image_print
Young teenage girl from back typing on laptop keyboard with empty screen which can be used for inserting your content

「ネットで自傷行為」、中高生の新たな問題に

  • By

ティーンエイジャーのネットいじめが問題となっているが、他者ではなく自分自身を傷つける内容をネットに投稿するなどの「ネット自傷行為(digital self-harm)」が米国の中高生の間で新たな問題となりつつあるようだ。 […]

Read More
1-2 HDN11月20日「ヘルスハイライト」No.2

HPVワクチンでまれな小児疾患も防げる可能性

  • By

子宮頸がん予防のために接種するヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンには、再発性呼吸器乳頭腫症というまれな小児疾患を防ぐ効果もあるかもしれないとの研究報告が「Journal of Infectious Diseases […]

Read More

ネットいじめの定義

  • By

ネットいじめとは、携帯、パソコン、タブレットなどのデジタル機器を通して起こるいじめのことです。 他人に対して否定的な情報や有害な情報、虚偽の情報を投稿することもネットいじめに含まれます。このような事態はメール、アプリ、オ […]

Read More
4.1.1

「右投げ左打ち」がスター選手になる近道に?

  • By

将来、メジャーリーグで活躍することを夢見る野球好きの子どもは多いだろう。その夢を叶えるには、「右投げ左打ち」の選手になることが近道かもしれない―。アムステルダム自由大学(オランダ)スポーツ医学のDavid Mann氏らが […]

Read More
1-2 HDN11月2日「ヘルスハイライト」No.1

小児科待合室のぬいぐるみには触らない方が無難?

  • By

小児科のクリニックの待合室におもちゃが用意されていることは珍しくない。しかし、子どもにはこうしたおもちゃ、特にぬいぐるみには触らせないようにした方がよいかもしれない―。米国小児科学会(AAP)は10月23日に発表した小児 […]

Read More

スリープポジショナーは赤ちゃんに危険

  • By

乳児用スリープポジショナーは、赤ちゃんの寝返り防止を目的とする寝具ですが、窒息の原因になることもあると警告されています。

Read More
4.1.1

まれな眼疾患の治療に光、米で遺伝子治療の承認へ

  • By

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は10月12日、RPE65遺伝子変異を原因とするまれな遺伝性網膜疾患に対し、遺伝子治療薬の承認を勧告することを全会一致で決定した。この遺伝子治療薬を開発する米Spark Therape […]

Read More

ハロウィンを安全に楽しもう

  • By

ハロウィンは子どもたちにとって何よりも楽しみな行事の1つですが、思わぬ危険もあるため注意が必要です。

Read More
Woman's hands hold a cell phone while texting a message.

ワクチン否定派はツイッターに集まる

  • By

「小児用ワクチンを接種すると自閉症リスクが高まる」との考えから自分の子どもに予防接種を受けさせない「ワクチン否定派」の親たちの多くが、気持ちを吐き出したり他者と共有したりする場としてソーシャルメディアのツイッターを利用し […]

Read More
Happy doctor caring about young pregnant woman in hospital

妊娠中の高血圧で子どもの肥満リスク1.5倍

  • By

妊娠中に血圧の上昇がみられた母親から生まれた子どもは、肥満になりやすい可能性があることが中国の研究で示された。研究を実施した青島大学(中国)・英ケンブリッジ大学のJu-Sheng Zheng氏らによると、妊娠中期に高血圧 […]

Read More