image_print
spermatozoons

肥満男性で精子の数、質ともに低下の可能性

  • By

肥満男性では精液の量が少なく、精子の数や濃度、運動率なども低いことが、インドの不妊治療施設に通院する男性約1,300人を対象とした後ろ向きコホート研究で明らかになった。研究を率いたクリシュナIVFクリニック生殖補助センタ […]

Read More
4HDN国内ニュース10月2日配信2

糖尿病患者1000万人の大台に、予備軍含め2000万人と推計 厚労省「国民健康・栄養調査」

  • By

糖尿病患者とその予備軍は、2016年にはいずれも約1000万人に上ることが厚生労働省の国民健康・栄養調査で分かった。糖尿病患者数が1000万人の大台を記録したのは、1997年の調査開始以来初めて。厚労省は高齢化や特定健診 […]

Read More
4HDN国内ニュース10月2日配信1

太っても食欲が止まらない・・・原因酵素を同定 肥満治療への応用に期待、基礎生物学研

  • By

太っても食欲が止まらない原因となる酵素を突き止めたと、基礎生物学研究所(愛知県)統合神経生物学研究部門の野田昌晴氏らの研究グループが発表した。食欲は通常、脂肪細胞から分泌されるホルモン(レプチン)がコントロールしているが […]

Read More

AI活用で2型糖尿病悪化の予測モデルを開発――藤田保健衛生大ら

  • By

藤田保健衛生大学と第一生命保険(株)、日本IBMの共同研究グループは、人工知能(AI)を活用して2型糖尿病の悪化を予測するモデルの開発に成功したと発表した。

Read More

糖尿病患者1000万人の大台に、予備軍含め2000万人と推計――厚労省「国民健康・栄養調査」

  • By

糖尿病患者とその予備軍は、2016年にはいずれも約1000万人に上ることが厚生労働省の国民健康・栄養調査で分かった。糖尿病患者は前回(2012年)調査の950万人を上回り、初めて1000万人の大台を記録した。厚労省は高齢 […]

Read More

血糖・血圧・脂質の同時強化介入が大血管合併症を抑制――J-DOIT3、EASD 2017で発表

  • By

約2,500人の糖尿病患者を対象とした大規模臨床試験(J-DOIT3研究)で、血糖・血圧・脂質の管理指標を現行よりも厳格に設定すると、2型糖尿病患者の心筋梗塞や脳卒中などの大血管合併症リスクの低減につながる可能性があるこ […]

Read More
Items for daily monitoring of blood glucose

高齢糖尿病患者の10人に1人が過剰治療の疑い――米研究

  • By

高齢の糖尿病患者の10人に1人が過剰治療を受けており、このうち減薬や休薬をする患者はわずかに過ぎないとの研究結果が「Journal of General Internal Medicine」9月13日電子版に掲載された。

Read More
ÿÿÿÿ

ルーワイ胃バイパス術で減量体重と2型糖尿病寛解を長期に維持――米研究

  • By

重度肥満患者がルーワイ胃バイパス術(RYGB)を受けると、減量体重と2型糖尿病の寛解を長期にわたり維持できる可能性があるとの研究結果が「New England Journal of Medicine」9月21日号に掲載さ […]

Read More
o-170916

塩分の取り過ぎで糖尿病の発症リスクが高まる可能性――EASD 2017

  • By

食塩の摂取量が多い成人は糖尿病を発症するリスクが高い可能性があるとの研究結果が、第53回欧州糖尿病学会議(EASD 2017、9月11~15日、リスボン)で発表された。

Read More

糖尿病でも外食を楽しもう

  • By

インスリン療法を行っている糖尿病患者にとって、血糖変動のリスクを伴う外食はストレスの元です。

Read More