image_print
1HDN8月27日「パッケージニュース」No.4

眼の検査でパーキンソン病の早期発見が可能に?

発症後早期のパーキンソン病患者では、眼の奥にあり光を感じる網膜の厚さが薄くなっていることが、ソウル国立大学ポラメ医療センター(韓国)のJee-Young Lee氏らによる研究から明らかになった。この研究では、網膜の厚さが […]

Read More
1HDN8月16日「パッケージニュース」No.1

てんかんの妊婦、葉酸摂取が児の言語発達遅延に有効か

妊娠中に抗てんかん薬の服用を続ける女性患者は、妊娠前から葉酸を摂取することで生まれた子どもの言語発達に遅れが出るリスクが半減できる可能性のあることが、ノルウェーの新たな研究で示された。詳細は「Neurology」8月1日 […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.3

中年期の立ちくらみは認知症のサイン?

立ちくらみは「起立性低血圧」とも呼ばれ、高齢者では珍しくない症状だが、中年期の人でみられたら注意した方が良いかもしれない。米ジョンズ・ホプキンス大学神経学教授のRebecca Gottesman氏らの研究から、中年期に起 […]

Read More
4HDN国内ニュース8月6日配信2

出産経験ある女性で心疾患や脳卒中による死亡リスク減 約4万人の日本人女性を解析、JPHC研究

出産経験がある日本人女性は、経験がない女性に比べて心疾患や脳卒中、がんによる死亡リスクが低い可能性のあることが、国立がん研究センターなどによる多目的コホート(JPHC)研究から分かった。出産や授乳を経験した女性や閉経年齢 […]

Read More
1HDN7月26日「パッケージニュース」No.2

「便潜血陽性」は大腸がん以外の疾患の徴候?

大腸がん検診では、便に血が混じっていないかを調べる便潜血検査が広く行われている。今回、新たな研究で、便潜血反応が陽性であると大腸がん以外にも深刻な疾患が隠れている可能のあることが示された。大腸がん検診を受けた13万人を超 […]

Read More
1HDN7月17日「パッケージニュース」No.4

アルツハイマー病の進行抑制にアスピリンが有効か

アスピリンを服用するとアルツハイマー病の進行を抑制できる可能性のあることが、米ラッシュ医科大学神経学のKalipada Pahan氏らのマウスを用いた実験で示唆された。アルツハイマー病には脳内のアミロイドβ(Aβ)と呼ば […]

Read More
1HDN7月12日「パッケージニュース」No.3

座りすぎで死亡リスクが上昇する14の疾患

普段の生活の中で、座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高いことを示した研究結果が「American Journal of Epidemiology」6月26日オンラ […]

Read More
1HDN7月9日「パッケージニュース」No.1

男性の片頭痛にも女性ホルモンが関与か

女性の片頭痛の多くは女性ホルモンの変動が関係していることが知られているが、男性の片頭痛にもこのホルモンが関与している可能性があることが、新たな研究で示された。約40人の男性を対象とした研究で、片頭痛のある男性は、片頭痛の […]

Read More
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.3

アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与か

アルツハイマー病の発症に2種類のヒトヘルペスウイルス(HHV)が関与している可能性を示した研究結果が「Neuron」6月21日オンライン版に発表された。研究を実施した米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のJoel Du […]

Read More
1HDN6月28日「パッケージニュース」No.3

結婚で心臓病や脳卒中のリスク減

結婚は健康に良い影響を与えることがさまざまな研究で明らかにされているが、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患を予防する効果を示唆する研究結果が「Heart」6月19日オンライン版に発表された。欧米やアジア、中東などさまざま […]

Read More