image_print
businessman with indigestion or stomach pain

慢性的な胸やけがある人は頭頸部がんにも注意すべき?

  • By

胃酸の逆流によって慢性的な胸やけをもたらす胃食道逆流症(GERD)が、頭頸部がんのリスクに関連することが新たな研究で示された。GERD患者は高齢者を中心に数多く、珍しい疾患ではない。しかし、これまでにGERDが食道がんや […]

Read More
1-1 HDN12月28日「今日のニュース」No.2

新たな機序のがん治療薬、幅広い種類のがんで有望な成績

  • By

がんに関わるシグナル伝達経路の異常を標的とした新たな作用機序のがん治療薬が、種類を問わずさまざまな固形がんの患者の治療に有望であることが予備的な臨床試験によって明らかになった。この試験の成績は「Cancer Discov […]

Read More
Woman placing her arms on her head while standing in front of a machine in an examination room

化学療法受けない早期乳がん患者が増加

  • By

近年、早期乳がん患者に対する化学療法の実施件数が減少傾向にあることが、米スタンフォード大学内科・健康研究准教授Allison Kurian氏らによる研究で明らかになった。同氏らは「一部の早期乳がん患者では化学療法の(副作 […]

Read More
1-2 HDN12月21日「ヘルスハイライト」No.1

心臓以外の手術でも7人中1人に術後の心筋障害リスク

  • By

以前から、心臓以外の手術(非心臓手術)が術中あるいは術後の心筋障害(周術期心筋障害;PMI)のリスクや、それによる死亡リスクを上昇させる可能性が指摘されている。PMIは明らかな症状がないことが多いため見逃されやすいが、そ […]

Read More
1-1 HDN12月18日「今日のニュース」No.2

早期乳がん患者の内分泌療法、より短期間でも予後変わらず

  • By

ホルモン受容体陽性の早期乳がん患者への内分泌療法の期間は5年間が標準とされていたが、その後さらに5年間継続しても、2年間継続した場合と比べて予後に差はないことがオーストリアで実施されたランダム化比較試験(RCT)で示され […]

Read More
Nutritional label with focus on fats.

脂質の摂取がDPP-4阻害薬の血糖降下作用に影響する可能性 関電研究所

  • By

関西電力医学研究所糖尿病研究センターの清野裕氏と矢部大介氏らの研究グループは、日本人の2型糖尿病患者において、脂質の中でも飽和脂肪酸の摂取はDPP-4阻害薬の単剤治療による血糖降下作用を減弱させる可能性があると発表した。 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース12月7日配信2

世界のがんの約6%は過体重と糖尿病が原因

  • By

2012年に世界175カ国で発症したがんの5.6%は糖尿病や肥満が原因であることが、「The Lancet Diabetes & Endocrinology」11月28日オンライン版に掲載された新たな研究で報告さ […]

Read More
Senior doctor talking with patient and tablet in office

65歳以上のがん診断例、4人中1人が過去にもがんを経験

  • By

65歳以上でがんと診断された米国人の4人中1人を、以前にも同じ部位あるいは別の部位のがんを経験したことのある「がんサバイバー」が占めていることが米テキサス大学サウスウェスタン医療センターのCaitlin Murphy氏ら […]

Read More
4.1.1

「砂糖に心疾患やがんのリスク」業界団体がデータ隠蔽か

  • By

砂糖の主成分であるショ糖が心疾患や膀胱がんのリスクを高める可能性を示唆した約50年前の研究結果を、米国の砂糖の業界団体が隠蔽し続けてきたと指摘する論文が「PLOS Biology」11月21日オンライン版に掲載された。内 […]

Read More

口腔がんの症状を知ろう

  • By

口腔がんを診断される人が最も多い年齢層は主に55~64歳です。女性よりも男性に多く、2017年に診断される全てのがんのうち約3%を占めると推定されます。

Read More