image_print
Image

小児肥満は運動だけでは予防できない(2006.10.05掲載)

就学前の幼児が活発なのは良いことだが、運動だけでは成長に伴い発生する肥満を防ぐことのできないことが、英グラスゴー大学(スコットランド)の研究で明 らかになった。専門家らは、運動と生活習慣、特に食事の改善を同時に行うことが […]

Read More
Image

癌(がん)克服後も患者を悩ませる「ケモブレイン」(2006.10.05掲載)

癌(がん)で化学療法を受けた元患者が、「ケモブレイン(chemo brain)」と呼ばれる慢性的な記憶力および注意力の障害に悩まされることがある。ケモブレインには、脳の代謝および血流の変化が関わっているという知見が、医学 […]

Read More
Image

腎細胞のニコチン受容体を発見(2006.10.04掲載)

腎細胞にニコチン受容体があることが初めて確認され、米サンアントニオ(テキサス州)で開催された米国心臓協会(AHA)秋季高血圧研究年次集会で発表された。研究を行った米マイアミ大学医学部助教授Edgar A. Jaimes博 […]

Read More
Image

男性も“強迫性買物”に陥る(2006.10.01掲載)

米国成人の20人に1人が買物を止められない、いわゆる“買物依存症”的状況にあるといわれるが、これは女性に限られたものではなく男性もこの「強迫性買 物 (購入)compulsive buying」を […]

Read More
Image

兄弟に関節リウマチ患者がいる女性はリウマチの重症化リスク大(2006.09.29)

兄弟が関節リウマチ(RA)に罹患している女性は、重度のRAを発症する確率が高いことが新しい研究によって示され、米医学誌「Arthritis & Rheumatism」10月号に掲載された。RAは関節に極度の痛みを […]

Read More
Image

脳卒中後のうつ病を見過ごす(2006.09.28掲載)

脳卒中後にうつ病を発症する患者が17%に及びながら、抗うつ薬治療を受けている人が5分の1に過ぎないことがオーストラリアの研究で明らかになった。米サウスカロライナ医科大学疫学教授で米国心臓協会(AHA)スポークスマンのDa […]

Read More
Image

骨粗鬆(しょう)症による骨折リスクを予測する新しい計算式(2006.09.27掲)

身体障害や死亡の原因となることも多い高齢女性の骨折のリスクを予測する計算式を、オーストラリアの研究グループが開発した。この計算式で求められる「Fracture Risk(略してFRISK)」と呼ばれるスコアは、骨密度をは […]

Read More
Image

アルツハイマー病研究への警鐘と新知見(2006.09.21掲載)

アルツハイマー病にみられるアミロイド-β(ベータ)蛋白(たんぱく)の形成にはβ-セクレターゼという酵素が重要な役割を果たしているといわれ、この酵 素を不活性化させる薬剤を開発しようと研究が続けられてき […]

Read More
Image

睡眠不足は健康障害を引き起こす(2006.09.19掲載)

睡眠の質と心身の健康との間に強い関連性を認めるエビデンス(証拠)が増えるに従い、睡眠習慣のチェクを健康診断の標準項目に入れるべきとの声が高まりつつある。 医 学誌「Archives of Internal Medicin […]

Read More
Image

脂肪分の富んだ魚に腎癌(がん)予防効果(2006.09.19掲載)

サケやイワシなど脂肪分に富んだ魚に多く含まれ、心臓に良いとされるオメガ-3脂肪酸には、腎癌(がん)の予防効果もあることが、スウェーデンの研究で明 らかにされた。女性6万人を対象に、15年間にわたって追跡したもので、週1回 […]

Read More