image_print
1HDN8月27日「パッケージニュース」No.3

コンタクトレンズ外さず寝て「角膜破裂」の危険、米CDCが警鐘

コンタクトレンズを装着したまま一晩寝てしまった、ある男性。シャワーの後にタオルで顔を拭いていたら、左目から何かがはじけるような音が聞こえ、激痛が走った―。そんな症例が、米疾病対策センター(CDC)が発行する「Morbid […]

Read More
1HDN8月27日「パッケージニュース」No.4

眼の検査でパーキンソン病の早期発見が可能に?

発症後早期のパーキンソン病患者では、眼の奥にあり光を感じる網膜の厚さが薄くなっていることが、ソウル国立大学ポラメ医療センター(韓国)のJee-Young Lee氏らによる研究から明らかになった。この研究では、網膜の厚さが […]

Read More
1HDN7月9日「パッケージニュース」No.3

白内障手術で高齢ドライバーの交通事故が減少か

50万人以上のカナダの高齢者を対象とした研究から、白内障の高齢ドライバーが手術を受けると交通事故のリスクが9%低下することが分かった。リスクの低下度はわずかではあるが、研究を実施したケンジントン・アイ・インスティテュート […]

Read More
1-2 HDN2月26日「ヘルスハイライト」No.1_再配信

女性の眼に14匹の寄生虫―米CDC報告

鏡で自分の顔を見たら、眼の表面を半透明の小さな虫が這っていた―。想像したくないかもしれないが、これは米オレゴン州の26歳の女性が実際に経験したことだ。しかも、見つかったのはこの1匹だけではなく、14匹もいたというのだ。こ […]

Read More
4.1.1

「1日に温かいお茶を一杯以上」で緑内障リスク低下の可能性

日常的に温かいお茶を飲む習慣があると、中高年の代表的な眼の疾患である緑内障になりにくい可能性があることを示した小規模研究の結果が「British Journal of Ophthalmology」2017年12月14日オ […]

Read More
1-2 HDN12月25日「ヘルスハイライト」No.2

観測用眼鏡なしで皆既日食を見た女性の網膜に穴

2017年8月21日、米国では国民の多くが皆既日食を見るために空を見上げた。その際、繰り返し注意が呼び掛けられていたにもかかわらず、観測用眼鏡を使用せずに日食を観測したために網膜の一部が焼け、穴が開いてしまった20歳代の […]

Read More
4.1.1

戦場でも使用可能、眼の外傷の応急処置にゲル材

戦場で眼に外傷を負った兵士の視力を守ることができるかもしれない特殊なゲル材を開発したと米南カリフォルニア大学眼科部門のJohn Whalen氏らが「Science Translational Medicine」12月6日 […]

Read More
1-2 HDN11月6日「ヘルスハイライト」No.2

白内障手術で高齢女性の寿命が延びる?

白内障手術を受けた高齢女性は視力が改善するだけでなく、寿命も延長する可能性があることが、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のAnne Coleman氏らによる研究で示された。詳細は「JAMA Ophthalm […]

Read More
4.1.1

まれな眼疾患の治療に光、米で遺伝子治療の承認へ

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は10月12日、RPE65遺伝子変異を原因とするまれな遺伝性網膜疾患に対し、遺伝子治療薬の承認を勧告することを全会一致で決定した。この遺伝子治療薬を開発する米Spark Therape […]

Read More

コンタクトレンズのリスク

コンタクトレンズは、感染症や角膜潰瘍などの深刻な眼疾患の発症リスクを増大させることがあります。

Read More