image_print
Image

睡眠不足は健康障害を引き起こす(2006.09.19掲載)

睡眠の質と心身の健康との間に強い関連性を認めるエビデンス(証拠)が増えるに従い、睡眠習慣のチェクを健康診断の標準項目に入れるべきとの声が高まりつつある。 医 学誌「Archives of Internal Medicin […]

Read More
Image

脂肪分の富んだ魚に腎癌(がん)予防効果(2006.09.19掲載)

サケやイワシなど脂肪分に富んだ魚に多く含まれ、心臓に良いとされるオメガ-3脂肪酸には、腎癌(がん)の予防効果もあることが、スウェーデンの研究で明 らかにされた。女性6万人を対象に、15年間にわたって追跡したもので、週1回 […]

Read More
Image

リポ蛋白(たんぱく)レベルの高い女性は心疾患リスクが高い(2006.09.19掲)

リポ蛋白(たんぱく)(a)という物質の血液中のレベルが高い女性は、心疾患や脳卒中のリスクが高いことが米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(BWH、ボストン)のJacqueline Suk Danik博士らの研究によって示さ […]

Read More
Image

卵巣摘出により若年層の死亡リスクが増大(2006.09.15掲載)

比較的若い女性が卵巣を摘出した場合、エストロゲン療法を受けないと死亡リスクが増大することが米メイヨークリニックの研究グループにより明らかにされ、 英医学誌「Lancet Oncology」10月1日号に掲載された。癌(が […]

Read More
Image

ビタミンD が膵癌(がん)リスクを減少(2006.09.14掲載)

ビタミンD の摂取で膵癌(がん)リスクが半減するという知見が、米医学誌「Cancer Epidemiology Biomarkers & Prevention」9月号で報告された。膵癌は米国での癌死因の第4位で、 […]

Read More
Image

子供の肥満との戦いはスローな展開(2006.09.13掲載)

米国では子供の肥満が急増しており、多くの対策プログラムが組まれているが、その効果の程は定かではないという米国医学研究所(IOM)による報告書「Progress in Preventing Childhood Obesit […]

Read More
Image

ワカメが脂肪を燃焼し肥満を防ぐ(2006.09.11掲載)

日本で広く消費され、米国でも和食レストランの味噌汁の具としておなじみの茶色の海藻(褐藻類)の一種、ワカメ(学名Undaria pinnatifida)に、おいしいさだけでなく、余分な脂肪を燃焼させる働きのあることが示され […]

Read More
Image

ベビーブーマーが若返りを図る(2006.09.08掲載)

米国のベビーブーマー(1946~1964年間に誕生した世代)の男女は、さまざまな美容法や美容外科術で若返りを図ることに取り付かれているようだ。米 国美容形成外科学会(ASAPS)によると、2005年には米国で約1,150 […]

Read More
Image

自己幹細胞で小児脳腫瘍の治療結果が改善(2006.09.07掲載)

「髄芽腫」という主に小児の小脳に発生する悪性腫瘍の治療に、患児自身の幹細胞を用いることで生存率が向上したという報告が、英医学誌「Lancet Oncology」9月7日オンライン版に掲載された。高リスクの髄芽腫患児への化 […]

Read More
Image

歯科充填(てん)材アマルガムの安全性否認の勧告(2006.09.07掲載)

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は、水銀を含有するアマルガム歯科充填(てん)材を安全であるとする政府の報告書に対し、2度の投票の結果いずれも 13対7で、認められないとの結論に達したとAP通信が報じた。FDAは諮問委 […]

Read More