image_print
1HDN9月13日「パッケージニュース」No.2

体外受精で生まれた子どもは高血圧リスクが高い可能性

体外受精や顕微授精などの生殖補助医療(ART)によって生まれた子どもは高血圧になりやすいことが、10歳代の若者を対象とした新たな研究で示唆された。詳細は「Journal of the American College o […]

Read More
1HDN9月3日「パッケージニュース」No.2

脳腫瘍の放射線治療が小児の記憶に及ぼす影響は?

髄芽腫と呼ばれる小児の脳腫瘍に対する放射線治療は記憶に影響する可能性があり、その仕組みの一端を解明したと、米ベイラー大学心理学・神経科学のMelanie Sekeres氏らが「JNeurosci」8月20日オンライン版に […]

Read More
1HDN8月27日「パッケージニュース」No.2

女性の関節リウマチに小児期の受動喫煙が関連か

喫煙は女性の関節リウマチの発症リスクを高めるが、その発症には子どものころに受動喫煙に曝露された経験の有無も重要であることが、新たな研究で示唆された。これまで自己免疫疾患である関節リウマチの発症には、複数の遺伝要因と環境要 […]

Read More
1HDN8月23日「パッケージニュース」No.1

思春期前の握力低下は糖尿病や心疾患の徴候か

思春期を迎える前に握力が弱い子どもは、握力が強い子どもに比べて糖尿病や心疾患などの健康問題を抱えるリスクが高いことが、新たな研究で示唆された。この研究を実施した米ベイラー医科大学健康人間科学部長のPaul Gordon氏 […]

Read More
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.2

喘息の未就学児の親は治療の備えが不十分、米調査

喘息の未就学児を持つ親のうち、自宅での治療に備えているのは約半数に過ぎないことが、新たな調査から明らかになった。論文著者の一人である米ジョンズ・ホプキンス大学医学部准教授のMichelle Eakin氏は「喘息発作時にき […]

Read More
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.4

HPVワクチンは推奨年齢以降のキャッチアップ接種も有効

米国では11~12歳の女児に対してヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種が推奨されているが、推奨年齢でワクチンを接種しなかった14~20歳の女児や女性に対する「キャッチアップ接種」の有効性を示した研究結果が「Th […]

Read More
1HDN8月16日「パッケージニュース」No.4

Google Glassで自閉症児の社会的スキルが向上

他人の表情から感情を識別するスマートフォンアプリと眼鏡型デバイスの「Google Glass」を組み合わせて使用することで、自閉症児の社会的スキルが向上する可能性を示した予備的研究の結果が「npj Digital Med […]

Read More
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.1

早期の離乳食開始で乳児の睡眠が改善する可能性

乳児がどうやったらよく眠れるようになるのかは親の悩みの一つだが、英国の新たな研究で、早期に離乳食を開始すると乳児の睡眠が改善する可能性のあることが示された。生後3カ月を過ぎた頃から母乳に加えて離乳食を与えられた乳児は、母 […]

Read More
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.2

親のスマホ依存、親子関係への影響は?

子育てに行き詰まっても、スマホやパソコンなどの電子機器を逃げ場にするのは、親にも子どもにもよくないようだ。米ミシガン大学医学部小児科学のJenny Radesky氏らが行った研究で、子どもに手を焼く親ほど電子機器をよく使 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月28日配信1

偏見や恥ずかしさが1型糖尿病の血糖管理に悪影響

青年期の1型糖尿病患者の多くが、病気のせいで他人から偏見や差別を受けたり、自分を恥ずかしく思う感情を抱いていることが、マギル大学健康センター(カナダ)准教授のKaberi Dasgupta氏らが行ったオンライン調査で分か […]

Read More