image_print
Close-up Of Hand Holding Device For Measuring Blood Sugar

2007年以降、糖尿病患者の血糖コントロール状況に変化みられず――米研究

  • By

米国では2007年以降、糖尿病患者のHbA1c検査の実施率や患者の認知度は向上したが、血糖コントロール状況には変化はみられないとする調査結果が「Journal of the American Medical Associ […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月30日配信2

経口インスリンは1型糖尿病の予防に有効か?

  • By

近親者に1型糖尿病患者がいるなど1型糖尿病の発症リスクが高い人の中でも、特にリスクの高い人は経口インスリン製剤の服用でその発症を予防したり、発症時期を遅らせることができる可能性のあることが、「Journal of the […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月30日配信1

乾癬の重症化で2型糖尿病リスクが上昇か

  • By

乾癬患者は乾癬のない人と比べて2型糖尿病を発症するリスクが高く、乾癬の重症度が高いほどそのリスクは上昇する可能性のあることが新たな研究で示された。研究論文の責任著者を務める米ペンシルベニア大学皮膚科教授のJoel Gel […]

Read More
Lancaster County, Pennsylvania:  An Amish family riding along a country road in their open horse and buggy carriage - Xu Lei Photo

アーミッシュに「不老」の遺伝子変異、糖尿病の少なさにも関係

  • By

米インディアナ州で移民当時の生活スタイルを守りながら暮らすアーミッシュ(キリスト教の一派)の住民を対象とした調査から、一部の住民に共通した遺伝子変異があり、変異がある人ではない人と比べて平均寿命が10年長いことが分かった […]

Read More
€~

尿pH測定が糖尿病の高リスク者発見に有用 低値で耐糖能異常リスク上昇、愛媛大

  • By

健診を受けた成人男女約4,900人を調査した結果、日本人の男女は尿pH値が低いほど耐糖能異常を有する確率が高い可能性があると愛媛大学大学院消化器・内分泌・代謝内科学(第三内科)の三宅映己氏らが発表した。特にこれらの関連は […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月22日配信2

低脂肪食による減量で肥満者が長生きに?

  • By

肥満の人は低脂肪で飽和脂肪酸の摂取量を抑えた減量食を実践すると、運動の有無にかかわらず余命が延長する可能性のあることが新たなシステマティックレビューとメタ解析で示された。低脂肪食による食事介入で肥満成人の全死亡リスクは1 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月22日配信1

若年の糖尿病患者で心臓突然死リスク増

  • By

50歳未満の若い糖尿病患者は、糖尿病がない同年代の人と比べて心臓突然死リスクは7倍、心臓病による死亡リスクは8倍に上るとするデンマークの研究結果が、米国心臓協会年次集会(AHA 2017、11月11~15日、米アナハイム […]

Read More
4HDN国内ニュース11月20日配信1

細小血管合併症の重症化や重複でQT間隔延長リスク高まる 日本人2型糖尿病患者219人のデータを解析、日本医大

  • By

日本人の2型糖尿病患者において、糖尿病網膜症や腎症といった細小血管合併症が重症化する、もしくは神経障害を含めた3つの細小血管合併症が重複すると、致死的な不整脈につながる心電図のQT間隔延長リスクが高まることが、日本医科大 […]

Read More

健康づくりの優れた取り組みを表彰――厚労省「第6回健康寿命をのばそう!アワード」

  • By

厚生労働省が主催する「第6回健康寿命をのばそう!アワード」の表彰式が13日、都内で開かれ、生活習慣病予防の啓発などの優れた取り組みを行う企業や団体、自治体に各賞が授与された。

Read More

飲酒量が多いほどインスリン分泌不全やインスリン抵抗性になりやすい――帝京大の研究グループ

  • By

日本人の成人男女は飲酒量が多いほどインスリン分泌不全やインスリン抵抗性になりやすく、2型糖尿病の発症リスクが高まる可能性があると、帝京大学衛生学公衆衛生学の辰巳友佳子氏らが発表した。これらの関連には性差はみられないことも […]

Read More