image_print

プロバイオティクスとは

  • By

プロバイオティクスとは生きた微生物(細菌など)のことで、サプリメントとして販売されたり、局所用スキンクリームに配合されたり、ヨーグルトなどの食品に添加されたりしています。

Read More
4HDN国内ニュース1月22日配信2

n-3系脂肪酸の血中濃度と冠動脈疾患リスクとの関係は? 多目的コホート研究から

  • By

魚に豊富に含まれるn-3 系多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)の血中濃度が高いと、冠動脈疾患(CHD)全体のリスク低減とは関連しないものの、致死性のCHDリスクは低下する可能性があると、国立がん研究センターなどの多目的 […]

Read More
4HDN国内ニュース1月22日配信1

妊娠中に魚を食べると抑うつ状態になりにくい? 母親約7万5千人と父親約4万人を調査、富山大

  • By

妊娠中や出産直後に魚を多く食べると、あまり食べなかった女性と比べて抑うつ状態になりにくい可能性があると、富山大学医学部公衆衛生学講座准教授の浜崎景氏らの研究チームが「Journal of Psychiatric Rese […]

Read More

栄養成分表示を正しく読み解く

  • By

選んだ食品が栄養価に優れたものかどうかを判断するのは難しいことがあります。

Read More
4.1.1

脳の老化を遅らせるには緑葉野菜を食べると良い?

  • By

ホウレンソウやケール、レタスなどの緑葉野菜を毎日食べている人は、脳が老化する速度が遅い可能性を示唆する研究結果が「Neurology」2017年12月20日オンライン版に掲載された。同研究では緑葉野菜をほとんど、あるいは […]

Read More
1-2 HDN1月9日「ヘルスハイライト」No.1

科学的に証明された認知症の予防法は今のところない?

  • By

「認知機能の低下やアルツハイマー型認知症(アルツハイマー病)の予防に役立つことが証明された薬剤やサプリメント、脳トレーニング法は今のところ存在しない」とする4件のシステマティックレビューの論文が「Annals of In […]

Read More
4.1.1

「1日に温かいお茶を一杯以上」で緑内障リスク低下の可能性

  • By

日常的に温かいお茶を飲む習慣があると、中高年の代表的な眼の疾患である緑内障になりにくい可能性があることを示した小規模研究の結果が「British Journal of Ophthalmology」2017年12月14日オ […]

Read More

飼い犬に与えない方がよい「おやつ」

  • By

飼い犬に与えたおやつやごほうびが、思わぬけがや病気の原因となってしまうことがあります。

Read More
4.1.1

難治性てんかんに食事療法が有効、2件の研究で明らかに

  • By

薬物治療が奏効しない難治性てんかんの小児患者に対し、ケトン食療法と呼ばれる食事療法を実施したところ、発作症状が軽減したとする2件の研究結果が米国てんかん学会(AES 2017、12月1~5日、米ワシントンD.C.)で発表 […]

Read More
4.1.1

辛い物好きは食塩の摂取量が少ない?

  • By

辛い物を好む人は好まない人と比べて1日当たりの食塩摂取量が少なく、血圧も低いことが中国人を対象とした研究で明らかになった。研究を実施した中国人民解放軍第三軍医大学大坪医院高血圧・代謝疾患センター(中国)のZhiming […]

Read More