image_print
Education, friendship, technology and children concept - Sisters teenage girls with smart phone and headphones listening music and ommunicate in social networks

スマホは若者を不幸せな気持ちにする?

  • By

米国の中高生100万人超を対象とした調査データの分析から、スマートフォン(スマホ)などのデジタル機器の利用時間が長い中高生は、利用時間が短い中高生に比べて「自分は幸せだ」と感じている割合が低いことが示された。この研究結果 […]

Read More
4.1.1

妊娠中のアセトアミノフェンが児の言語発達に影響か

  • By

妊娠初期に解熱鎮痛薬のアセトアミノフェンを使用すると、生まれてくる子どもの言語発達が遅れる可能性があることを示唆する研究結果が「European Psychiatry」1月10日オンライン版に掲載された。ただ、こうした関 […]

Read More

思春期の子どもとの接し方

  • By

10代前半は子どもにとって情緒的にも身体的にも難しい時期です。

Read More
4.1.1

米国の中高生、「初体験」の年齢が上昇

  • By

米国の9~12年生(中学3年生~高校3年生)の男女を対象に米疾病対策センター(CDC)が実施した研究から、初めて性交を経験する年齢が上昇していることが明らかになった。特に中学3年生と高校1年生の男女で性交の経験者の割合が […]

Read More

がん治療中も学校の勉強を続けよう

  • By

子どもががんの治療を受けているときは、学校の勉強は優先すべき対象から外されがちかもしれません。

Read More
1-1 HDN12月25日「今日のニュース」No.2

ジカ感染児、成長に伴いさまざまな障害―CDC調査

  • By

2年前にジカウイルスに感染した母親から生まれた小頭症の子どもたちは、現在も健康状態や発達の面で数々の重大な問題を抱えていることが明らかになった。米疾病対策センター(CDC)のグループがブラジル保健省などの協力を得て実施し […]

Read More
kleiner Junge liegt unter Vollnarkose im Krankenhaus

“バブルボーイ”の治癒に光、新たな遺伝子治療で有望な成績

  • By

遺伝子の異常によって生まれつき免疫機能が働かない重症複合免疫不全症(SCID)の患児は、病原体の感染から身を守るために無菌空間(バブルルーム)で過ごす必要がある。このことから米国ではSCIDの患児は「バブルボーイ」と呼ば […]

Read More

世界初の両手移植男児、機能回復とともに「脳地図」も変化

  • By

2年前、8歳で小児では世界初となる両手の移植手術を受け、目覚ましい機能の回復をみせ話題を呼んだ米国の男児が再び注目を集めている。現在10歳になったZion Harvey君は、2歳の時に重度の感染症のため両手を切断したが、 […]

Read More
Education, friendship, technology and children concept - Sisters teenage girls with smart phone and headphones listening music and ommunicate in social networks

「スマホ1日5時間以上」で中高生の自殺リスク上昇か

  • By

米国でスマートフォン(スマホ)が一気に普及した2012年を境に、米国の中高生で抑うつ症状や自殺念慮の経験者、自殺者が急増したことが、米サンディエゴ州立大学心理学教授のJean Twenge氏らによる研究で明らかになった。 […]

Read More
4.1.1

難治性てんかんに食事療法が有効、2件の研究で明らかに

  • By

薬物治療が奏効しない難治性てんかんの小児患者に対し、ケトン食療法と呼ばれる食事療法を実施したところ、発作症状が軽減したとする2件の研究結果が米国てんかん学会(AES 2017、12月1~5日、米ワシントンD.C.)で発表 […]

Read More