image_print
2016_2016feb25tn1

子育てが免疫系に変化をもたらす可能性(2016.2.25掲載)

  • 25 2月 2016
  • By Andy

子育てはストレスが多く、睡眠時間を奪われる仕事であることは誰もが知っているが、子どもをもつことにより免疫系にも変化が生じる可能性が、新たな研究で示された。その影響力はインフルエンザワクチンや、お腹の風邪と呼ばれる胃腸炎よ […]

Read More
2013junbcno.3

運動が乳癌リスクを低減する仕組みの新しい手がかりが判明

  • 10 10月 2014
  • By Andy

運動をする高齢女性では体内のエストロゲンやその分解産物の濃度が低いという研究論文が、米ワシントンDCで開催された米国癌研究学会(AACR)年次集会で発表された。これにより、おそらく、運動が乳癌リスクを低減する理由の説明が […]

Read More
2013julybc18-1

進行乳癌の治療方針決定にDNA検査が有用(2013.7.17掲載)

進行乳癌患者における治療反応評価に、血中腫瘍細胞由来の異常DNA検出が役立つ可能性があるという研究論文が、「New England Journal of Medicine」3月14日号に掲載された。

Read More
2013julybc18-2

50歳以上なら、チェックリストで10年後の生存が予測できる(2013.7.17掲載)

高齢患者が今後10年間生存するかどうかを医師が推定する際に、簡単なチェックリストが役立つ可能性があるという研究論文が、JAMA3月6日号に掲載された。研究者らは、本所見が高齢者と医師がよりよい治療決定に至るのに役立ってほ […]

Read More
2013julybc18-3

遺伝子検査でリスクのある乳癌タイプを予測できる可能性(2013.7.17掲載)

遺伝子検査で、女性の乳癌タイプを特定できる可能性が新しい研究で示された。特定の遺伝子の過剰発現あるいは過少発現により、エストロゲン受容体(ER)陽性癌かER陰性癌かを見分けることができ、患者の乳癌リスクを減少する適切な処 […]

Read More
2013julybc17-1

高齢女性へのマンモグラフィ検査は隔年でも毎年でも同程度に有効(2013.7.17掲載)

66~74歳の女性において、2年ごとにマンモグラフィ検査を実施する場合、年1回検査する場合と同程度の効果が見込まれるという研究論文が、「Journal of the National Cancer Institute」オ […]

Read More
2013julybc17-2

進行期乳癌と診断される若年女性が30年間で増加(2013.7.17掲載)

進行期乳癌と診断される若年女性は、1970年代以降、わずかだが着実に増加しているという研究論文が、「Journal of the American Medical Association」2月27日号に掲載された。

Read More
2013julybc17-3

乳房インプラントの決定前に考慮すべき注意事項(2013.7.17掲載)

米国食品医薬品局(FDA)によると、乳房インプラントを検討している場合、決定前に知っておくべきいくつかの事項がある。

Read More
2013julybc16-1

幹細胞技術による老化T細胞の若返りが、HIVや癌の治療に役立つ可能性(2013.7.17掲載)

将来、幹細胞技術が疲弊した免疫細胞に新たな生命を与えることで、HIV、癌などの疾患に効果的に対抗できるようになるだろうという2報の研究論文が、「Cell Stem Cell」1月4日号に掲載された。

Read More
2013julybc16-2

少女を含む米国女性において暴飲が一般化 -乳癌や性感染症のリスクが増加(2013.7.17掲載)

少女を含む米国女性において、暴飲は重大な問題であり、女子高校生の5人に1人、若年女性の8人に1人は頻繁に暴飲しているとの報告が、米国疾病管理予防センター(CDC)からなされた。

Read More