image_print
2HDN糖尿病ニュース9月20日配信2

全粒穀物の摂取量が多いほど2型糖尿病予防に有効か

  • By

精製されていない全粒穀物の摂取量が多いほど、2型糖尿病の発症リスクは低減する可能性があることが、デンマークがん学会研究センターのCecilie Kyrø氏らの研究から示唆された。1日1サービング(一食当たりの標準摂取量) […]

Read More
4HDN国内ニュース9月18日配信1

植物性たんぱく質の摂取量が多いと心血管疾患リスクは低い NIPPON DATA 90データを解析、慶應大

  • By

日本人の成人では、植物性たんぱく質を多く摂取するほど心血管疾患(CVD)による死亡リスクが低く、特に高血圧のない人でこの傾向が強いことが、慶應義塾大学衛生学公衆衛生学の栗原綾子氏らの研究グループの検討で分かった。植物性た […]

Read More
4HDN国内ニュース8月27日配信2

日本人の2型糖尿病患者に適した炭水化物摂取比率は? 約3千人の患者を対象に解析

  • By

日本人の2型糖尿病患者では、炭水化物の取り過ぎはHbA1c値の上昇につながる可能性があることが、横浜市立大学附属市民総合医療センター内分泌・糖尿病内科部長の山川正氏らの研究グループの検討で分かった。この研究では、総エネル […]

Read More
1HDN8月23日「パッケージニュース」No.2

「食品数が豊富な食事は健康によい」を否定、AHAが声明

  • By

1日に多くの食品をバランスよく食べることが健康によいとは限らないようだ。米国心臓協会(AHA)はこのほど、豊富な種類の食品を食べることが適正体重の維持につながるというエビデンスはないとする新たな声明を、「Circulat […]

Read More
1HDN8月9日「パッケージニュース」No.2

「カフェインの減量効果」は本当か?

  • By

減量したいなら、カフェインには頼らない方がよいようだ。カフェインを摂取するとその後の食欲は一時的に抑えられるが、こうした効果は長続きしない可能性のあることが、新たな研究で示された。研究の詳細は「Journal of th […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.2

乾癬の症状軽減に地中海食が有用か

  • By

フランスの約3,500人の乾癬患者を対象とした新たな研究から、栄養バランスに優れた地中海食に近い食事を取ることが、乾癬の症状軽減に有用な可能性が示された。「JAMA Dermatology」7月25日オンライン版に掲載さ […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.1

人工甘味料入り飲料の摂取で結腸がん再発リスク減

  • By

1,000人を超える進行した結腸がん患者を対象に追跡した結果、人工甘味料入り飲料を習慣的に飲む結腸がん患者は、再発リスクやがんによる死亡リスクが低い可能性のあることが、新たな研究で示された。これらのリスクを抑えるには、砂 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月2日配信1

「血糖値スパイク」は健康な人でも危険?

  • By

糖尿病患者の血糖値は大きく変動することは知られているが、健康な人でも食後に血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」がみられることが新たな研究で分かった。健康な成人を対象に持続血糖測定器(CGM)で評価した血糖変動の大きさは空 […]

Read More
1HDN7月30日「パッケージニュース」No.3

サラミやソーセージなどの添加物が躁病の原因に?

  • By

サラミやソーセージなどの加工肉に含まれている「硝酸塩」と呼ばれる添加物が、躁病の発症に関連している可能性があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学小児科学のRobert Yolken氏らによる研究から明らかになった。硝酸塩 […]

Read More
1HDN7月26日「パッケージニュース」No.1

質の高い食事が喘息コントロールに有用な可能性

  • By

果物や野菜、全粒穀物が多く、肉類や塩分、砂糖の摂取量を控えた質の高い食事は喘息の予防や治療に有用な可能性のあることが、新たな研究で示された。研究を率いたフランス国立保健医学研究所・国立農学研究所(INSERM-INRA) […]

Read More