image_print
Sick nail on the leg, fungus on the big toe

体重の増加で爪水虫リスクも上昇?

肥満は文字通り頭から爪先まで全身に悪影響を及ぼすようだ。適正体重を上回る体重の増加によって、爪白癬(爪水虫)などの爪真菌症リスクが高まることがカトリック大学校医学部(韓国)のJi Hyun Lee氏らによる研究から明らか […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース4月5日配信2

成人の糖尿病タイプ別の有病率を初調査――米CDC

米国では成人の糖尿病患者は2016年時点で2300万人に上り、このうち2型糖尿病患者が約9割を占め(約2100万人)、1型糖尿病患者は約130万人(5.8%)、1型糖尿病でも2型糖尿病でもない自己免疫性の若年発症成人型糖 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース4月5日配信1

減量手術でパートナーとの関係が変わる?

減量手術を受けて痩せることに成功すると、パートナーとの関係が大きく変わる可能性のあることが、「JAMA Surgery」3月28日オンライン版に掲載されたスウェーデンの研究で示唆された。研究によると、減量手術後には離婚し […]

Read More
1 HDN4月2日「パッケージニュース」No.1

職場の騒音、血圧や脂質にも悪影響か

職場の騒音は難聴の原因になるだけでなく、血圧値や脂質値を上昇させる可能性があることが米疾病対策センター(CDC)傘下の米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)のグループによる研究から明らかになった。研究では、米国の労働者の […]

Read More
4HDN国内ニュース4月2日配信2

長時間の残業と睡眠不足で2型糖尿病リスク増 約3万人の会社員を対象に分析、帝京大ら

残業時間が月当たり45時間を超え、かつ睡眠が十分に取れていない人は2型糖尿病になりやすい可能性のあることが、帝京大学大学院公衆衛生学研究科の桑原恵介氏らの研究グループの調べで分かった。一方で、残業時間が月に45時間を超え […]

Read More
4HDN国内ニュース4月2日配信1

血糖変動の増大が心臓自律神経障害につながる可能性 日本人2型糖尿病患者を対象に解析、東京慈恵会医大

日本人の2型糖尿病患者では、血糖変動が大きくなると心臓自律神経機能を評価する指標の一つである圧受容器反射感受性(baroreflex sensitivity;BRS)の低下と関連する可能性があると、東京慈恵会医科大学糖尿 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース3月29日配信2

精子数の減少は心血管代謝や骨密度にも影響か

精子の数が少ない不妊症の男性は心血管代謝の指標が悪化しやすく、骨密度も低下しやすいなど、生殖機能以外にも健康に問題を抱えている可能性が高いことが、約5,200人の不妊男性を対象とした新しい研究で示された。精子の数が減少し […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース3月29日配信1

カロリー制限で寿命が延びる?

太っていなくても、1日に食べる量を毎日抑えることが長生きの秘訣かもしれない-。健康な男女が15%のカロリー制限を2年間続けると、減量につながるだけでなく、寿命の延長と関連するバイオマーカーが改善し、老化の進行を抑えられる […]

Read More
o-180313

高温調理した赤肉や鶏肉で2型糖尿病リスクが上昇――米研究

定期的に肉料理を食べる習慣のある人では、赤肉や鶏肉をグリルやバーベキューなどの直火や高温で調理する頻度が高いほど2型糖尿病の発症リスクが高まる可能性のあることが「Diabetes Care」3月12日オンライン版に掲載の […]

Read More
Woman exercising with dumbbells.

10代の重度肥満合併2型糖尿病患者には減量手術が有効か?――米研究

10代の重度肥満合併2型糖尿病患者では、内科的治療よりも減量手術の方が減量や血糖コントロールの改善に有効とする研究結果が「JAMA Pediatrics」3月12日オンライン版に掲載された。

Read More