image_print
Image

身近な人とのいさかいが心臓に悪影響(2007.10.22掲載)

最も身近な人とのいさかいが、うつ病や喫煙など他の心疾患の危険因子を考慮しても、心血管イベントのリスクを3分の1増大させることが英国の研究で明らかになった。

Read More
Image

母親のヒップが娘の乳癌(がん)リスクを示す(2007.10.22掲載)

女性のヒップ(でん部)の大きさと形がその娘の乳癌(がん)リスクに影響を及ぼすという国際的研究が報告された。米オレゴン健康科学大学、英国およびフィンランドの研究者らのチームが、フィンランド人女性6,370人を対象に研究を行 […]

Read More

新生児期の細菌感染が喘息リスクを増大(2007.10.18掲載)

生後1カ月以内に特定の細菌に曝露すると、5歳までに喘息を発症する比率が高いことがデンマークの研究で示され、米医学誌「New England Journal of Medicine」10月11日号に掲載された。

Read More
Image

人尿が安全で優れた肥料に(2007.10.18掲載)

財政の苦しい農家にとって、身近に無料の肥料があるという。人尿が窒素やその他ミネラルの優れた供給源となることがフィンランドの研究で示された。この知見は、農業食品化学誌「Journal of Agricultural and […]

Read More
Image

健康リスクの指標には昼間血圧、夜間血圧ともに重要(2007.10.15掲載)

夜間血圧値のほうが昼間血圧値よりも重要な健康リスクの指標となるという考えに異論を唱える新しい研究結果が、英医学誌「Lancet」10月6日号で報告された。研究では、患者のリスクを知るためには昼間、夜間血圧ともに重要であり […]

Read More

母乳は乳幼児の虫歯リスクを高めない(2007.10.15掲載)

長年にわたり母乳と乳幼児の虫歯(う食)との関連性が懸念されてきたが、母乳は乳幼児の虫歯リスクを増大させないことが、米医学誌「Pediatrics」10月号掲載の新しい研究で明らかにされた。虫歯の孔(窩洞かどう、キャビティ […]

Read More
Image

妊婦の魚摂取はリスクよりも利益が上回る(2007.10.11掲載)

米国では2001年、米国食品医薬品局(FDA)および米国環境保護局(EPA)が、「妊婦は魚の摂取を週に12オンス(約340g)以内に控えるべき」との勧告を行った。魚介類に水銀が含まれる可能性があるとの理由からである。しか […]

Read More
Image

ジェネリック薬の申請処理にFDA追いつかず(2007.10.11掲載)

米国ではジェネリック(後発)医薬品の承認申請が増加の一途をたどっており、医薬品規制当局の処理が追いついていないという。米国食品医薬品局(FDA)では昨年(2006年)、Generic Initiative for Val […]

Read More
Image

肥満になる前に減量で高血圧をコントロール(2007.10.8掲載)

過体重が高血圧の直接的な原因の一つであり、過体重の人の半数以上は減量により血圧を正常域の値まで下げることができるとのイタリアの研究結果が、先ごろ米アリゾナ州で開かれた米国心臓協会(AHA)高血圧研究会議で報告された。「原 […]

Read More
Image

女性の15%が妊娠関連のうつ病を経験(2007.10.8掲載)

女性の7人に1人が妊娠前後または妊娠中にうつ病を経験しているとの研究結果が、米医学誌「American Journal of Psychiatry」10月号で報告された。うつ病は本人だけでなく、乳児、家族全体に大きな被害 […]

Read More