image_print

玄米食で2型糖尿病患者の血管内皮機能が改善――滋賀医大の研究グループ

  • By

2型糖尿病患者が食物繊維を豊富に含む玄米食を8週間摂取すると、体重やHbA1c値に影響を及ぼさずに血管内皮機能が改善する可能性のあることを、滋賀医科大学糖尿病内分泌内科の森野勝太郎氏、同大学公衆衛生学講座の近藤慶子氏らが […]

Read More

「住環境」と「外食頻度」が若年女性の栄養摂取状況に及ぼす影響は? ――東大の研究グループ

  • By

家族と同居またはひとり暮らしといった居住形態は、中高年だけでなく若年女性の食習慣にも影響を及ぼし、居住形態によって栄養素の摂取状況には差がみられることが、東京大学大学院社会予防疫学分野の児林聡美氏らの検討で分かった。ひと […]

Read More
o-170713

スマホアプリによる介入で2型糖尿病患者の心血管リスクが低減――中国の研究

  • By

スマートフォンのアプリを利用して通知を送る介入は、2型糖尿病患者の心血管リスクの低減に有効とする研究結果が「Journal of Clinical Nursing」7月12日電子版に掲載された。

Read More