image_print
1-2 HDN10月30日「ヘルスハイライト」No.1

手足の冷却で抗がん薬による「しびれ」の副作用が軽減

  • By

抗がん薬の点滴中に冷却したグローブとソックスを着用して手足を冷やすことで、抗がん薬の副作用として問題となることの多い手足のしびれなどの末梢神経障害を予防できる可能性が新たな研究で示された。詳細は「Journal of t […]

Read More
AA009537

米国人男性の9人中1人に口腔内HPV感染

  • By

近年、口腔内のヒトパピローマウイルス(HPV)感染が認められる頭頸部がん患者が劇的に増加している。こうした中、米国では口腔内にHPVが感染した18~69歳の男性が約1100万人に上るとの研究結果が「Annals of I […]

Read More
4.1.1

人工知能が高リスク病変のがん化を97%の精度で予測

  • By

人工知能を利用することで、マンモグラフィ検査と生検で見つかった乳房の「高リスク病変」ががん化するかどうかを97.4%の確率で正確に予測できる可能性が新たな研究で示された。研究を実施した米マサチューセッツ総合病院のMani […]

Read More
Kidney

慢性腎臓病の治療に既存薬の可能性 マウス実験で多発性骨髄腫治療薬が腎線維化を抑制

  • By

東京医科歯科大学大学院腎臓内科学教授の内田信一氏と森崇寧氏らの研究グループは、これまで保存的治療しか手段がなかった慢性腎臓病(CKD)の治療に、多発性骨髄腫治療薬のボルテゾミブが有効な可能性があることをマウス実験で突き止 […]

Read More
HOLLYWOOD - JULY 21:  Actress Angelina Jolie attends the world premiere of the film "Lara Croft Tomb Raider: The Cradle of Life" at Grauman's Chinese Theatre July 21, 2003 in Hollywood, California.  The film releases nationwide July 25, 2003.  (Photo by Kevin Winter/Getty Images)

「アンジー効果」で乳房切除術が倍増―米など2カ国調査

  • By

2013年、米国人女優のアンジェリーナ・ジョリーが乳がんリスクを低減する目的で乳房を切除する予定であることを発表し、話題を呼んだ。ジョリーのこの行動は、各国の一般女性にも大きな影響を与えたことが、米国とオーストラリアの研 […]

Read More
Elderlay woman with oxygen suplement (COPD)

ホスピス利用は「死の直前から」が多い

  • By

死を迎える前の数カ月間、疼痛や抑うつなどのさまざまな苦痛を伴う症状を経験する高齢者は少なくない。しかし、こうした症状を緩和するホスピスケアを受ける高齢者は一部にとどまっており、ケアを受けたとしても死の直前から受け始める場 […]

Read More
1-1 HDN9月25日「今日のニュース」No.1

頸部腫瘤の診断に新指針、米学会

  • By

成人の首にしこり(頸部腫瘤)ができることは珍しくない。こうした頸部腫瘤の原因としては、細菌やウイルスの感染のほか、良性および悪性の腫瘍が考えられるが、原因の特定が難しい場合も多いという。そこで米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 […]

Read More
Cancer survivor is concerning about her future

米国のがん死亡率は引き続き低下、ただし課題も

  • By

米国がん学会(AACR)は9月13日、最新データに基づき米国のがんの概況をまとめた報告書「Cancer Progress Report」を発表し、米国では1991年から2014年にかけてがんによる死亡率が小児で35%、成 […]

Read More
African American patient explaining issues to Asian doctor using tablet

「細胞診の代わりにHPV検査のみでもOK」子宮頸がん検診で指針案

  • By

米国予防医療作業部会(USPSTF)は9月12日、子宮頸がん検診に関する新たな勧告の草案を公表し、「30~65歳の女性は細胞診(Pap検査)の代わりにヒトパピローマウイルス(HPV)検査のみによる検診を選択してもよい」と […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.1

10秒でがんを検出できるペン型装置を開発

  • By

術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定できるペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発した。同グループは「将来この装置が実用化されれば、手術でがん組織の取り残しを回避できるだけ […]

Read More