image_print
Image

歯科X線検査で骨粗鬆(しょう)症が明らかに(2007.4.2掲載)

歯科での一般X線検査が、女性の骨粗鬆(しょう)症のリスクを特定する上で鍵となることが、米ニューオリンズで開かれた国際歯科研究協会(IADR)年次集会で報告された。英国の研究チームが、新しく開発された歯科X線検査から得られ […]

Read More
Image

中年女性を襲う摂食障害の危険性(2007.3.26掲載)

空腹に耐えてやせ細ることが、気分よくて止められない。食べたいだけ食べ、後で家族に知られないようにこっそり下剤を飲む。こうした拒食症や過食症は、かつては10代の少女の健康問題と考えられていたが、最近では、中年女性で増加して […]

Read More
Image

買物リストでは健康食は選択できない(2007.3.26掲載)

スーパーマーケットへ行く前に買物リストを書き出す行為は、衝動買いの入り込む隙を作り出す。さまざまな食品を思い出す過程が、クッキーやポテトチップなど、非健康的な食品をリストに載せてしまうきっかけになるようだ。

Read More
Image

米食品医薬品局が睡眠薬に対する警告を強化(2007.3.22掲載)

一般的に使用されている処方睡眠薬に、危険を伴う副作用を引き起こす可能性のあるとの警告を、先ごろ米国食品医薬品局(FDA)が発表した。この副作用には、重篤なアレルギー反応のほか、完全に目覚めていない状態で車を運転し、そのこ […]

Read More
Image

降圧薬のACE阻害薬に肺癌(がん)縮小効果(2007.3.22掲載)

高血圧の治療に広く使用されているアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬に、肺癌(がん)を縮小させる効果のあることがマウスの研究で示された。ヒトでの研究も近く予定されており、有害性の少ない治療効果が得られることになれば、 […]

Read More
Image

先天性欠損を減らす「スーパートマト」を開発(2007.3.19掲載)

先天性欠損や貧血、そのほかの葉酸の欠乏が関連する疾患を減らすことが期待できる、葉酸強化 の“スーパートマト”が、米国の研究者らによって開発された。 ビタミンB群の一つである葉酸の欠乏は、二分脊椎な […]

Read More
Image

「怒りの遺伝子」が感情表現に拍車をかける(2007.3.19掲載)

遺伝子変異が女性により怒りと敵意を持たせ、さらには心疾患など医学上の問題を引き起こさせることが、先ごろハンガリーで開催された米国心身医学会(APS)年次集会の研究で明らかにされた。脳に影響を与える遺伝子を研究したまだ初期 […]

Read More
Image

抗酸化サプリメントの種類によっては死亡リスクを高めるものあり(2007.3.12

「抗酸化antioxidant」という言葉は、健康志向の人には「病気に対抗する良いもの」と同義語になっている。しかし、この抗酸化サプリメント(栄養補助食品)を摂取しすぎると体に悪いとする研究が報告され、論議を呼んでいる。 […]

Read More
Image

テレビの見すぎは幼児の食生活を悪化させる(2007.3.12掲載)

テレビの視聴時間が長い幼児は食事内容が悪くなることが、先ごろ米オーランドで開かれた米国心臓協会(AHA)主催の「心血管疾患の疫学と予防」に関する年次集会で報告された。研究では、テレビの視聴時間と粗悪な食事の関係は、視聴時 […]

Read More
Image

禁煙すれば動脈が若返る(2007.3.29掲載)

喫煙により硬化した動脈が、禁煙することで徐々に弾力性を取り戻すことがアイルランドの研究で示された。これまでは、動脈が一度硬くなると元には戻らないとされてきた。動脈が正常な状態に戻るまでにはしばらくの期間を要するため、禁煙 […]

Read More