image_print
o-180803

高齢糖尿病患者の4人に1人が補完代替医療を利用か――米研究

  • By

米国では、高齢糖尿病患者の4人に1人が補完代替医療(CAM)を利用しているとする調査結果が「Diabetes Care」6月号に掲載された。

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月9日配信2

慢性腎臓病患者の9割が食事指導を受けていない、米調査

  • By

適切な食事療法は慢性腎臓病(CKD)の進展を遅らせる効果があるが、米国では、透析療法の開始に至っていないCKD患者の9割が管理栄養士による食事指導を受けていないことが、米ロヨラ大学などの新たな研究で示唆された。詳細は「J […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月9日配信1

米国で末期腎不全患者の下肢切断率が低下

  • By

米国では2000年から2014年にかけて、透析療法を受ける末期腎不全(ESRD)患者の下肢切断率が大きく低下していることが、米スタンフォード大学腎臓病学のTara Chang氏らの検討で分かった。同期間中には、下肢切断に […]

Read More
4HDN国内ニュース8月6日配信1

自然災害後の血糖管理に影響する因子とは? 熊本地震で被災した糖尿病患者を対象に調査

  • By

2016年4月の熊本地震で被災した糖尿病患者を対象とした調査から、被災後の血糖コントロールには、被災直後では迅速なライフラインの復旧と十分な睡眠の確保が、その後の復旧・復興期では糖尿病治療薬や食料の十分な供給が重要となる […]

Read More

慢性腎臓病の早期発見・治療で重症化予防の徹底を図る――厚労省

  • By

厚生労働省の腎疾患対策検討会は7月12日、同検討会の報告書を公表した。報告書では、今後の対策の全体目標として、自覚症状が乏しい慢性腎臓病(CKD)を早期に発見・診断し、適切な治療を行うことで重症化予防の徹底を図ることが強 […]

Read More

「健康寿命をのばそう!アワード」応募受付を開始――厚労省

  • By

厚生労働省は7月2日、健康づくりのために優れた取り組みを行う企業や団体、自治体を表彰する「第7回健康寿命をのばそう!アワード」(生活習慣病予防分野)の応募受付を開始した。募集期間は8月31日(金)まで。

Read More
o-180802

「血糖値スパイク」は健康な人でも危険?――米研究

  • By

糖尿病患者だけでなく、健康な人でも食後に血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」がみられ、血糖変動の大きさは2型糖尿病リスクの指標になり得ることが、「PLOS Biology」7月24日オンライン版に掲載の論文で報告された。

Read More
o-180801

無症候性左室収縮機能不全を伴う糖尿病患者で心不全リスク増――英研究

  • By

無症候性左室収縮機能不全(ALVSD)を合併した糖尿病患者では、心不全の発症と心不全による入院のリスクが増加する可能性のあることが、「Diabetes Care」6月号に掲載の論文で報告された。

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月2日配信2

糖尿病患者のがんリスクは男性よりも女性で高い?

  • By

糖尿病患者では一部のがんリスクが上昇することが知られている。今回、そのリスクは男性よりも女性の方が高い可能性のあることが、シドニー大学ジョージ国際保健研究所(The George Institute for Global […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月2日配信1

「血糖値スパイク」は健康な人でも危険?

  • By

糖尿病患者の血糖値は大きく変動することは知られているが、健康な人でも食後に血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」がみられることが新たな研究で分かった。健康な成人を対象に持続血糖測定器(CGM)で評価した血糖変動の大きさは空 […]

Read More