image_print
Image

妊娠中の片頭痛が心疾患、脳卒中に関連(2007.5.10掲載)

妊娠中に片頭痛のある女性は、脳卒中、心臓発作などの血管障害が生じる可能性が有意に高いことを示した研究が、ボストンで開催された米国神経学会(AAN)年次集会で発表された。

Read More
Image

アルコール乱用による脳への影響は女性でよりハード(2007.5.7掲載)

アルコール乱用による知性の損失は、たとえ少ない量での短期間摂取でも、男性に比べ女性で大きいことが、医学誌「Alcoholism: Clinical and Experimental Research」5月号掲載の研究で明 […]

Read More
Image

多発性硬化症診断数の男女差さらに広がる(2007.5.7掲載)

多発性硬化症(MS)の診断数は、男性に比べ女性に多いことが従来から指摘されているが、過去60年間でその差が著しく広がっていることが、先ごろボストンで開催された米国神経学会(AAN)で明らかにされた。研究者によると、以前は […]

Read More
Image

人体への悪影響はガソリンと大差ないエタノール燃料(2007.4.30掲載)

エタノールは環境に優しい、クリーンな自動車燃料として推奨され、日本でも輸入製品が出回り始めたが、手放しで歓迎とはいかないようだ。同製品の広範囲での使用が、将来的に呼吸器疾患による死亡や入院の増加を招くことが、科学誌「En […]

Read More
Image

不眠症の影響は夜更かし族でより大きい(2007.4.30掲載)

不眠症の影響は、その人の睡眠習慣により異なるようだ。「夜更かし族」は、早寝を好む人より不眠症のもたらす身体的、精神的苦痛が大きく、また、全体的な睡眠時間は比較的多いにもかかわらず、不眠症に対するストレスの強いことが米国の […]

Read More
Image

交感神経切断術で多汗症を抑制(2007.4.26掲載)

皮膚の汗腺を刺激する神経を切断する外科手術が、多汗症治療に有用であることが新しい研究で示された。 過剰な発汗に悩む多汗症患者は、世界人口の3%にあたる約1億9,700万人存在するといわれる。通常の3~4倍量の発汗がみられ […]

Read More
Image

野菜や果物が癌(がん)を撃退(2007.4.26掲載)

野菜や果物の摂取により、さまざまな癌(がん)のリスクが減少することを示した3つの研究が、ロサンゼルスで開催された米国癌学会(AACR)年次集会で報告された。 米国立癌研究所(NCI)のNeal Freedman氏らによる […]

Read More
Image

たばこの味を落とす食品、禁煙の手段にも(2007.4.23掲載)

チーズ1切れ、水1杯、ブロッコリー1皿に共通するものは何か? 米医学誌「Nicotine & Tobacco Research」4月号掲載の研究では、これらの食品を摂取した後はたばこの味が落ち、逆に、肉やアルコー […]

Read More
Image

テレビを見ながらの食事は子供の健康を損なう(2007.4.23掲載)

どのような意味においても、家族一緒に食事をし、その際はテレビをつけないことが望ましい。低所得者層で学齢前の小児がいる家庭では、家族一緒の食事の効用が、食事時にテレビを視聴することで打ち消されることが、米医学誌「Journ […]

Read More
Image

関節リウマチ薬が2型糖尿病治療にも有用(2007.4.19掲載)

若年性関節リウマチ(RA)治療用にデザインされた薬剤anakinra(商品名:Kineret※日本国内では未承認)が、2型糖尿病の管理にも有用であることがスイス、チューリッヒ大学病院のMarc Donath博士らの研究に […]

Read More