image_print
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.1

早期の離乳食開始で乳児の睡眠が改善する可能性

乳児がどうやったらよく眠れるようになるのかは親の悩みの一つだが、英国の新たな研究で、早期に離乳食を開始すると乳児の睡眠が改善する可能性のあることが示された。生後3カ月を過ぎた頃から母乳に加えて離乳食を与えられた乳児は、母 […]

Read More
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.2

親のスマホ依存、親子関係への影響は?

子育てに行き詰まっても、スマホやパソコンなどの電子機器を逃げ場にするのは、親にも子どもにもよくないようだ。米ミシガン大学医学部小児科学のJenny Radesky氏らが行った研究で、子どもに手を焼く親ほど電子機器をよく使 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月28日配信1

偏見や恥ずかしさが1型糖尿病の血糖管理に悪影響

青年期の1型糖尿病患者の多くが、病気のせいで他人から偏見や差別を受けたり、自分を恥ずかしく思う感情を抱いていることが、マギル大学健康センター(カナダ)准教授のKaberi Dasgupta氏らが行ったオンライン調査で分か […]

Read More
4HDN国内ニュース6月25日配信2

日本の学校給食が思春期男子の肥満抑制に効果 東大グループ

日本の学校給食プログラムは、思春期男子の過体重や肥満を低減させる可能性があると、東京大学大学院公衆衛生学教授の小林廉毅氏と宮脇敦士氏らの研究グループが「Journal of Public Health」6月5日オンライン […]

Read More
4HDN国内ニュース6月25日配信1

家庭の経済状況は未就学児の肥満にも影響か 東北大

家庭の経済状況は、未就学児の肥満率に影響を及ぼす可能性のあることが、東北大学大学院公衆衛生学分野講師の遠又靖丈氏らの研究グループの検討で分かった。特に時間的な余裕がない家庭において、経済状況が幼児の肥満リスクに関連してい […]

Read More
1HDN6月21日「パッケージニュース」No. 1

魚油サプリは乳児の心臓にも良い可能性

魚などに多く含まれるオメガ3系脂肪酸は、成人の心臓病リスクの低減に効果的とされているが、乳児の心臓にも良い影響を与える可能性のあることが、オーストラリアの新しい研究で示された。魚油サプリメントを生後6カ月までに摂取すると […]

Read More
1HDN6月14日「パッケージニュース」No. 3

子どもへの性的虐待、経済的な影響も甚大

子どもへの性的虐待は、その後の子どもの人生に大きな影響を与えることが分かっているが、この問題は国全体の経済にも甚大な影響をもたらすことが米ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のElizabeth Letou […]

Read More
1HDN5月21日「パッケージニュース」No. 1

自閉症児の行動療法に役立つロボットが登場

人型ロボットは自閉症の幼い子どもが他人と向き合うのに一役買うかもしれない。Nao(「ナウ」と読む)と名付けられた教育用人型ロボットを行動療法に併用した結果、ロボットを使用しなかった場合に比べてソーシャルスキルの大幅な向上 […]

Read More

プロジェリア治療に新たな希望

Hutchinson-Gilford Progeria症候群(以下、プロジェリア)は急速に老化が進む早老症の一つで、約2,000万人に1例の発症をみるまれな疾患である。この極めてまれで致命的な疾患に対するファルネシルトラ […]

Read More
4.1.1

思春期前の子どもは「アイアンマン」並みに頑強

子どもを持つ親ならばすでに知っていることだが、8~12歳の思春期前の男児の体力はスーパーアスリート並みであることが科学的に裏付けられた。成人と比較して、思春期前の子どもは高強度な運動に耐える卓越した運動能力を持っており、 […]

Read More