image_print
Image

大腸癌(がん)リスクは男性の方が高い(2006.11.01掲載)

大腸癌(がん)の原因となるポリープは、女性よりも男性に多くみられることを示したポーランドのグループによる研究が、「New England Journal of Medicine」11月2日号に掲載された。大腸癌検診ガイド […]

Read More
Image

カレー成分がアルツハイマー病予防に効果(2006.10.27掲載)

カレーやターメリックの成分であるクルクミンが、アルツハイマー病患者の脳に蓄積して老人斑(プラーク)を形成し、損傷を与える蛋白(たんぱく)質アミロ イドベータを排除するマクロファージ(大食細胞)の免疫機能を活性化させる役割 […]

Read More
Image

患多くの人が減量サプリメントの誇大広告に惑わされている(2006.10.27掲載)

多くの米国成人が、減量サプリメント(栄養補助食品)を安全で効果的だと考えていることが、米コネチカット大学調査研究・分析センター(CSRA)の調査結果で明らかになり、先ごろボストンで開かれた米国肥満学会年次集会で発表された […]

Read More
Image

患者の血小板でテニス肘治療に成功(2006.10.24掲載)

患者自身の血小板によるテニス肘の治療に成功したという報告が、医学誌「American Journal of Sports Medicine」11月号に掲載された。米スタンフォード大学(カリフォルニア州)メディカルセンター […]

Read More
Image

スタチンに喫煙者の肺機能維持効果(2006.10.23掲載)

米国では何百万人もの患者がコレステロール降下薬のスタチン系薬剤を使用しているが、そのスタチンが喫煙者や元喫煙者の肺によい作用をもたらし、重度の頸 動脈閉塞への効用もあることがわかった。この2研究は、ニューオーリンズで開催 […]

Read More
Image

大量のパン食が腎臓癌(がん)をもたらす(2006.10.20掲載)

腎臓癌(がん)患者と非患者の食物摂取を比較したイタリアの研究で、パンを大量に摂食している人では、少量の摂食者に比べ腎臓癌のリスクが2倍高いことが 明らかになった。しかし、米国の専門家は、こうした研究は再現性と一貫性が必要 […]

Read More
Image

iPodの音量に注意あれ(2006.10.20掲載)

人気の高いiPodなどのMP3プレーヤーを最大音量で1日5分聴くと、聴覚に回復不能な障害を与えることが、米ボストン小児病院(ボストン)診断聴覚学プログラム責任者のBrian J. Fligor氏らの研究で明らかになった。 […]

Read More
Image

魚食の効用はリスクを上回る(2006.10.17掲載)

魚類摂取には、汚染物質などによるリスクを大きく上回る健康面での効果があることが、2つの研究で明らかにされた。米ハーバード大学(マサチューセッツ 州)による研究は、米国医師会誌「JAMA」10月18日号に掲載、もう一方の米 […]

Read More
Image

毛髪で摂食障害を診断(2006.10.16掲載)

摂食障害は、患者が自覚していなかったり、隠そうとしたりすることが多いため診断が難しいが、毛髪に含まれる炭素と窒素から拒食症や過食症を判定する新しい検査法が開発され、質量分析専門誌「Rapid Communications […]

Read More
Image

「運動すると寿命が縮む」説、否定される(2006.10.13掲載)

「生涯に消費するエネルギー量が増大しても寿命が短縮する心配はない」とする研究結果が、米バージニアビーチで開催された米国生理学会(APS)で報告さ れた。「rate-of-living」説という学説によると、生物が生涯に消 […]

Read More