image_print
1HDN5月21日「パッケージニュース」No. 1

自閉症児の行動療法に役立つロボットが登場

人型ロボットは自閉症の幼い子どもが他人と向き合うのに一役買うかもしれない。Nao(「ナウ」と読む)と名付けられた教育用人型ロボットを行動療法に併用した結果、ロボットを使用しなかった場合に比べてソーシャルスキルの大幅な向上 […]

Read More

プロジェリア治療に新たな希望

Hutchinson-Gilford Progeria症候群(以下、プロジェリア)は急速に老化が進む早老症の一つで、約2,000万人に1例の発症をみるまれな疾患である。この極めてまれで致命的な疾患に対するファルネシルトラ […]

Read More
4.1.1

思春期前の子どもは「アイアンマン」並みに頑強

子どもを持つ親ならばすでに知っていることだが、8~12歳の思春期前の男児の体力はスーパーアスリート並みであることが科学的に裏付けられた。成人と比較して、思春期前の子どもは高強度な運動に耐える卓越した運動能力を持っており、 […]

Read More
Take a deep breath. Skillful trained private doctor using professional stethoscope for hearing how elderly man breathing and diagnosing him

COPDリスクを高める「小児期の経験」

喫煙によって発症リスクが高まることで知られる慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、中高年層で発症しやすいため「成人の疾患」とみられがちだ。しかし、COPDの発症には小児期の喘息や受動喫煙などの経験が影響している可能性があること […]

Read More
young female smoker smoking e-cigarette outdoors. Head and shoulders, side view

電子たばこ規制の先延ばしでFDAを提訴、米学会など

米食品医薬品局(FDA)が予定していた電子たばこや葉巻(シガー)の規制を延期したのは違法であり、公衆衛生に脅威をもたらすとして、米国小児科学会(AAP)など複数の学会・団体が3月27日、米メリーランド州の連邦裁判所に提訴 […]

Read More
4.1.1

子どもに本を読み聞かせる効果、言語や脳の発達以外にも

寝る前に子どもに本を読み聞かせることは、子どもの言語や脳の発達を促すだけではなく、親と子ども双方の社会的なスキルや行動スキルにも良い影響を与えることが、香港大学社会福祉・社会行政学のQian-Wen Xie氏らによる研究 […]

Read More
Portrait of a cute teen

ユタ州の小児自殺率、全米平均を大幅に上回るペースで上昇

米国全土で小児の自殺率は上昇傾向にあるが、中でもユタ州では全国平均を大幅に上回るペースで自殺率が上昇していることが米疾病対策センター(CDC)のFrancis Annor氏らによる研究から明らかになった。2011年から2 […]

Read More
1-1 HDN3月26日「今日のニュース」No.2

小児の扁桃摘出術、3歳未満で術後合併症リスク上昇か

慢性あるいは反復性の扁桃炎がみられる小児患者に対し、扁桃摘出術が行われることは珍しくない。しかし、3歳未満の小児では特に注意が必要かもしれない。米ボストン小児病院のClaire Lawlor氏らが扁桃摘出術を受けた小児患 […]

Read More
excited young girl writes text message on her phone

18歳未満の15%に「セクスティング」の経験

18歳未満の若者の約15%に性的な画像や動画、テキストのメッセージを含んだ「セクスト(sext)」を送信した経験があることが、カルガリー大学(カナダ)心理学のSheri Madigan氏らによる研究から明らかになった。研 […]

Read More
1-2 HDN3月5日「ヘルスハイライト」No.1

子どもの時に身長が低かった人は脳卒中リスクが高い?

小児期に身長が低かった人は、成人してから脳梗塞や脳出血といった脳卒中を発症するリスクが高い可能性があることが、ビスペビア・フレデリクスベア病院(デンマーク)臨床研究・予防センター准教授のJennifer Lyn Bake […]

Read More