image_print
Image

男性で片頭痛が心疾患リスクに関連(2006.11.15掲載)

片頭痛のある男性では、心臓発作のリスクがより高いことが、医療従事者を対象とした米国の研究で明らかになった。先ごろシカゴで開かれた米国心臓協会 (AHA)年次集会で、米ブリガム&ウィメンズ病院(BWH、ボストン)医学助教授 […]

Read More
Image

チョコレートで血液凝固リスクが軽減(2006.11.14掲載)

「チョコレート中毒」の人の血小板は、血液凝固を起こしにくいという報告が、シカゴで開催された米国心臓病協会(AHA)年次集会で発表された。この知見は、米ジョンズ・ホプキンス大学(ボルチモア)医学部のDiane Becker […]

Read More
Image

赤身の肉が乳癌(がん)リスクを上昇させる(2006.11.13掲載)

ステーキやハンバーガーをはじめ赤身の肉が、若年女性のエストロゲン受容体陽性乳癌(がん)リスクを上昇させることが米国の研究で明らかになった。「エス トロゲン受容体陽性(+)」乳癌は、体内を循環するエストロゲンやプロゲステロ […]

Read More
Image

低炭水化物食は女性の心臓によい(2006.11.08掲載)

低炭水化物食で女性の心疾患リスクの上昇が抑えられることが、米国での女性を対象とした大規模研究で明らかになった。ただし、これは動物性脂肪の摂取を勧める低炭水化物食として知られる「アトキンソン・ダイエット」のことではない。 […]

Read More
Image

細胞移植によりマウスの視覚が回復(2006.11.08掲載)

網膜に細胞を移植することで、失明したマウスの視覚の回復に成功したという報告が、科学誌「Nature」11月9日号に掲載された。移植に用いられた 「光受容器前駆細胞」は、未分化の幹細胞ではなく、細胞発生が進み、既に特定の種 […]

Read More
Image

抗マラリア薬がメタボリックシンドロームに有効(2006.11.07掲載)

数十年前からマラリア治療に利用されている薬剤クロロキンで、メタボリックシンドロームの症状が改善されるという報告が、医学誌「Cell Metabolism」11月号に掲載された。 米 国で成人の4人に1人が罹患しているメタ […]

Read More
Image

温風と吸引でアタマジラミを駆除(2006.11.06掲載)

掃除機とヘアドライヤーを組み合わせたような風変わりな器具が、アタマジラミに悩まされる小児をその煩わしさから解放させることが、米国の研究で明らかに なった。開発者によると、この器具「LouseBuster」は、殺虫剤が直面 […]

Read More
Image

医師と患者のチームワークでうつ病を打ち負かす(2006.11.01掲載)

医師と協力して多様な治療法を試み、自分に最適な方法を見出すことで大うつ病患者の3分の2以上で症状がなくなることが、米国の研究で明らかにされた。治療法には、抗うつ薬治療や認知療法などが含まれる。同研究の最終結果は、米医学誌 […]

Read More
Image

大手たばこ会社のアンチ喫煙広告が10代の喫煙をあおる(2006.11.01掲載)

大手たばこメーカー制作の、親を対象とした喫煙反対(anti-smoking)テレビコマーシャルが、子供の喫煙のきっかけとなっていることが、オーストラリアのビクトリア癌(がん)協議会(The Cancer Council […]

Read More
Image

運動で加齢性の眼疾患リスクが軽減(2006.11.01掲載)

よく運動をする人は、加齢(性)黄斑変性(AMD)と呼ばれる眼疾患の重症型発症リスクが低いという報告が、医学誌「British Journal of Ophthalmology」オンライン版に10月31日掲載された。AMD […]

Read More