image_print
1HDN7月17日「パッケージニュース」No.2

屋外作業時は「体感温度30度未満」でも熱中症に注意

屋外で長時間の作業に従事する人は、熱指数(Heat Index)が華氏85度(摂氏29.4度)程度であっても熱中症で死に至る可能性のあることが、米国労働安全衛生局(OSHA)のAaron Tustin氏らによる研究で明ら […]

Read More
1HDN6月18日「パッケージニュース」No. 2

湿度が高くてもインフルエンザウイルスの感染力は弱まらない?

インフルエンザウイルスは湿度が高いほど生存率は低下すると広く考えられているが、高湿度の環境下でもウイルスの感染力は弱まらない可能性のあることが新しい研究で示唆された。研究グループは、咳やくしゃみにより空気中に飛び散った気 […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 1

米国同棲カップルの特徴は?

多くの人は、恋人としばらく付き合って「この人」と思えれば、次の段階は結婚と考える。しかし、米国の新たな研究によれば、結婚が唯一の選択肢とは考えていない人も多いという。米疾病対策センター(CDC)による研究で、性的な経験が […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 2

犬がカモメを追い払えば湖岸がきれいに

犬が湖岸の細菌汚染を防ぐかもしれない。カモメの糞によって大腸菌(E. coli)が広がると湖岸を閉鎖することになるが、犬に湖岸を巡回させ、カモメを追い払うことが湖岸閉鎖の減少に有効であることが、新たな研究で示唆された。こ […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 4

HPVワクチンで自己免疫疾患リスク増は認められず

女児への4価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの予防接種は、自己免疫疾患リスクを上昇させなかったという新たな研究の結果が「Canadian Medical Association Journal(CMAJ)」5月2 […]

Read More
1HDN5月31日「パッケージニュース」No. 1

感染症重症化に蚊の唾液が関連か

蚊に刺されたときに体内に侵入する唾液は、それだけでもヒト免疫系に予想外の多様で複雑な変化をもたらすことを米ベイラー医科大学教授のRebecca Rico-Hesse氏らが突きとめた。こうした免疫系の変化により、蚊の唾液は […]

Read More
1HDN5月31日「パッケージニュース」No. 2

地中海食で大気汚染による健康への害を緩和できる?

果物や野菜、豆類が中心で加工食品の摂取が少ない地中海食は、心臓に良い食事法として長年評価されている。新たな研究で、地中海食には大気汚染による健康への有害な影響を防ぐ効果があり、心筋梗塞や脳卒中などによる死亡リスクを低減で […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」No. 2

プールやスパは危険な病原体の温床

夏の楽しみであるプールやスパ(温水浴槽)、水遊び場は、危険な病原体の温床となる可能性があり、中には死亡に至る事例もあることが、米疾病対策センター(CDC)の下部組織である米国立新興・人獣共通感染症センター(NCEZID) […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」No. 3

米国の肺がん検診受診率、2%に届かず

米国で実施された調査で、肺がんリスクが高い喫煙者や元喫煙者のうち、2016年に肺がん検診を受診した人の割合は2%に満たないことが分かった。米国では、このような高リスク者に対して低線量CT(LDCT)による肺がん検診を推奨 […]

Read More
1HDN5月21日「パッケージニュース」No. 2

「禁煙」の部屋でもたばこ煙残留物が蓄積

誰もたばこを吸わない部屋にも有害なたばこの煙の残留物が潜む可能性があることが報告された。米ドレクセル大学の研究者らが行った新しい研究により、誰もいない禁煙の教室内でも、空気中にたばこの煙の残留物(副流煙残留物)に関連する […]

Read More