image_print
Image

薬剤溶出ステント、FDAは継続の姿勢(2006.12.08掲載)

薬剤溶出性のステント(血管を開いた状態に保つ円筒形の金属メッシュ)が、凝血や心臓発作による死亡リスクを増大させることが複数の研究で示されたことを 受けて、米国食品医薬品局(FDA)諮問委員会によって2日間にわたる討議が行 […]

Read More
Image

高蛋白(たんぱく)食は癌(がん)リスクを高める(2006.12.07掲載)

低蛋白(たんぱく)食はある種の癌(がん)から身体を守り、高蛋白食は癌リスクを上昇させることが、米医学誌「American Journal of Clinical Nutrition」12月号掲載の研究で明らかになった。 […]

Read More
Image

抜け毛防止薬が前立腺癌(がん)検査値に影響(2006.12.05掲載)

抜け毛防止用の内服薬プロペシア(商品名)によって、前立腺癌(がん)のスクリーニングに用いられる前立腺特異抗原(PSA)検査の結果が変化し、疾患の 有無が不明確になるという知見が報告された。米ブリガム・アンド・ウィメンズ病 […]

Read More
Image

誤解を招きやすい処方薬の服用指示(2006.12.01掲載)

大学教育を受けた人も含めて、多くの人が処方薬の指示内容の解釈に苦労していることが、米国内科学会誌「Annals of Internal Medicine」12月号掲載の研究で明らかになった。研究者は、米国では医薬品の指示 […]

Read More
Image

妊婦の抗うつ薬使用に警告(2006.11.29掲載)

胎児に障害が生じるリスクがあるため、妊婦または妊娠を予定している女性は、抗うつ薬パロキセチン(商品名:パキシル)の使用を避けるべきとの米国産婦人科学会(ACOG)による警告が、同学会誌「Obstetrics & […]

Read More
Image

有名ブランドは脳に刻まれる(2006.11.28掲載)

マーケター(製品づくりの一切を取り仕切る人)は、神経学的な見方をすると、消費者をとえる手段を心得ているかもしれない。若者を対象にリアルタイム機能 MRI(fMRI)を用いた研究で、馴染みのあるブランドは、知名度の低いブラ […]

Read More
Image

マンモグラフィーに匹敵する新しい乳癌(がん)画像診断法

マンモグラフィー(乳房X線撮影)に匹敵する新しい乳癌(がん)画像診断法の中間報告が、シカゴで開催の北米放射線学会(RSNA)年次集会で発表され た。この診断法は、円錐ビーム(コーン状ビーム)乳房CT(CBBCT)スキャン […]

Read More
Image

遺伝子のコピー数の個人差は予想以上に大きい(2006.11.22掲載)

「コピー数多型(CNV)」と呼ばれる遺伝子コピー数の個人差が予想以上に多く存在することが、東京大学先端科学技術研究センターの油谷浩幸教授らを含め た国際チームによる研究で明らかになり、英科学誌「Nature」11月23日 […]

Read More
Image

心臓の全組織のもととなる胚性幹細胞を発見(2006.11.22掲載)

「マスター」胚性心臓幹細胞と呼ばれる細胞が、心臓形成において重要な役割を果たしていることが、医学誌「Cell」11月22日号オンライン版掲載の米ハーバード大学(ボストン)の研究で明らかされた。 ヒトの心臓はいくつかの細胞 […]

Read More
Image

長距離ランナーは皮膚癌(がん)リスクが高い(2006.11.21掲載)

メラノーマ(黒色腫)などの皮膚癌(がん)リスクが、長距離ランナーで高いことが、ヨーロッパの研究で明らかにされた。メラノーマは致死率が高く、侵襲性 の高い癌の一種。これまでの研究では、マラソンなどの高レベルの紫外線に曝露さ […]

Read More