image_print
' %*

他人の体調はにおいで分かる?

人間がにおいと見た目から他人の病気を感知し、避けようとする能力は、これまで考えられていた以上に優れていることが新たな研究で示唆された。

Read More
A senior lade with cardiac arrest or stroke receiving cpr

世界の死亡原因1位は心血管疾患

世界の全死亡の約3分の1は心疾患および脳卒中によるものであり、世界の死亡原因の第1位は心血管疾患(CVD)であると、新たな研究で報告された。また、過去20年間で米国、カナダ、オーストラリア、日本、韓国、西欧諸国におけるC […]

Read More
1-2 HDN5月11日「ヘルスハイライト」No.1

雷雨になると喘息が増える?

花粉の季節に雨が降ると、花粉が地面に落ちるため、アレルギー性喘息の症状は和らぐことが多い。しかし、米ジョージア大学地理学教授のAndrew Grundstein氏らの研究報告によると、雷雨の場合は必ずしもそうなるとは限ら […]

Read More
1-1 HDN4月24日「今日のニュース」No.1

ヒトスジシマカがジカウイルスを媒介する可能性

ジカウイルスの遺伝物質が、従来とは別種の蚊から見つかったことが報告された。ジカウイルスを主に媒介するのはネッタイシマカ(学名:Aedes aegypti)であるが、今回ブラジルで採集されたヒトスジシマカ(同Aedes a […]

Read More
1-2 HDN4月10日「ヘルスハイライト」No.2

自傷は自殺の前兆か

自傷行為をする人では1年以内の自殺リスクも高いことが、米コロンビア大学医療センター(ニューヨーク市)精神医学教授のMark Olfson氏らの研究で示唆された。

Read More
1-1 HDN4月6日「今日のニュース」No.2

電磁場への職業的曝露でALSリスクが上昇か

職業上、高レベルの電磁場に曝露されやすい人では、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症リスクが倍増する可能性があることが新たな研究で示された。研究上席著者であるユトレヒト大学(オランダ)環境疫学准教授のRoel Vermeu […]

Read More
4.1.1

多剤耐性菌は排水管からシンクへと「よじ登る」可能性

多剤耐性菌を撃退するには、まず病院内の流し台から対策を始める必要があることが、新たな研究で示唆された。細菌は排水管でコロニーを形成し、徐々にシンクに向かって進むことが判明したという。これは入院患者が多剤耐性菌に曝露しうる […]

Read More
grilled swordfish slices in a cast iron pan on a wooden table, garnished with mint, oregano, salt and salmoriglio

魚に含まれる水銀がALSの一因か

水銀を高い濃度で含有する魚を食べると、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症リスクが上昇する可能性のあることが、予備的な研究で示された。ただし、今回の報告はメカジキやサメなどの水銀を多く含む魚の有害性を警告するものであり、魚 […]

Read More
1-2 HDN2月20日「ヘルスハイライト」No.2

風船の破裂音で難聴リスク

子どもの誕生日祝いなどで風船を膨らませるときは注意が必要だ。風船を破裂させると難聴になる可能性があると、カナダ、アルバータ大学聴覚学准教授のBill Hodgetts氏らの研究でわかった。

Read More
Young man smoking an electronic cigarette. Black background.

電子タバコは普通のタバコより毒性が少ない

喫煙者が従来のタバコから電子タバコに切り替えると、有毒な化学物質や発がん物質の摂取量を大幅に低減できるとの研究報告が、「Annals of Internal Medicine」オンライン版に2月7日掲載された。ただし、こ […]

Read More