image_print
Image

男性が長生きするため5つのステップ(2006.07.04掲載)

心臓の健康によい5つの生活習慣(ライフスタイル)を身に着けることで、中年以上の男性の心疾患リスクを有意に減らせることが、米国の研究で明らかになっ た。禁煙、スリムな体型を保つ、毎日の運動、適量の飲酒、ヘルシーな食事を守る […]

Read More
Image

食品製造に用いられる酵素がセリアック病患者を救う(2006.06.30掲載)

セリアック病は小児脂肪便症とも呼ばれ、小麦などに含まれる不溶性の蛋白(たんぱく)の一種であるグルテンへのアレルギー性反応により、小腸内で変化が生じ、吸収不良を来たす遺伝性の自己免疫疾患で、小児だけでなく成人でも発症する。 […]

Read More
Image

ペットフードで飼い主が感染症に(2006.06.29掲載)

細菌(バクテリア)を含んだ牛肉や魚類のペットフードにより、サルモネラ菌感染症に発展するリスクを蒙った飼い主の症例が、米疾病対策予防センター(CDC)発行の「Morbidity and Mortality Weekly R […]

Read More
Image

歯を再生する蛋白(たんぱく)「デントニン」に期待(2006.06.29掲載)

デントニンと呼ばれる蛋白(たんぱく)で、虫歯になった歯の構成成分の再生を促すことにより、歯根管治療を回避できるようになる可能性が、オーストラリア、ブリズベンで開催された第84回国際歯科研究学会総会で発表された。 デ ント […]

Read More
Image

運転中の携帯電話は飲酒運転より危険(2006.06.29掲載)

携帯電話で話しながらの運転は、事故を起こす確率が飲酒運転よりも高いことが明らかになり、人間工学誌「Human Factors」夏号に掲載された。 米 ユタ大学心理学助教授Frank Drews氏らによるこの研究では、運転 […]

Read More
Image

精神的苦痛は6番目のバイタルサイン(2006.06.23掲載)

患者の状態を知るために医師は通常5つのバイタルサイン(生命徴候=脈拍、呼吸、体温、血圧、疼痛)をチェックする。しかし、メモリアル・スローン-ケタリング癌(がん)センター(ニューヨーク)精神腫瘍学長のJimmie C. H […]

Read More
Image

磁気刺激が片頭痛を緩和(2006.06.22掲載)

うつ病や痙攣(けいれん)に有効とされている経頭蓋磁気刺激(TMS)装置に、片頭痛にも効果のあることが、ロサンゼルスで開催された米国頭痛学会(AHS)年次集会で発表された。 米 国では約2,800万人が片頭痛をもち、約20 […]

Read More
Image

「愛のホルモン」で夫婦間ストレスが減少(2006.06.20掲載)

「love hormone(愛のホルモン)」と呼ばれるオキシトシンに、夫婦げんかを鎮める効果があるという。オキシトシンは、人間関係や他人との心理的境界を健全 に保つ能力に関係があると考えられているが、緊迫した状況でのスト […]

Read More
Image

野菜は心臓を健康にする(2006.06.19掲載)

「自分の動脈をいとおしく思うなら、野菜を食べよう」。マウスの研究で、野菜を豊富に含む食餌を摂取したグループでは、動脈が硬くなるアテローム性動脈硬 化症のリスクを38%低下させることを明らかにした、米ウェイク・フォレスト大 […]

Read More
Image

歯周病は糖尿病や心疾患にも影響(2006.06.15掲載)

乳口腔内の衛生に留意することは、歯を白くして虫歯をなくすだけではなく、全身の健康も向上させることが、多数の研究で明らかにされている。こうした研究は、同時に歯周病がさまざまな健康障害を引き起こすことを示している。 歯周病は […]

Read More