image_print
Røg fra skorsten fra kraftvarmeværket Amagerværket.

空気清浄機で大気汚染による心臓へのダメージを低減できる可能性

  • By

高レベルの大気汚染は心血管などの状態を悪化させることが指摘されているが、空気清浄機を使用することでそのダメージから身を守ることができる可能性が中国の小規模研究で示唆された。詳細は「Circulation」8月15日号に掲 […]

Read More
1-2 HDN8月24日「ヘルスハイライト」No.2

世界で年間360万人が喘息とCOPDで死亡

  • By

二大慢性肺疾患である喘息と慢性閉塞性肺疾患(COPD)により、全世界で年間360万人が死亡しているという研究報告が「The Lancet Respiratory Medicine」8月16日オンライン版に掲載された。20 […]

Read More
4HDN国内ニュース8月21日配信1

日本の医療費増加に最も影響する心血管危険因子とは? 獨協医大の研究グループ

  • By

健康診断を受診した茨城県の住民を対象とした研究から、心血管危険因子の中でも「高血圧」が医療費の増加に最も影響を及ぼす因子であり、その影響度は糖尿病や脂質異常症よりも大きく、腹部肥満の有無にかかわらないことを、獨協医科大学 […]

Read More
4HDN国内ニュース8月16日配信2

平均寿命や健康寿命に地域格差 医療資源の増加や生活習慣因子以外の要因も、東大ら

  • By

日本では1990年から25年の間に平均寿命は4.2歳延びた一方で、都道府県間の「健康格差」には拡大傾向がみられることが、東京大学大学院国際保健政策学の野村周平氏と主任教授の渋谷健司氏らの研究グループの調べで分かった。こう […]

Read More
4.1.1

肺炎球菌ワクチン導入で小児の急性中耳炎が減少

  • By

米国では2000年に結合型肺炎球菌ワクチン(PCV)が導入されたが、それ以降、小児の急性中耳炎が大幅に減少したことが米ロチェスター総合病院研究所のMichaele Pichichero氏らの研究で明らかになった。しかし、 […]

Read More
4.1.1

肥満患者との接し方に注意―医療従事者による肥満差別で重大な影響

  • By

医療従事者が「肥満は恥ずべきこと(fat shaming)」という考え方に基づいて差別的な態度で肥満患者に対応すると、患者の心身の健康が損なわれる可能性があるというレビュー結果が、米国心理学会(APA、8月3~6日、ワシ […]

Read More
FD002642

地中海食による心疾患予防、効果あるのは高収入か高学歴の人のみ?

  • By

果物や野菜、魚、オリーブ油、ナッツ、全粒穀物などが豊富な地中海食には、心疾患を予防する効果があると考えられているが、その恩恵を受けられるのは高収入か高学歴の人に限られる可能性が、新たな研究で示された。この研究結果は「In […]

Read More
Close-up of a man vaping an electronic cigarette

電子たばこの普及が禁煙率の上昇に寄与?

  • By

米国での禁煙率の上昇には電子たばこの普及が寄与した可能性があるとの研究結果が「BMJ」7月26日オンライン版に掲載された。同国では2010年頃から電子たばこの使用が急速に拡大したが、米国民の喫煙調査データを調べた結果、同 […]

Read More
AA009583

米FDA、たばこのニコチン量の規制を検討

  • By

米食品医薬品局(FDA)は、たばこのニコチン含有量を依存性の生じないレベルまで減らす方針を発表した。また、ニコチンパッチやニコチンガムなどのニコチンを含有する禁煙補助薬の安全性を高める取り組みを進めていくことも明らかにし […]

Read More
33010

「自分は運動不足」と考えるだけで寿命が縮む?

  • By

実際の運動量は同レベルであったとしても、「同年齢の人と比べて自分は運動不足」と考えている人は、「同年齢の人と比べて自分は活動的」と考えている人よりも早く死亡するリスクが高い可能性があることが、新たな研究で示された。研究を […]

Read More