image_print
Image

糖尿病薬で心不全リスクが2倍に(2007.8.2掲載)

糖尿病治療薬Avandia(アバンディア、一般名:rosiglitazoneロシグリタゾン、日本国内では未承認)またはアクトス(ピオグリタゾン)のいずれかを使用する患者は、使用しない患者に比べ心不全の発症リスクが2倍であ […]

Read More
Image

患者の死を予知するネコ“オスカー”(2007.8.2掲載)

米ロードアイランド州の認知症看護施設、ストリートハウス看護リハビリセンターで飼われているネコが、患者の死を予知するとして注目を集めている。ネコの名はオスカー(写真)。現在2歳で、子猫のときにこの施設に来て以来25回、ほぼ […]

Read More
Image

体内時計の変化が病的疲労をもたらす(2007.7.30掲載)

さまざまな疾患でみられる病的疲労は、疾患に関連する生化学的変化によって体内時計が乱れるために生じることが、新しい研究によって示唆された。

Read More
Image

クローン病に対する有望な新薬(2007.7.30掲載)

既存の薬剤で十分な効果が得られないクローン病に、新薬のcertolizumab pegol(セルトリズマブ・ペゴル)が有効である可能性が、米医学誌「New England Journal of Medicine」7月19 […]

Read More
Image

癌(がん)抑制蛋白(たんぱく)が老化も防ぐ(2007.7.26掲載)

癌(がん)抑制蛋白(たんぱく)として知られるp53および細胞調節因子Arfに、老化を遅らせる働きのあることがスペイン国立癌研究センター(マドリード)Manuel Serrano氏らの研究で示され、英科学誌「Nature」 […]

Read More
Image

心臓CTスキャンにより癌(がん)リスク増大(2007.7.26掲載)

心障害の有無を判定するCT冠動脈造影(CTCA)検査により、特に女性および若年者の癌リスクが増大するという報告が米医師会誌「JAMA」7月18日号に掲載された。研究を率いた米コロンビア大学(ニューヨーク)のAndrew […]

Read More
Image

急増する帝王切開に医師らが懸念(2007.7.23掲載)

米国では利便性を求めた帝王切開による出産が急増しており、不要な健康リスクの増加が懸念されている。2004年に米国で帝王切開により生まれた新生児は全体の29%を占める。米国での帝王切開の割合は1997年には新生児の約5人に […]

Read More
Image

トマトとリコピンの癌(がん)予防効果の確証得られず(2007.7.23掲載)

トマトを豊富に含む食事や、トマトに含まれ抗酸化作用を持つリコピンが癌(がん)予防に役立つ確証はほとんどないことが、米国食品医薬品局(FDA)の調査で明らかになった。この報告は、トマトの摂取と前立腺癌、卵巣癌、胃癌、膵臓癌 […]

Read More
Image

患者自身の脂肪を用いた乳房再建に高まる期待(2007.7.19掲載)

患者自身の腹部や大腿部から採取した脂肪を利用して乳房を再建する方法が、実現に近づいているという。「Celution」と呼ばれるこの新しい技術は、米Cytori Therapeutics社(サンディエゴ)が開発したもの。米 […]

Read More
Image

セレンサプリが2型糖尿病リスクを増大(2007.7.19掲載)

セレンサプリメント(栄養補助食品)の摂取により2型糖尿病のリスクが増大する可能性が示され、米医学誌「Annals of Internal Medicine」オンライン版に7月10日掲載された。

Read More