image_print
1-2 HDN3月5日「ヘルスハイライト」No.1

子どもの時に身長が低かった人は脳卒中リスクが高い?

  • By

小児期に身長が低かった人は、成人してから脳梗塞や脳出血といった脳卒中を発症するリスクが高い可能性があることが、ビスペビア・フレデリクスベア病院(デンマーク)臨床研究・予防センター准教授のJennifer Lyn Bake […]

Read More
4.1.1

大酒飲みは認知症リスクが高い

  • By

酒の飲み過ぎ(多量飲酒)はさまざまな疾患のリスクを高めることが知られているが、認知症にもなりやすくさせる可能性があるとの研究結果が「The Lancet Public Health」2月20日オンライン版に掲載された。フ […]

Read More
4.1.1

女性の脳卒中リスクを高める要因とは?

  • By

女性は男性と比べて脳卒中を発症するリスクが高いことが分かっているが、女性の中でも特にそのリスクが高い人にはどのような特徴があるのだろうか。米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のKathryn Rexrode氏らは、これまで […]

Read More
Nurse Visiting Senior Male Patient At Home

脳卒中後に生活習慣を是正する人はわずか

  • By

不健康な生活習慣のある人が脳卒中のような深刻な疾患を発症したら、その後は健康的な習慣に改めるはずだと考える人は多いだろう。しかし、実態はそうでもないことが米ロサンゼルス郡保健サービス局のAmytis Towfighi氏ら […]

Read More
33137

「働き続けること」に脳卒中後の脳保護効果?

  • By

働き続けることは脳卒中を発症した後の脳の健康に良い影響を与える可能性があることを示唆する研究結果が国際脳卒中学会(ISC 2018、1月24~26日、米ロサンゼルス)で発表された。テルアビブ・ソラスキー医療センター(イス […]

Read More
Illustration of Human Internal Kidney Anatomy

アルブミン尿は認知症の有意なリスク因子 久山町研究

  • By

福岡県久山町の一般住民を対象とした疫学調査(久山町研究)から、日本人の高齢者においてアルブミン尿はアルツハイマー病(AD)および血管性認知症(VaD)の有意なリスク因子である可能性があると、九州大学大学院衛生・公衆衛生学 […]

Read More
4.1.1

サイクリングによる性生活への影響は認められず

  • By

男性が自転車に何時間乗ってもベッドやトイレで問題が生じることはなさそうだ。以前の研究で、男性が自転車に長時間乗ると臀部や会陰部が圧迫され、性機能や排尿機能が低下する可能性が示唆されていたが、米カリフォルニア大学サンフラン […]

Read More
˜@

初経が早かった女性は心臓病や脳卒中のリスクが高い?

  • By

12歳未満で月経が始まった女性は、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患を発症するリスクが高いことを示した研究結果が「Heart」1月15日オンライン版に掲載された。この研究では、初経が早かった女性だけでなく47歳未満で閉経 […]

Read More
Man Covering his Ears

耳鳴りのデバイス治療、有望性示す

  • By

耳鳴り(耳鳴)の新たな治療法として、耳からの音による刺激に加えて首や頬の皮膚に電気刺激を与える非侵襲的なデバイス治療が有望であることが分かった。この治療によって耳鳴患者の症状が軽減し、生活の質(QOL)が向上することが米 […]

Read More
4.1.1

脳の老化を遅らせるには緑葉野菜を食べると良い?

  • By

ホウレンソウやケール、レタスなどの緑葉野菜を毎日食べている人は、脳が老化する速度が遅い可能性を示唆する研究結果が「Neurology」2017年12月20日オンライン版に掲載された。同研究では緑葉野菜をほとんど、あるいは […]

Read More