image_print
Patient is telling doctor about his health problems. He is having pain in his chest.

米国のプライマリケア医における糖尿病前症の認知度は依然低い――米研究

  • By

米国では、糖尿病前症のリスク因子を全て知っているプライマリケア医は6%に過ぎないとする研究結果が、「Journal of General Internal Medicine」7月20日電子版に掲載された。

Read More
4HDN国内ニュース8月7日配信1

2型糖尿病患者の腎症リスク、正確な評価には血圧手帳よりも血圧計の記録値を

  • By

2型糖尿病患者が家庭血圧計で血圧を測定後に血圧手帳に記録した報告値は、血圧計が記録した測定値に比べて正確性に欠けており、その血圧変動はアルブミン尿と関連しない可能性のあることが、京都府立医科大学大学院内分泌・代謝内科学教 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月3日配信2

「週3~4回」の適度な飲酒で糖尿病リスクが低下する?

  • By

適度な量のワインやビールを週に3~4回飲む人は、飲酒の頻度が週1回の人と比べて2型糖尿病リスクが約30%低下する可能性のあることが、デンマークの研究で報告された。詳細は「Diabetologia」7月27日オンライン版に […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月3日配信1

米国でまれな末梢神経障害が増加

  • By

糖尿病神経障害は、網膜症や腎症とともに糖尿病の三大合併症として恐れられているが、米国では糖尿病患者数の増加に伴って、これまで頻度はまれであった「自律神経ニューロパチー(autonomic neuropathy)」「小径線 […]

Read More

生活習慣の欧米化でアディポネクチンに質的および量的な異常――遺伝的素因が共通する日系人と日本人を比較検討

  • By

遺伝的素因が同じ日本人であっても、生活習慣が日本式から米国式に変化すると、脂肪細胞から分泌されるホルモン「アディポネクチン」に量的および質的な異常がもたらされ、インスリン抵抗性が惹起される可能性のあることが、日本在住の日 […]

Read More
o-170717

血糖値の受診間変動は2型糖尿病患者のアルツハイマー病リスクを予測――中国の研究

  • By

2型糖尿病患者では、空腹時血糖値およびHbA1c値の受診間変動はアルツハイマー病(AD)の独立した予測因子であるとする研究結果が「Diabetes Care」7月13日電子版に掲載された。

Read More
Senior man standing reminiscing as he stares out of a window with a faraway expression as he recalls nostalgic old memories

9つの対策で認知症の35%は予防可能

  • By

教育レベルの低さや中年期の聴力低下、高齢期の喫煙や抑うつといった9つの認知症の危険因子への対策を講じれば、世界の認知症の3例中1例は予防できることが、国際研究グループによる分析から明らかになった。この分析結果はアルツハイ […]

Read More
Illustration of Human Internal Kidney Anatomy

拡散テンソル画像MRIで腎臓線維化の画像化に成功 糖尿病腎症モデルラットで、阪大の研究グループ

  • By

大阪大学大学院先端移植基盤医療学准教授の貝森淳哉氏と先端移植基盤医療学教授の高原史郎氏らの研究グループは、拡散テンソル画像(diffusion tensor imaging;DTI)と呼ばれる拡散MRIの一手法を用いて、 […]

Read More
4.1.1

生活習慣の欧米化でアディポネクチンに質的および量的な異常 遺伝的素因が共通する日系人と日本人を比較検討

  • By

遺伝的素因が同じ日本人であっても、生活習慣が日本式から米国式に変化すると、脂肪細胞から分泌されるホルモンの「アディポネクチン(APN)」に量的および質的な異常がもたらされ、インスリン抵抗性が惹起される可能性があることが、 […]

Read More

拡散テンソル画像MRIで糖尿病腎症モデルラットの腎臓線維化の撮影に成功――阪大の研究グループ

  • By

大阪大学大学院先端移植基盤医療学准教授の貝森淳哉氏と先端移植基盤医療学教授の高原史郎氏らの研究グループは、拡散テンソル画像(diffusion tensor imaging;DTI)と呼ばれる拡散MRIの一手法とスピンエ […]

Read More