image_print
E-Health concept with hand pressing a button on blurred abstract background

症状を報告するオンラインツールでがん患者の生存期間が延長

  • By

化学療法を受けている進行がん患者にタブレット端末などを用いてオンラインで症状を医師などに報告してもらうツールを導入した結果、全生存期間(OS)が延長したとするランダム化比較試験の成績が明らかになった。この知見は米国臨床腫 […]

Read More

放射線療法を受けたあとの食生活

  • By

がんの放射線療法を受けた後は、副作用により食欲がなくなることがあります。しかし、治療中は栄養のある食事を摂り続けることが大切です。

Read More
Thyroid gland

人工「喉頭」の埋め込みでがん患者のQOLが向上(2017.1.12配信)

  • By

人工「喉頭」により、咽喉がん患者の発話や呼吸が長期的に改善された症例がフランスで報告された。患者はアルザス在住の56歳男性。2015年に人工喉頭を埋め込んでから16カ月以上にわたり問題なく生活しており、失われていた嗅覚に […]

Read More
1-1-hdn1%e6%9c%885%e6%97%a5%e3%80%8c%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%8dno-2

肺温存手術で中皮腫の生存期間が改善(2017.1.5配信)

  • By

一部の中皮腫患者に対し、肺温存手術とその他の治療を併用することにより余命が延びる可能性があることが、新たな研究で示唆された。悪性の胸膜中皮腫患者73人を追跡した結果、肺温存手術を受けた群の平均生存期間は約3年で、そのうち […]

Read More
1-1-hdn9%e6%9c%8820%e6%97%a5%e3%80%8c%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%8dno-1

免疫療法による非ホジキンリンパ腫治療に前進(2016.9.20配信)

  • By

遺伝子改変した免疫細胞を化学療法と併用する治療によって、非ホジキンリンパ腫を根絶できる可能性が、新たな早期試験で示された。

Read More
4.1.1

脳腫瘍に対するウイルス療法、早期試験で有望性を確認(2016.6.9配信)

  • By

実験段階のウイルス療法により、難治性の脳腫瘍患者で生存期間の延長が認められたという。今回の第I相試験では、よくみられる高悪性度の脳腫瘍である再発性膠芽腫の患者に遺伝子改変したウイルスを注入したところ、ウイルス療法群43人 […]

Read More
4.1.1

がん治療の「個別化」で生存期間が延びるとの解析結果(2016.5.30配信)

  • By

患者自身の腫瘍から得られた遺伝的手がかりに基づく個別化(personalized)がん治療は、従来の化学療法よりも優れるようだとの示唆が、新たな研究レビューで示された。

Read More
163_ASCO_VenookInfogram_10H-1

大腸がんの位置、「右」か「左」かが生存期間に影響(2016.5.26配信)

  • By

大腸がんの生存期間は、腫瘍が大腸の左右どちら側に発生したかによって異なることが、新たな研究で明らかにされた。

Read More
2016jan18td1

緩和ケアで併存疾患のあるがん患者の入院費削減(2016.1.18掲載)

  • By

重篤な併存疾患のある治癒不能のがん患者の入院費を、緩和ケアにより削減できることが、新たな研究で報告された。

Read More
2015_2015oct8tnno1

がんが心臓にもたらす隠れた危険(2015.10.8掲載)

  • By

がん患者は、悪性腫瘍によって目に見えない心臓への損傷を受けている可能性があることが、オーストリアの研究で明らかにされた。新たにがんと診断された患者では心疾患の存在を示すホルモンや化学物質の血中濃度が高いことから、臨床的徴 […]

Read More