く含むキャロットケーキ1切れとミルクセーキ1杯で、心疾患を防ぐ体内能力が低下することが、オーストラリアの研究で明らかになった。 米 国心臓病学会(ACC)誌「JACC」8月15日号掲載の、18歳~40歳の健常 […]

Read More
Image

父親もかかる産後うつ病(2006.08.07掲載)

子どもが生まれた後には、母親とほぼ同数の父親も、産後うつ病になることが明らかになった。米イースタンバージニア医科大学小児医学研究センター James F. Paulson博士らが、両親のそろった5,000家庭を対象に実施 […]

Read More
Image

過度の関節柔軟性が慢性疲労症候群に関与(2006.08.04掲載)

誘関節の痛みや全身的な倦怠感などを症状として訴える慢性疲労症候群は、かつては、訴えが漠然としているとして受け流されていたが、1988年に医療研究者によってようやく医学的な症状として認定されるようになった。 慢 性疲労症候 […]

Read More
Image

手術の時間帯が麻酔による有害事象の発生に関与(2006.08.03掲載)

午後に開始した手術では、午前の場合に比べ、麻酔に関わる痛みなどの有害事象(イベント)が発生しやすいことが米デューク大学の研究によって判明した。理 由は明確にされていないが、医師の疲労から患者の概日リズム(約24時間周期) […]

Read More
Image

誘発分娩は朝が望ましい(2006.07.31掲載)

誘発分娩は夜ではなく朝行うのが望ましい、とするオーストラリアの研究が報告された。研究者らはその理由として、自然分娩のタイミングからすれば朝が最良であり、誘発に伴う合併症も少ないことを挙げている。 米医学誌「Obstetr […]

Read More
Image

スイカの栄養価高めるには常温保存が一番(2006.07.31掲載)

暑い日に冷えたスイカにかぶりつくのは最高だが、スイカは常温(室温)で保存する方が高い栄養価が期待できるという研究結果が「Journal of Agriculture and Food Chemistry」8月9日号に掲載 […]

Read More
Image

閉経期のホルモン変動で関節炎リスクが上昇(2006.07.27掲載)

閉経期に発現するエストロゲン値の低下により、女性での膝変形性関節症(OA)リスクが上昇することが、米医学誌「Arthritis & Rheumatism」8月号掲載の研究で明らかにされた。 こ れまで変形性関節症 […]

Read More
Image

静脈血栓症の再発は男性に多い(2006.07.27掲載)

深部静脈血栓症(DVT)を一度発症した患者の再発リスクは、女性より男性で50%高いことが、カナダの研究で明らかにされた。「エコノミークラス症候 群」としても知られるDVTでは通常、下肢または大腿の深部静脈に血栓が形成され […]

Read More
Image

心臓発作は見逃されることが多い(2006.07.27掲載)

心臓発作(心筋梗塞)の治療は近年大きく進歩しているが、患者や医師が発作の存在に気付かなければその進歩も意味がない。心臓発作の多くが見逃されているということが、最近の研究で示されている。 2006 年初め、医学誌「Euro […]

Read More