image_print
Senior doctor talking with patient and tablet in office

がんの診断後は心筋梗塞や脳梗塞のリスク高まる

  • By

がんと診断されたばかりの患者は、心筋梗塞や脳梗塞といった動脈血栓塞栓症のリスクが高い状態にあることが、米ワイルコーネル・メディスンのBabak Navi氏らによる研究で示された。詳細は「Journal of the Am […]

Read More
Young dad and his two sons playing video games

一部のテレビゲームで脳の灰白質が萎縮?

  • By

アクション型のテレビゲームをプレイする人の一部で、脳の灰白質と呼ばれる部分の萎縮が認められたとする研究結果が「Molecular Psychiatry」8月8日オンライン版に掲載された。ただ、同研究ではゲームをプレイする […]

Read More
4.1.1

「歯科治療」が腹痛や足のしびれの原因に

  • By

歯科治療には思わぬリスクがあることを示す2症例が「BMJ Case Reports」8月7日および8日のオンライン版で紹介された。

Read More
4.1.1

日によって血圧値が大きく変動する人は認知症リスクが高い?

  • By

血圧値が測定した日によって大きく異なる人は、認知症を発症するリスクが高い可能性が、60歳以上の日本人約1,600人を対象とした新たな研究で示された。日ごとの血圧値の変動幅が大きな人では、血圧値が安定している人と比べて認知 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月17日配信

糖尿病治療薬がパーキンソン病の治療にも有望な可能性

  • By

GLP-1受容体作動薬のエキセナチド(商品名:バイエッタ)がパーキンソン病治療薬としても有望である可能性が、「Lancet」8月3日オンライン版に掲載の論文で報告された。同薬の投与を中止した後でもパーキンソン病の運動症状 […]

Read More
33077

脳卒中後の抗血小板薬による出血リスクを予測する10の因子

  • By

脳梗塞や一過性脳虚血発作(TIA)の患者に再発予防のために投与される抗血小板薬には出血リスクがある。オランダ・ユトレヒト大学医療センターのNina Hilkens氏らは、過去に発表された6件の臨床試験のデータに基づき脳梗 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月3日配信1

米国でまれな末梢神経障害が増加

  • By

糖尿病神経障害は、網膜症や腎症とともに糖尿病の三大合併症として恐れられているが、米国では糖尿病患者数の増加に伴って、これまで頻度はまれであった「自律神経ニューロパチー(autonomic neuropathy)」「小径線 […]

Read More

溺水による脳障害、高気圧酸素治療で回復

  • By

プールでの溺水事故により重度の脳障害に至った女児に対し、高気圧酸素治療(HBOT)と呼ばれる治療を試みた結果、萎縮していた脳組織が回復したとする報告が「Medical Gas Research」6月30日オンライン版に掲 […]

Read More
Senior man standing reminiscing as he stares out of a window with a faraway expression as he recalls nostalgic old memories

9つの対策で認知症の35%は予防可能

  • By

教育レベルの低さや中年期の聴力低下、高齢期の喫煙や抑うつといった9つの認知症の危険因子への対策を講じれば、世界の認知症の3例中1例は予防できることが、国際研究グループによる分析から明らかになった。この分析結果はアルツハイ […]

Read More
4.1.1

「アイスクリーム頭痛」が起きる仕組みと予防法

  • By

キンキンに冷えたスムージーやアイスクリームがおいしい季節だが、あまり急いで食べると一瞬だがひどくキーンとする頭痛が起きることがある。この頭痛は「アイスクリーム頭痛(brain freeze)」と呼ばれるもので危険性はない […]

Read More