image_print
1HDN9月10日「パッケージニュース」No.2

睡眠時無呼吸症患者は痛風になりやすい?

閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)患者は痛風になりやすい可能性のあることが、英キール大学リウマチ学臨床講師のEdward Roddy氏らによる新たな研究で明らかになった。詳細は「Arthritis & Rheumat […]

Read More
1HDN7月17日「パッケージニュース」No.1

米国人が補聴器を使わない理由

米国では、耳が聞こえづらくなっても、高価だからという理由で補聴器を使わない人が多いことが、新たな研究で明らかになった。補聴器を装着するのを恥ずかしいと感じる人も多かったという。「The Gerontologist」5月2 […]

Read More
1 HDN4月5日「パッケージニュース」No.1

聴力が低下した人は事故で負傷するリスクが高い?

難聴で困るのは会話が聞き取りづらい時くらいだと考えている人は少なくないだろう。しかし、難聴による問題はそれだけではない可能性があることを示した研究結果が「JAMA Otolaryngology」3月22日オンライン版に発 […]

Read More
1-1 HDN3月26日「今日のニュース」No.2

小児の扁桃摘出術、3歳未満で術後合併症リスク上昇か

慢性あるいは反復性の扁桃炎がみられる小児患者に対し、扁桃摘出術が行われることは珍しくない。しかし、3歳未満の小児では特に注意が必要かもしれない。米ボストン小児病院のClaire Lawlor氏らが扁桃摘出術を受けた小児患 […]

Read More

子どもの扁桃炎の症状

子どもが繰り返し扁桃炎を起こしている場合は、扁桃摘出術を検討しても良いかもしれません。

Read More
1-2 HDN2月8日「ヘルスハイライト」No.2

歯ぎしり軽減にボトックス治療が有望

寝ている間の歯ぎしりや食いしばりといった症状は、頭痛や顎関節症の原因となるほか、歯にもダメージをもたらすことがある。こうした症状の軽減に、A型ボツリヌス毒素(ボトックス)を頬に注入する治療が有望であることが小規模なランダ […]

Read More
4.1.1

くしゃみの我慢は危険? 喉が破裂する可能性も

くしゃみが出そうなときは我慢しない方が良いかもしれない―。くしゃみを我慢しようと鼻をつまみ、口を閉じたところ、喉の奥が破裂して話すことも飲み込むことも困難な状態に陥った男性がいるという。この男性の治療に当たった英レスター […]

Read More
Man Covering his Ears

耳鳴りのデバイス治療、有望性示す

耳鳴り(耳鳴)の新たな治療法として、耳からの音による刺激に加えて首や頬の皮膚に電気刺激を与える非侵襲的なデバイス治療が有望であることが分かった。この治療によって耳鳴患者の症状が軽減し、生活の質(QOL)が向上することが米 […]

Read More
businessman with indigestion or stomach pain

慢性的な胸やけがある人は頭頸部がんにも注意すべき?

胃酸の逆流によって慢性的な胸やけをもたらす胃食道逆流症(GERD)が、頭頸部がんのリスクに関連することが新たな研究で示された。GERD患者は高齢者を中心に数多く、珍しい疾患ではない。しかし、これまでにGERDが食道がんや […]

Read More
Subway train speeding up, Boston.

通勤通学時の騒音で難聴に?

トロント大学(カナダ)などの研究グループがトロント市街地で実施した騒音調査から、通勤や通学で地下鉄やバスなどの公共交通機関や自転車などを利用する人は、日常的に基準値を超えるレベルの騒音にさらされていることが明らかになった […]

Read More