image_print
1HDN5月14日「パッケージニュース」No. 1

落雷で脳深部刺激装置が停止した事例の報告

脳深部刺激療法は、進行したパーキンソン病やその他の運動性疾患に対する確立した治療法である。しかし、近くで発生した落雷により植込み型装置の電源が切れてしまうという事例がヨーロッパで1件報告された。論文著者の一人であるリュブ […]

Read More
1HDN5月14日「パッケージニュース」No. 4

アルツハイマー病患者の興奮や不安、音楽で軽減か

アルツハイマー病患者の焦燥性興奮(アジテーション)や不安などの軽減に、患者が好む音楽を聴かせる治療法が有効である可能性を示した研究結果が「The Journal of Prevention of Alzheimer […]

Read More
OS18067

ハエも射精で快感を味わう?

オスは種にかかわらず、ハエの仲間であるショウジョウバエであっても射精で快感を味わうらしいことが、4月19日の「Current Biology」オンライン版に掲載された論文により報告された。ハエが射精で興奮を得ることを報告 […]

Read More
4.1.1

難治性の片頭痛を予防、新規クラス薬で有望な成績

片頭痛に苦しんでいる多くの患者に希望を与える臨床試験の結果が明らかになった。既存の薬剤で治療しても改善しなかった片頭痛を、新規クラスの薬剤でerenumab(商品名Aimovig、国内未承認)と呼ばれる注射薬によって予防 […]

Read More
UUPW

つらい経験で脳の老化は加速する

離婚や家族の死、金銭トラブル、深刻な健康問題といった人生を左右するようなつらい出来事は、ストレスをもたらすだけでは済まないようだ。米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のSean Hatton氏らによる研究から、 […]

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

たった一晩の睡眠不足でアルツハイマー病リスクが増大?

たった一晩でも睡眠が不足すると、アルツハイマー病との関連が指摘されているアミロイドβ(Aβ)と呼ばれるタンパク質の蓄積量が脳内で増加することが、米国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)のEhsan Shokri- […]

Read More
4.1.1

世界一辛いトウガラシで激しい頭痛、脳動脈に異常も

トウガラシを食べると救急科を受診しなければならないレベルの激しい頭痛が起こる可能性があることを、覚えておいた方が良いかもしれない―。トウガラシを食べるコンテストに参加した男性が、世界で最も辛いとされている種類のトウガラシ […]

Read More
33180

高齢になっても脳神経細胞は増え続ける

高齢になると脳細胞は減るばかりで増えることはないと一般的に考えられているが、こうした考えを覆す新しい研究結果が「Cell Stem Cell」4月5日オンライン版に掲載された。14~79歳で急死した健康な男女の脳を剖検し […]

Read More
young blond woman having a headache close up

片頭痛予防に携帯型TMS装置が有効か

患者が自宅で使用できる携帯型の単一パルス経頭蓋磁気刺激(sTMS)装置(商品名SpringTMS)が片頭痛の予防に有効であることを示した研究結果が「Cephalalgia」3月4日オンライン版に掲載された。この装置は既に […]

Read More
4.1.1

涙がパーキンソン病リスクを知る手がかりに?

将来、涙でパーキンソン病の発症リスクを評価できる日が来るかもしれない―。米南カリフォルニア大学医学部のMark Lew氏らが実施した研究から、パーキンソン病患者とパーキンソン病がない人で涙に含まれる特定のタンパク質の濃度 […]

Read More