image_print
2HDN糖尿病ニュース11月9日配信2

加糖飲料で2型糖尿病や高血圧リスクが上昇

近年では生活習慣病対策の一環として、糖類を多く含んだ加糖飲料に課税する国も増えている。「Journal of the Endocrine Society」11月2日オンライン版に掲載されたレビュー論文によると、加糖飲料は […]

Read More
8.3.1

“ヘルシー”と表示された食品を食べるとかえって太る?

“健康的(healthy)”と表示された食品には注意が必要かもしれない。“健康的”と表示されていても、含まれている糖分が多いと、その後の間食が増える可能性があるからだ。一方、含まれている糖分の量が多くても、“自分へのご褒 […]

Read More
4.1.1

産後に胎盤を食べる「胎盤食」、メリットなく感染リスクも

産後うつの予防や母乳の分泌を促進させる効果などへの期待から、出産直後に自分の胎盤を食べる「胎盤食(placentophagy)」が一部の女性の間で流行している。しかし、米ワイル・コーネル・メディスン産婦人科のAmos G […]

Read More
1-2 HDN10月12日「ヘルスハイライト」No.1

「朝食抜き」で動脈硬化症リスク2.5倍

朝食を取らない人は、朝食をしっかりと取る人に比べてアテローム性動脈硬化症のリスクが高いという研究結果が「Journal of the American College of Cardiology」10月10日号に掲載され […]

Read More
Close up of elderly person with walking zimmer

転倒予防には運動を推奨、ビタミンDサプリメントは否定

転倒や骨折は高齢者に身体障害をもたらす主要な原因となっている。米国予防医療作業部会(USPSTF)は9月26日、これらの予防策に関する勧告の草案を発表し、高齢者の転倒予防のための対策として運動を推奨する一方で、ビタミンD […]

Read More
4HDN国内ニュース10月10日配信2

適度に魚を食べるとうつ病になりにくい? 多目的コホート研究から

魚や貝などの魚介類を1日に110gほど食べる人は、食べる習慣のない人よりもうつ病になりにくい可能性があることが、国立がん研究センターなどが進める多目的コホート研究(JPHC Study)で明らかにされた。100gの目安は […]

Read More

糖尿病でも外食を楽しもう

インスリン療法を行っている糖尿病患者にとって、血糖変動のリスクを伴う外食はストレスの元です。

Read More
1-2 HDN9月25日「ヘルスハイライト」No.1

塩分の取り過ぎで糖尿病の発症リスクが上昇か

食塩の摂取量が多い成人は、糖尿病を発症するリスクが高い可能性があることが、スウェーデンの後ろ向き研究で示された。研究を実施したカロリンスカ研究所(スウェーデン)環境医学研究所のBahareh Rasouli氏が第53回欧 […]

Read More
1-2 HDN9月19日「ヘルスハイライト」No.1

胃酸逆流による喉症状、食事療法に薬と匹敵する治療効果

胃酸の逆流によって喉のかすれや痛み、咳といった咽喉頭の症状が生じる病態は咽喉頭逆流症と呼ばれ、その治療には胃食道逆流症(GERD)の治療薬としても知られるプロトンポンプ阻害薬(PPI)が広く使用されている。こうした中、咽 […]

Read More
4÷

食事からマグネシウムを多く摂ると心筋梗塞になりにくい? 多目的コホート研究から

魚や果物、野菜などのマグネシウムを多く含む食品をよく食べる人ほど、心筋梗塞などの虚血性心疾患を起こしにくい可能性があることを、国立がん研究センターと国立循環器病研究センターらの共同研究グループが発表した。食事からのマグネ […]

Read More