image_print
Image

ディーゼル排気の多い往来でのジョギングは心筋虚血を促進(2007.9.24掲載)

症状の安定した心疾患患者が、たとえ短時間でもディーゼル排気に曝露されると、心筋への血流量が減少し、心臓発作や不整脈などの心血管障害が増加することが、新しい研究によって明らかにされた。

Read More
Image

ビタミンDサプリメントで寿命が延びる(2007.9.24掲載)

常用量のビタミンDサプリメント(栄養補助食品)摂取により寿命が延びることが、ヨーロッパの研究で示唆された。ビタミン摂取に関しては、その効果がいまひとつ不明であり、癌(がん)や心疾患のリスクを低下させる手段として勧められる […]

Read More
Image

慢性疲労症候群の犯人はエンテロウイルス(2007.9.20掲載)

父親の息子を思う気持ちが、謎に包まれていた疾患の原因解明を前進させることになった。米カリフォルニア州トランスの開業医John Chia博士は、1997年に慢性疲労症候群(CFS)と診断された息子のAndrew Chia氏 […]

Read More
Image

癌(がん)治療の臨床試験の多くが行き止まりに(2007.9.20掲載)

有望な結果の得られた癌(がん)治療の第II相臨床試験のうち、第III相試験へ進むのはほんのわずかであることが、カナダ、トロント大学Ian Tannock博士らの研究により判明し、6月にシカゴで開催された米国癌治療学会年次 […]

Read More
Image

食品添加物が子どもの多動性障害を加速(2007.9.17掲載)

食品中の合成着色料や保存料が子どもの多動行動を増加させるという報告が、英医学誌「Lancet」9月6日号に掲載された。食品添加物と多動との関係はこれまでも疑われてきたが、直接の関与を示した研究は今回が初めて。

Read More
Image

仕事や通勤時間の長い人は睡眠時間が短い(2007.9.17掲載)

長時間働き、通勤に時間がかかる人は睡眠時間が短いという知見が、医学誌「Sleep」9月号で報告された。仕事の睡眠へのインパクトの大きさを示した研究といえる。成人では7-8時間の睡眠時間が奨励されている。

Read More
Image

便秘のさまざまな原因と治療法(2007.9.10掲載)

果物や野菜、全粒穀物をたくさん食べても便秘が解消しなければ、食物繊維を摂取する以外の方法を検討すべきかもしれない。米ウィスコンシン大学内科教授のArnold Wald博士は「医師は簡便かつ安価という理由から食物繊維の摂取 […]

Read More
Image

失恋の痛手はそれほど大きくない(2007.9.10掲載)

恋愛の破局によって受ける衝撃は、実は本人が予想するほど大きくないことが、新しい研究によって明らかにされ、米医学誌「The Journal of Experimental Social Psychology」8月号で報告さ […]

Read More
Image

家庭内のカビがうつ病の原因?(2007.9.6掲載)

湿気が多くカビの生えた家に住む人はうつ病リスクが高いことが示され、米医学誌「American Journal of Public Health」10月号で報告された。

Read More
Image

COPDの有病率は予想以上(2007.9.6掲載)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者は、これまで考えられていたよりも多いことが国際研究チームにより示され、英医学誌「Lancet」9月1日号で報告された。罹患数は世界人口の高齢化に伴い、さらに増加する見込みだという。

Read More