image_print
Image

穀物繊維を豊富に含む食事が2型糖尿病を予防(2007.5.28掲載)

穀物繊維やマグネシウムを豊富に含む食事が、成人で生じることの多い2型糖尿病の発症リスクを抑えることが、ドイツ栄養学研究所German Institute of Human Nutrition Potsdam-Rehbru […]

Read More
Image

インスリン分泌量が多い人には低炭水化物ダイエット(2007.5.24掲載)

インスリン分泌量の多い人は、低脂肪、高炭水化物の食事を摂るよりも、脂肪分がやや多めで精製炭水化物の少ない食事を摂る方が体重を減らしやすいことが新しい研究で示され、米国医師会誌「JAMA」5月16日号に掲載された。

Read More
Image

マルチビタミンの過剰摂取で前立腺癌(がん)リスク増大(2007.5.24掲載)

マルチビタミンを過剰に摂取すると男性の前立腺癌(がん)リスクが増大するという報告が、米国立癌研究所(NCI)発行の医学誌「Journal of the National Cancer Institute」5月16日号に掲 […]

Read More
Image

若年女性は心臓発作の初期徴候を見逃しやすい(2007.5.21掲載)

55歳未満の女性は心臓発作の症状を見逃して手遅れになりやすいことが、新しい研究によって明らかにされ、ワシントンD.C.で開催された米国心臓協会(AHA)の「心血管疾患および脳卒中における医療の質と転帰に関する研究フォーラ […]

Read More
Image

食事の「エネルギー密度」を減らして減量(2007.5.21掲載)

減量したければ、食事の「エネルギー密度」を減らせばよい―つまり、果物や野菜、低脂肪乳製品、スープなど水分を多く含みカロリーの低い食品を摂取することで体重が減少することが、新しい研究によって明らかにされた。

Read More
Image

iPodが心臓ペースメーカーに悪影響(2007.5.17掲載)

iPod(アイポッド)などの携帯音楽プレーヤーが、心臓ペースメーカーの誤作動をもたらす可能性のあることが米国の高校生による研究で示され、デンバーで開催された米国不整脈学会(HRS)年次集会で発表された。

Read More
Image

アスピリン服用と車の運転はどちらが危険か(2007.5.17掲載)

近年、医師や患者の間で薬剤の安全性に対する関心が高まってきているが、薬剤によるリスクと、さまざまな職業、娯楽、交通手段などによるリスクを比較した研究結果が、医学誌「Health Affairs」5/6月号に掲載された。 […]

Read More
Image

受動喫煙がアルツハイマー病のリスクを増大(2007.5.14掲載)

たばこを間接的に吸う受動(二次)喫煙がアルツハイマー病などの認知症リスクを高めることが、新しい研究によって明らかにされた。これまでの研究でも、受動喫煙と心血管疾患との関連性、動脈硬化症と認知症のリスク増大との関連は示され […]

Read More
Image

緑茶が関節リウマチの症状を軽減(2007.5.14掲載)

緑茶に心血管疾患や癌(がん)の予防作用があることは知られているが、関節リウマチ(RA)の炎症や疼痛の軽減にも有用であることが、新しい研究で示唆され、ワシントンD.C.で開かれた米国実験生物学会(Experimental […]

Read More
Image

年1回の注射で女性の骨折リスクが軽減(2007.5.10掲載)

一般的な骨粗鬆(しょう)症薬であるゾレドロン酸を年1回注射することで、高齢女性の骨折リスクが大幅に軽減されるという報告が、米医学誌「New England Journal of Medicine」5月3日号に掲載された。 […]

Read More