image_print
Image

唾液検査が数年で疾患検出の標準に(2007.3.29掲載)

唾液の分析による簡単で安価な検査法が、早ければ2011年には標準的検査として利用されるようになる見通しだ。医療の場では、非侵襲的な疾患検出方法が強く望まれているが、現在のところ唾液検査は一般的ではない。この現状が変わりつ […]

Read More
Image

CT検査で肺癌(がん)の死亡率は低下しない(2007.3.15掲載)

CT検査により、肺癌(がん)の診断率と治療率は増大するが、進行性腫瘍の患者数や、それによる死亡数には減少がみられないとする研究が、米国医師会誌「JAMA」3月7日号に掲載された。この知見は、ヘリカル(らせん)CTによるス […]

Read More
Image

週末は脳卒中の死亡率が高い(2007.3.15掲載)

週末に脳卒中の治療を受ける患者は、平日よりも死亡率が高いという知見が、米医学誌「Stroke」オンライン版に3月8日掲載された。研究を実施したカナダ、トロント大学医学部助教授Gustavo Saposnik博士によると、 […]

Read More
Image

歯周病の治療で血管機能が改善(2007.3.8掲載)

歯周病の治療により、血流や動脈の弾力性が改善されるという知見が、米医学誌「New England Journal of Medicine」3月1日号に掲載された。 この研究は、英イーストマン歯科病院(ロンドン)で重症の歯 […]

Read More

一般的な鎮痛薬が男性の高血圧の原因に(2007.3.8掲載)

最も一般的な鎮痛薬であるアセトアミノフェン、イブプロフェン、アスピリンを定期的に使用する中高年男性は、高血圧の発症リスクが高いという報告が、米医学誌「Archives of Internal Medicine」2月26日 […]

Read More
Image

子供とイヌを一緒に残しての外出は危険(2007.3.5掲載)

イヌは人間の善き友と言われている。しかし、米疾病対策予防センター(CDC)によると、毎年米国では80万人がイヌにかまれ、38万人が救急治療を受けている。英医学誌「British Medical Journal」2月24日 […]

Read More
Image

はちみつに優れた抗酸化作用(2007.3.5掲載)

最良のはちみつは何かと問われれば、答えは、色の濃い「甘露はちみつ(honeydew)」となる。科学誌「Journal of the Science of Food and Agriculture」2月号掲載のスペイン種は […]

Read More
Image

書き出すことが癌(がん)患者を癒す(2007.3.1掲載)

癌(がん)の診断を受けた人の多くは、サポート団体、心理療法、抗うつ薬などに頼って疾患のもたらす恐怖や困難と闘っているが、紙とペンを用いて心の奥深く存在する思考や感情を書き出すことが、精神と身体の両面に多大な向上をもたらす […]

Read More
Image

「プラズマ」技術による新しいしわ治療(2007.3.1掲載)

皮膚のしわを消して肌を若返らせる「プラズマ皮膚再生装置」による複数回の低エネルギー治療に、単回の高エネルギー治療と同等の効果があり、術後の回復にかかる時間も短くてすむことが示された。米国美容形成外科学会(ASAPS)によ […]

Read More
Image

妊娠中の魚摂取が児の精神機能発達の助けに(2007.2.26掲載)

妊娠中、1週間に3食以上魚を摂取する母親から生まれた児は、精神機能テストで高得点をマークすることが、米英共同の研究で明らかにされた。これは、妊婦の魚摂取にして米国環境保護庁(EPA)と米国食品医薬品局(FDA)が行ってい […]

Read More