image_print
american dollars in the hands

中年期に財産失うと死亡リスク1.5倍に

中年期になんらかの理由で財産のほとんどを失う経験をすると、余命が短縮する可能性があることが、米ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部のLindsay Pool氏らの研究から明らかになった。貯蓄や不動産、株などを含む財産 […]

Read More
Worried couple doing their accounts in the living room at home

米国民が恐れているのは病気よりも医療費

米国人が恐れているのは病気よりも高額な医療費であることが、米シカゴ大学全国世論調査研究センター(NORC)と米ウエストヘルス研究所のグループが実施した調査で分かった。調査では、医療費の高さを理由に勧められた治療や検査を受 […]

Read More
young female smoker smoking e-cigarette outdoors. Head and shoulders, side view

電子たばこ規制の先延ばしでFDAを提訴、米学会など

米食品医薬品局(FDA)が予定していた電子たばこや葉巻(シガー)の規制を延期したのは違法であり、公衆衛生に脅威をもたらすとして、米国小児科学会(AAP)など複数の学会・団体が3月27日、米メリーランド州の連邦裁判所に提訴 […]

Read More
1 HDN4月5日「パッケージニュース」No.3

世界の抗菌薬使用量、2000年から4割増

抗菌薬が効かない薬剤耐性菌の拡大が、世界中の人々の健康に対する脅威となっている。その主な原因として、抗菌薬の過剰処方の問題が指摘されている。こうした中、この16年間に世界で人口1,000人当たりの抗菌薬の使用量が39%増 […]

Read More
1 HDN4月2日「パッケージニュース」No.1

職場の騒音、血圧や脂質にも悪影響か

職場の騒音は難聴の原因になるだけでなく、血圧値や脂質値を上昇させる可能性があることが米疾病対策センター(CDC)傘下の米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)のグループによる研究から明らかになった。研究では、米国の労働者の […]

Read More
1-1 HDN3月29日「今日のニュース」No.1

タミフルと小児の自殺リスク、関連認められず

1~18歳の小児がインフルエンザ治療薬のオセルタミビル(商品名タミフル)を使用しても自殺リスクは上昇しないことが、米イリノイ大学シカゴ校(UIC)のJames Antoon氏らの研究から明らかになった。この研究結果は「A […]

Read More
Airplane cabin aisle with rear view and seats

飛行機の機内で感染リスクが高い座席は?

飛行機の機内で呼吸器感染症患者から感染するリスクは、患者の座席の前後1列および左右2座席以内が最も高く、それ以上離れた席であればリスクは極めて低いことが、米エモリー大学のVicki Stover Hertzberg氏らに […]

Read More
1-1 HDN3月26日「今日のニュース」No.1

大腸内視鏡検査で死亡リスク減、大規模研究で確認

大腸内視鏡検査は多くの人の命を救うことが大規模研究で確認された。米リチャード・L・ルードブッシュ退役軍人(VA)医療センターのCharles Kahi氏らがVA医療システムの患者約2万5,000人のデータを用いて症例対照 […]

Read More
4.1.1

10年前の金融危機、米国人の血圧や血糖にも影響か

2008年のリーマン・ショックに端を発した金融危機は、失業者の増加や賃金の低下だけでなく、米国人の健康にも大きく影響したことが米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)デービッドゲッフェン医学部老年医学のTeresa […]

Read More
1-1 HDN3月22日「今日のニュース」No.1

がん治療薬の「経済的毒性」で米大統領諮問委が提言

がん治療は近年、目覚ましい進歩を遂げたが、その一方で多くの新薬の価格が高騰した。米大統領がん諮問委員会は3月13日に発表した報告書 「Promoting Value, Affordability, and Innovat […]

Read More