image_print
o-171006

夜勤で腹部肥満リスクが上昇する可能性――中国の研究

  • By

夜勤で働く人は腹部肥満になりやすく、心臓病や糖尿病、脳卒中を起こしやすい可能性があることを香港中文大学(中国)のM. Sun氏らが「Obesity」10月号に発表した。

Read More
2HDN糖尿病ニュース10月12日配信2

夜勤で腹部肥満リスクが上昇か

  • By

夜勤で働く人は太りやすく、特に腹部肥満になりやすい可能性があることが、香港中文大学(中国、Chinese University of Hong Kong)公衆衛生・プライマリケア学部のM. Sun氏らの調査で分かった。

Read More
2HDN糖尿病ニュース10月12日配信1

「家族と楽しくゲーム感覚」で運動量は増やせる

  • By

家族で歩数目標の達成をゲーム感覚で楽しむと、得られるインセンティブが少なくても運動量が増えることが新しい研究で示された。参加者は全員白人で、一般的な米国人よりも健康で経済的にも恵まれている人が多かったが、研究を行った米ペ […]

Read More

2型糖尿病患者の心臓周囲の脂肪蓄積と血清シスタチンC値の上昇が関連――岩手医大の研究グループ

  • By

2型糖尿病患者では、心臓周囲の脂肪蓄積と腎機能マーカーとして知られる血清シスタチンC値の上昇が関連し、これらは心血管代謝リスクの上昇をもたらす可能性があると岩手医科大学糖尿病・代謝内科教授の石垣泰氏らが「PLOS ONE […]

Read More
o-171005

代謝的に健康でも肥満には多額の社会的コストがかかる――米研究

  • By

血圧や脂質、血糖などに異常がなく代謝的に健康であっても、肥満がある成人には、生涯にわたり数万ドルに上る医療費や生産性の損失といった社会的コストがかかることが、米ジョンズ・ホプキンズ大学のBruce Lee氏らによる分析で […]

Read More
Cute fat boy taking a selfie with smart phone on sunflowers background

肥満小児の心血管代謝リスクは心肺フィットネスが高いほど低減する――スウェーデンの研究

  • By

小児は肥満度が高いほど心血管代謝リスクとインスリン抵抗性(HOMA-IR)が増大するが、心肺フィットネス(CRF)が高いとこうしたリスクは低減する可能性があるとの研究結果が「Diabetes Care」9月14日電子版に […]

Read More
4HDN国内ニュース10月10日配信1

心臓周囲の脂肪蓄積と血清シスタチンC値の上昇が関連 日本人2型糖尿病患者を解析、岩手医大の研究グループ

  • By

2型糖尿病患者では、心臓周囲の脂肪蓄積と腎機能マーカーとして知られる血清シスタチンC値の上昇が関連し、これらは心血管代謝リスクの上昇をもたらす可能性があると岩手医科大学糖尿病・代謝内科教授の石垣泰氏らが「PLOS ONE […]

Read More

滋賀県や青森県で啓発フェスタや講演会を開催――日本糖尿病協会

  • By

日本糖尿病協会は10月と11月に、一般の患者さんに向けた啓発活動の一環として10月15日に滋賀県で「糖尿病予防キャンペーン 西日本地区 in 滋賀」を、11月26日には青森県で「糖尿病啓発フェスタ」を開催する。

Read More

「全国糖尿病週間」に各地で啓発活動――今年は11月13日から1週間

  • By

日本糖尿病協会によると、今年も11月14日(火)の世界糖尿病デーを含めた1週間(11月13日~19日)を『全国糖尿病週間』とし、全国各地で糖尿病の発症と重症化予防に向けた啓発運動が展開される。

Read More

太っても食欲が止まらない・・・原因酵素を同定――基礎生物学研

  • By

太っても食欲が止まらない原因となる酵素を突き止めたと、基礎生物学研究所(愛知県)統合神経生物学研究部門の野田昌晴氏らの研究グループが発表した。食欲は脂肪細胞から分泌されるホルモン(レプチン)が制御しているが、肥満になると […]

Read More