image_print
Image

運転中の携帯電話は飲酒運転より危険(2006.06.29掲載)

携帯電話で話しながらの運転は、事故を起こす確率が飲酒運転よりも高いことが明らかになり、人間工学誌「Human Factors」夏号に掲載された。 米 ユタ大学心理学助教授Frank Drews氏らによるこの研究では、運転 […]

Read More
Image

精神的苦痛は6番目のバイタルサイン(2006.06.23掲載)

患者の状態を知るために医師は通常5つのバイタルサイン(生命徴候=脈拍、呼吸、体温、血圧、疼痛)をチェックする。しかし、メモリアル・スローン-ケタリング癌(がん)センター(ニューヨーク)精神腫瘍学長のJimmie C. H […]

Read More
Image

磁気刺激が片頭痛を緩和(2006.06.22掲載)

うつ病や痙攣(けいれん)に有効とされている経頭蓋磁気刺激(TMS)装置に、片頭痛にも効果のあることが、ロサンゼルスで開催された米国頭痛学会(AHS)年次集会で発表された。 米 国では約2,800万人が片頭痛をもち、約20 […]

Read More
Image

「愛のホルモン」で夫婦間ストレスが減少(2006.06.20掲載)

「love hormone(愛のホルモン)」と呼ばれるオキシトシンに、夫婦げんかを鎮める効果があるという。オキシトシンは、人間関係や他人との心理的境界を健全 に保つ能力に関係があると考えられているが、緊迫した状況でのスト […]

Read More
Image

野菜は心臓を健康にする(2006.06.19掲載)

「自分の動脈をいとおしく思うなら、野菜を食べよう」。マウスの研究で、野菜を豊富に含む食餌を摂取したグループでは、動脈が硬くなるアテローム性動脈硬 化症のリスクを38%低下させることを明らかにした、米ウェイク・フォレスト大 […]

Read More
Image

歯周病は糖尿病や心疾患にも影響(2006.06.15掲載)

乳口腔内の衛生に留意することは、歯を白くして虫歯をなくすだけではなく、全身の健康も向上させることが、多数の研究で明らかにされている。こうした研究は、同時に歯周病がさまざまな健康障害を引き起こすことを示している。 歯周病は […]

Read More
Image

調合乳の鉄分がパーキンソン病に関与(2006.06.15掲載)

乳児用調合乳で育った乳児は高容量の鉄分を摂取しており、成人後のパーキンソン病リスクを上昇させる可能性のあることが、マウスの研究で明らかにされた。 米 医学誌「Neurobiology of Aging」オンライン版6月1 […]

Read More
Image

しわの多い喫煙者は肺疾患のリスク大(2006.06.14掲載)

顔にしわの多い中高年喫煙者は、しわの少ない喫煙者に比べ、慢性閉塞性肺疾患(COPD)にかかる可能性が5倍であることがわかったという。英王立Devon & Exeter病院のBipen Patel博士によるこの研究 […]

Read More
Image

コーヒーが肝硬変リスクを軽減(2006.06.13掲載)

コーヒーを飲むことで、飲酒による肝疾患を予防できる可能性があるという。米国の非営利医療保険組織Kaiser Permanenteの研究グループによるこの報告は、米医学誌「Archives of Internal Medi […]

Read More
Image

新生児の泣きぐずりは親の抱きパターンと関連(2006.06.09掲載)

新生児が過剰に泣いたり、夜寝なかったりするのは、親の抱く時間が影響することが、英ロンドン大学研究者のIan St. James-Roberts氏らの研究で明らかになった 今 回の研究でSt. James-Roberts氏 […]

Read More