image_print
Nurse Visiting Senior Male Patient At Home

降圧薬は1種類よりも「低用量を2種類以上」が良い?

  • By

複数の種類の降圧薬を低用量ずつ組み合わせて使用した方が、1種類の降圧薬を標準用量で使用するよりも降圧効果が優れている可能性が、ジョージ・グローバルヘルス研究所(オーストラリア)のAnthony Rodgers氏らによる研 […]

Read More
4.1.1

スタチンと他の心臓病薬の相互作用に注意(2016.10.24配信)

  • By

コレステロール低下薬であるスタチンは、心疾患に対し処方された他の薬剤と相互に作用する可能性があるが、この問題の対処法についての勧告を米国心臓協会(AHA)が発表した。

Read More
4.1.1

心疾患治療薬の開発スピードが減速(2016.9.5配信)

  • By

心疾患は依然として世界の死亡原因の首位を占めているが、心疾患を治療する薬剤の開発スピードには減速がみられることが新たな研究で明らかにされ、「JACC: Basic to Translational Science」8月2 […]

Read More
4.1.1

薬剤師の協力により心疾患予防を向上(2016.6.23配信)

  • By

心疾患の危険因子を十分にコントロールできていない人は、薬剤師の助けを借りることで将来のリスクを低減できる可能性があることが、カナダの研究で示された。

Read More
2016_2016apr04tn01

降圧薬、スタチンの飲み忘れで脳卒中リスクが7倍に(2016.4.4掲載)

  • By

心疾患リスクのある人は、コレステロール降下薬のスタチンと降圧薬を指示通りに服用しなければ、致死的な脳卒中のリスクが7倍となることが新たな研究により報告され、「Journal of the American College […]

Read More
2015_2015july23tnno2

スタチンの使用拡大で多くの命が救われる可能性(2015.7.23掲載)

  • By

米国心臓病学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)が2013年に発行した新たなガイドラインにより、スタチン系薬剤を使用すべき患者をこれまでよりも正確かつ効率的に特定できることが報告された。これにより、救われる命がさらに増え […]

Read More
2014_2014oct27tnno1

光でコントロールできる糖尿病薬の研究が進む(2014.10.27掲載)

  • By

将来、2型糖尿病患者が光パルスを用いて薬剤をコントロールできるようになる可能性が、新たな研究で示唆された。この研究では、試作段階の薬剤(現時点の名称はJB253)が、青色光に曝露すると膵臓細胞からのインスリン放出を刺激す […]

Read More