image_print
4.1.1

精神的ストレスが睡眠障害、食欲増進をもたらし肥満リスクを高める――デンマークの研究

  • By

精神的なストレスは睡眠障害をもたらし、高カロリーの食べ物への欲求が増え、結果的に肥満リスクを高めることが、コペンハーゲン大学病院(デンマーク)のNina R.W. Geiker氏らのレビュー論文で報告された。「Obesi […]

Read More
4HDN国内ニュース9月19日配信1

血中アディポネクチン濃度の上昇が骨折の予測因子に 福岡県糖尿病患者を対象とした大規模疫学研究を解析

  • By

閉経後女性を含む2型糖尿病患者では、血中アディポネクチン濃度の上昇に伴い、骨折全体のリスクだけでなく骨粗鬆症性骨折を来すリスクも高まる可能性のあることが、白十字病院副院長・糖尿病センター長の岩瀬正典氏らの研究で明らかにさ […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月14日配信2

米国成人の肥満率、横ばいで推移も依然高水準

  • By

米国保健信託(Trust for America’s Health;TFAH)とロバート・ウッド・ジョンソン財団は、2017年の国民の肥満率に関する報告書をまとめ、成人の肥満率は昨年からほぼ横ばいで推移してい […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月14日配信1

睡眠時無呼吸の治療中断で血糖値が上昇

  • By

閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)の治療を数日間中断するだけで、血糖値やストレスホルモンの血中濃度のほか、血圧も上昇することを、米ジョンズ・ホプキンズ大学の研究グループが発表した。「Journal of Clinical E […]

Read More
4.1.1

若い慢性疾患患者で自殺リスクが高まる――カナダの研究

  • By

20歳代までに糖尿病や喘息などの慢性疾患にかかると、同世代の健康な若者に比べて自殺を図るリスクが4倍以上に高まるとする研究結果が「Canadian Journal of Psychiatry」8月17日電子版に掲載された […]

Read More
Items for daily monitoring of blood glucose

「1分間に思い出せる動物の名前の数」でインスリン治療の可否を判定 横浜市大の研究グループ

  • By

「1分間になるべく多くの動物の名前を思い出す」という簡単な記憶力テストの結果で、高齢の2型糖尿病患者がインスリン治療を自己管理できるかどうかを判定できる可能性があるとする研究結果を、横浜市立大学大学院分子内分泌・糖尿病内 […]

Read More
†€Ö†

「オキシトシン」の肥満改善作用、肥満なほど効果高く マウスを用いた実験で検証、福島県立医大ら

  • By

一般に「愛情ホルモン」などと呼ばれるオキシトシンには肥満改善効果があり、その効果は高脂肪食を摂取して肥満しているほど高い可能性があることを、福島県立医科大学薬理学准教授の前島裕子氏と教授の下村健寿氏らの研究グループがマウ […]

Read More

「傍尿細管基底膜滲出性病変」は糖尿病腎症の有用な腎予後因子――岡山大らの研究グループ

  • By

傍尿細管基底膜滲出性病変(paratubular basement membrane insudative lesions;PTBMIL)は腎生検で糖尿病腎症と診断された2型糖尿病患者における有用な腎予後因子である可能性 […]

Read More
o-170906

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者では2型糖尿病の発症率が高まる――デンマークの研究

  • By

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)患者では2型糖尿病の発症率が高く、診断時の年齢も低いとする研究結果が「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」8月29日電子版に […]

Read More
ààß

2型糖尿病リスク低下と関連する新たなIGF2遺伝子変異を同定――米研究

  • By

ラテン系人種において2型糖尿病の発症リスク低下(約20%)と関連する新たなIGF2遺伝子変異を同定したとの研究結果が、「Diabetes」8月24日電子版に掲載された。

Read More