image_print
Image

毛髪で摂食障害を診断(2006.10.16掲載)

摂食障害は、患者が自覚していなかったり、隠そうとしたりすることが多いため診断が難しいが、毛髪に含まれる炭素と窒素から拒食症や過食症を判定する新しい検査法が開発され、質量分析専門誌「Rapid Communications […]

Read More
Image

「運動すると寿命が縮む」説、否定される(2006.10.13掲載)

「生涯に消費するエネルギー量が増大しても寿命が短縮する心配はない」とする研究結果が、米バージニアビーチで開催された米国生理学会(APS)で報告さ れた。「rate-of-living」説という学説によると、生物が生涯に消 […]

Read More
Image

甲状腺結節を超音波で破壊する新治療法(2006.10.12掲載)

甲状腺にできたしこり(結節)を強い集束超音波で破壊・除去するという、フランスで開発された新技術の有効性が、ヒトを対象とする初めての試験で示され た。外科手術の回避につながると期待されるこの治療法の成果は、フェニックス(ア […]

Read More
Image

体重管理には長期にわたり警戒感を保つことが重要(2006.10.11掲載)

減量後の体重を維持したいならば、毎日体重を測定し、2kg以上のリバウンドに備えて「行動計画(アクションプラン)」を立てることが勧められている。米医学誌「New England Journal of Medicine」10 […]

Read More
Image

心臓の健康にはオリーブ油よりもクルミがよいかも(2006.10.09掲載)

健康によいとされる地中海料理に用いられるオリーブ油よりも、クルミのほうが心臓の健康には有益である可能性を示唆するスペインの研究が、米国心臓学会(ACC)発行の「Journal of the American Colleg […]

Read More
Image

コーラが女性の骨粗鬆(しょう)症リスクを上昇(2006.10.06掲載)

コーラは女性の骨にはあまり甘くないようだ。米医学誌「American Journal of Clinical Nutrition」10月号掲載の研究で、コーラが女性の骨粗鬆(しょう)症リスクを上昇させることが明らかになっ […]

Read More
Image

小児肥満は運動だけでは予防できない(2006.10.05掲載)

就学前の幼児が活発なのは良いことだが、運動だけでは成長に伴い発生する肥満を防ぐことのできないことが、英グラスゴー大学(スコットランド)の研究で明 らかになった。専門家らは、運動と生活習慣、特に食事の改善を同時に行うことが […]

Read More
Image

癌(がん)克服後も患者を悩ませる「ケモブレイン」(2006.10.05掲載)

癌(がん)で化学療法を受けた元患者が、「ケモブレイン(chemo brain)」と呼ばれる慢性的な記憶力および注意力の障害に悩まされることがある。ケモブレインには、脳の代謝および血流の変化が関わっているという知見が、医学 […]

Read More
Image

腎細胞のニコチン受容体を発見(2006.10.04掲載)

腎細胞にニコチン受容体があることが初めて確認され、米サンアントニオ(テキサス州)で開催された米国心臓協会(AHA)秋季高血圧研究年次集会で発表された。研究を行った米マイアミ大学医学部助教授Edgar A. Jaimes博 […]

Read More
Image

男性も“強迫性買物”に陥る(2006.10.01掲載)

米国成人の20人に1人が買物を止められない、いわゆる“買物依存症”的状況にあるといわれるが、これは女性に限られたものではなく男性もこの「強迫性買 物 (購入)compulsive buying」を […]

Read More