image_print
2013julybc16-3

米国の癌死亡率が1991年より20%減少 ―早期診断と治療向上が貢献(2013.7.17掲載)

過去20年で米国の癌による死亡率が、少なくとも5分の1減少したという米国癌協会(ACS)の癌統計報告書のレポートが、「CA: A Cancer Journal for Clinicians」1/2月号に掲載された。199 […]

Read More
2013julybc15-1

タモキシフェンの服用期間が長くなると、乳癌の再発・死亡が減少(2013.7.17掲載)

乳癌治療薬であるタモキシフェンを、標準的な5年間ではなく10年間服用した場合、長期再発率および乳癌死リスクがさらに減少するという研究結果が、サンアントニオ乳癌シンポジウムにおいて公表されるとともに、「Lancet」オンラ […]

Read More
2013julybc15-2

進行乳癌患者への術前化学療法は35歳以下の若年患者でより奏効(2013.7.17掲載)

進行乳癌患者への術前化学療法は、若年患者でベネフィットがあるという新しい研究結果が、2012年サンアントニオ乳癌シンポジウムで発表された。

Read More
2013julybc14-1

癌などの健康障害を有する女性ではビタミンD欠乏リスクが増大(2013.7.17掲載)

ビタミンD値は冬期に減少することが知られているが、特定の健康障害を有する女性では、より顕著にビタミンD値が減少する可能性があるという研究結果が、米国臨床病理学会の年次学術集会(ボストン)において公表された。

Read More
2013julybc14-2

40歳以降の身体活動により平均寿命が最長7年間延長する可能性(2013.7.17掲載)

「健康的に長く生きたければ、必ず運動するべきだ」という昔ながらの教えは正しかったようだ。40歳以降に身体活動を維持すると、寿命が2~7年間延長すると考えられるという研究結果が「PLoS Medicine」オンライン版に1 […]

Read More
2013julybc13-1

天然痘ウイルスがトリプルネガティブ乳癌に有効という動物実験結果(2013.7.17掲載)

特に悪性度の高い乳癌細胞に一種の天然痘ウイルスを感染させ、癌細胞を死滅させることが可能であるとの新たな動物実験の結果が、米国外科学会(シカゴ)において公表された。

Read More
2013julybc13-2

乳癌に対する標的放射線照射によって合併症が増加する可能性(2013.7.17掲載)

小線源治療という標的を定めた放射線療法では、全乳房照射と比較して、乳癌患者における合併症発現率が高いという研究論文が「Journal of Clinical Oncology」10月号に掲載された。

Read More
2013julybc13-3

乳癌放射線治療で長期的心疾患リスクは上昇しない(2013.7.17掲載)

早期乳癌患者が放射線療法を受けた場合、長期的な心疾患リスクが高まるのではないかという懸念を払拭した研究結果が、ボストンで開催された米国放射線腫瘍学会(ASTRO)で報告された。

Read More
2013julybc12-1

乳癌治療後には「ケモブレイン」が生じうる(2013.7.17掲載)

化学療法を受けた乳癌患者には、「ケモブレイン」と総称される軽度の精神障害リスクがあるとの研究論文が、「Journal of Clinical Oncology」オンライン版に8月27日掲載された。米モーフィット癌センター […]

Read More
2013julybc12-2

悪性度が極めて低い乳癌にも10年超の長期リスクあり(2013.7.17掲載)

最も一般的で悪性度が極めて低い乳癌の患者にも、診断後10年を超えてからの死亡リスクがあるとの新たな長期研究の結果が「Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention」に9月 […]

Read More