image_print
Portrait of a beautiful young happy smiling couple - isolated

「痴話げんかの後に求める行動」に男女差

  • By

カップルがけんかをしたとき、仲直りのためにパートナーにしてほしいことには男性と女性で差がみられるとの研究結果が「Evolutionary Psychological Science」7月5日オンライン版に掲載された。女性 […]

Read More
4.1.1

自転車は性機能に影響しないとの研究結果

  • By

自転車競技をする人が経験する鼠径部の痛みやしびれは、性機能や泌尿器の健康に有害でないことを示した2件の研究が、米ボストンで5月12~16日に開催された米国泌尿器科学会(AUA)年次学術集会で発表された。

Read More
1-2 HDN3月16日「ヘルスハイライト」No.2

中高年のC型肝炎検査の実施率は低い ―米調査

  • By

2013年、米国予防医療作業部会(USPSTF)は1945~1965年生まれのすべての米国人に、C型肝炎ウイルスの検査を受けるよう勧告した。しかし、受診率はあまり上昇せず、勧告から2年経ってもやはり低いままであったことが […]

Read More
Sweating businessman due to hot climate

発汗量に「男女差」はないと判明

  • By

発汗量の差には、性別自体はほとんど関係しないという研究結果が、オーストラリア、ウロンゴン大学のSean Notley氏らにより報告された。この結果は、「Experimental Physiology」オンライン版に2月2 […]

Read More
1-2 HDN2月2日「ヘルスハイライト」No.1

愛と性欲のホルモン「キスペプチン」の効果

  • By

愛情や性行為に関連するホルモンの活性を高める方法があるかもしれないという研究結果が、 英インペリアル・カレッジ・ロンドン医学部内分泌代謝学教授のWaljit Dhillo氏らにより報告された。

Read More
2016_2016mae17tn1

男性の低身長、女性の過体重は人生の不利になる可能性(2016.3.17掲載)

  • By

人生において優位に立つには、背の低い男性と太めの女性は不利であると、英国の研究グループが報告している。低身長の遺伝子をもつ男性は、身長が3インチ(約7.6cm)高い男性に比べて世帯年収が2,100ドル少なく、女性の場合、 […]

Read More

カップルの幸福度が最も高くなるセックスの頻度(2015.11.30掲載)

  • By

性生活はカップルの幸福に重要だが、多ければ多いほどよいというわけでもないらしい。週1回、セックスをするカップルが最も幸せであることが、トロント大学ミシサガ校(カナダ)のAmy Muise氏らの研究で示唆された。研究論文は […]

Read More
2015_2015jun11hhno2

経済的に依存している配偶者は浮気リスクが高い(2015.6.11掲載)

  • By

配偶者への経済的依存度が高いほど、パートナーを裏切る可能性が高いことが示唆された。米コネチカット大学社会学助教授のChristin Munsch氏らの研究で、研究論文が「American Sociological Rev […]

Read More
2015_2015may14tnno2

1980~90年代生まれのセックス観 ―親世代より寛容だがパートナー数は少なめ(2015.5.13掲載)

  • By

全米を対象としたレビュー研究で、1980年代から90年代に生まれたミレニアル世代の人は、ベビーブーム世代(1940年代~60年代前半生まれ)やX世代(1960年代後半~70年代生まれ)に比べ、セックスパートナーの数は少な […]

Read More
Image

長期的な関係を求める男性は女性の顔を重視(2010.10.14掲載)

  • By

男性との長期的な交際を求めるなら、若い女性の価値を決めるのは顔であることが新しい研究で示された。遊びの関係を求めるなら体が重視されるという。

Read More