image_print
Image

CTスキャンの多用により癌(がん)リスクが増大(2007.12.6掲載)

1980年代以降、米国ではCTスキャンの施行件数が急激に増えており、これに伴い高線量の放射線曝露による癌(がん)リスクが増大していることが、米医学誌「New England Journal of Medicine」11月 […]

Read More
Image

災害被害者の特定に役立つ新しい歯型照合システム(2007.12.6掲載)

大きな災害の際に、被害者の身元確認に要する時間を大幅に削減する新しい自動特定システムが日本の研究グループにより開発され、米シカゴで開催された北米放射線学会(RSNA)年次集会で発表された。

Read More
Image

妊娠前後の喫煙が娘の受胎能を低下させる(2007.12.3掲載)

妊娠前後の母親の喫煙が、その娘の受胎能を3分の1に低下させる化学的経路(ケミカルパスウエー)が明らかにされ、米医学誌「Journal of Clinical Investigation」12月3日号で報告された。

Read More
Image

歩数計が歩く意欲高める(2007.12.3掲載)

健康のためにウォーキングを始める人は、歩数計(万歩計)を使用すれば歩数の増加だけでなく、血圧降下や体重減少といった効果も得られることが、米医医師会誌「JAMA」11月21日号で報告された。

Read More
Image

肥満男性のPSA値が低い理由を解明(2007.11.29掲載)

肥満の男性では前立腺癌(がん)の指標となるPSA(前立腺特異抗原)の血液中濃度が通常よりも低く、検査結果を調整する必要があることが知られている。この原因として、肥満男性は血液量が多いためにPSAが薄められている可能性が示 […]

Read More
Image

ヒトの皮膚細胞から万能細胞の作製に成功(2007.11.29掲載)

京都大学および米ウィスコンシン大学の2つの研究グループがほぼ同時に、ヒトの皮膚細胞からES細胞(embryonic stem cell: 胚性幹細胞)に極めて近い万能細胞を作り出すことに成功した。

Read More
Image

承認足止めの減量薬にうつ病や不安のリスク(2007.11.26掲載)

減量薬rimonabant(リモナバント)の使用によって、重症のうつ病および不安のリスクが高まるという研究結果が、英医学誌「The Lancet」11月17日号で報告された。

Read More
Image

母乳が食物アレルギーのリスクを軽減(2007.11.26掲載)

生後3カ月間の授乳で小児の食物アレルギーが予防できるとの研究結果が、米テキサス州ダラスで開かれた米国アレルギー・喘息・免疫学会(ACAAI)の年次集会で報告された。

Read More
Image

卵巣腫瘍の良性悪性判定は血液検査よりも超音波が有用(2007.11.22掲載)

卵巣腫瘍が良性か悪性かを診断するには、血液検査よりも超音波検査の方が優れていることが、国際卵巣腫瘍分析(International Ovarian Tumor Analysis, IOTA)共同研究グループにより示され、 […]

Read More
Image

新しい喘息(ぜんそく)治療ガイドライン(2007.11.22掲載)

米国心肺血液研究所(NHLBI)の米国喘息教育予防プログラム(NAEPP)により、喘息(ぜんそく)の管理と発作予防に焦点を当てた新しい喘息ガイドラインが作成され、ダラスで開催された米国アレルギー・喘息・免疫学会(ACAA […]

Read More