image_print
Female patient undergoing scan at mammography machine with male doctor supervisor. Happy hospital scene.

政府助成のがん臨床試験の成果で米国人の生存期間が300万年延長

  • By

公的資金により実施された臨床試験の成果として、がん患者の生存期間が大幅に延長したことが、新たな米国の調査で明らかになった。

Read More
1-1 HDN6月12日「今日のニュース」No.2

特定の遺伝子変異を標的とするがん治療薬、臨床試験で有望な成績

  • By

トロポミオシン受容体キナーゼ(TRK)融合蛋白質を選択的に阻害するがん治療薬larotrectinib(国内未承認)が、年齢やがんの種類にかかわらず有効である可能性が同薬の臨床試験で示された。

Read More
chemotherapy patient sucking on ice chips

低脂肪食により高額ながん治療薬の吸収率が向上する可能性

  • By

高価な前立腺がん治療薬であるザイティガの服用時に、低脂肪の食事を一緒に摂取することにより、薬剤費を4分の3削減できる可能性があるという新たな研究結果が報告された。

Read More
OS18111

皮膚がん治療薬の管理に注意 ―イヌ5頭の死亡例

  • By

皮膚がん治療用のクリームに曝露したイヌが、これまでに5頭死亡していると米国食品医薬品局(FDA)が報告した。ヒトの患者用のフルオロウラシル(5-FU)軟膏5%をごく少量経口摂取しただけでも、ペットの異常や死亡につながるこ […]

Read More
2016jan14td1

分子標的薬カボザンチニブが進行性腎がんに有望(2016.1.14掲載)

  • By

分子標的抗がん薬カボザンチニブ(国内未承認)の進行性腎がんに対する有効性が認められた。ただし、副作用のために広く使用するのは難しい可能性があるという。

Read More
2016_2016jan07tn1

2015年、米国で注目された医療ニュース(2016.1.7掲載)

  • By

2015年は、米国では健康に関して突出して目立ったニュースはなかったが、がんのスクリーニングや予防に関する話題をはじめとして、いくつかの大きな出来事がみられた1年だった。

Read More
2014_2014july10tnno2

肝がん薬エベロリムスに期待された効果なし(2014.7.10掲載)

  • By

肝がん薬エベロリムスの最新の試験では、有望性の示されていた早期研究の結果に反し、進行肝がん患者の生存期間の向上が認められなかったという。

Read More