image_print

介護ストレスをためないために

  • By

介護をしていると、1日にすべき仕事を終わらせる時間が足りないと思うかもしれません。介護をする人がストレスをためないためのヒントを以下に紹介します。

Read More

毎日脳を鍛えよう

  • By

常に脳を鍛えることで、年齢を重ねても頭の切れを失わず、記憶力を保つことができます。体を動かすのと同じように、頭の体操のための時間も作りましょう。

Read More
Researcher holds the experimental mice for test

臍帯血で記憶力が回復する可能性

  • By

ヒトの臍帯血を投与すると、高齢マウスの記憶力が回復することが分かった。研究を率いた米スタンフォード大学医学部神経学講師のJoseph Castellano氏は、「若年者の血液に含まれる成分が、精神機能を鋭敏に保つために重 […]

Read More
1-2 HDN4月27日「ヘルスハイライト」No.2

筋トレで高齢者の転倒予防を

  • By

高齢者では骨密度と筋肉量が徐々に低下するため、転倒して怪我をする可能性が高くなる。しかし、運動習慣を持てば自分の足で立ち続けることができる可能性があると、米ペンシルバニア州ハーシー医療センターのChristopher S […]

Read More
4.1.1

ベンゾジアゼピン系薬でアルツハイマー病患者の肺炎リスク上昇か

  • By

アルツハイマー病患者がベンゾジアゼピン系薬を服用すると肺炎リスクが高まる可能性があると、新たな研究で警告されている。ベンゾジアゼピン系薬には、アルプラゾラム(商品名:ソラナックスなど)、クロナゼパム(同リボトリールなど) […]

Read More
33193

「スーパー高齢者」の脳は何が違うのか

  • By

89歳のDonald Tenbrunsel氏はインターネットを易々と使いこなし、幅広いタイムリーな話題を楽しげに話し、定期的にボランティア活動や読書をする。このように超高齢でも極めて明晰な頭脳を保つ「スーパー高齢者(Su […]

Read More
33188

睡眠時間が急に増えるのは認知症のサイン?

  • By

一晩に9時間以上眠るようになった高齢者では、認知症になるリスクが高くなる可能性があることが、米ボストン大学医学部のMatthew Pase氏らの研究で示唆された。

Read More
1-1 HDN2月16日「今日のニュース」No.1

ナースプラクティショナーは在宅医療の解決策となるか

  • By

一定の医療行為を行える上級看護師であるナースプラクティショナーは、増え続ける高齢者の在宅医療への需要を満たす可能性があると、米国の研究で報告された。ただし、米国では一部の州における規制がその妨げとなっている可能性があると […]

Read More
4.1.1

認知症対策になる脳の刺激方法は

  • By

精神的な刺激となる活動により、70歳以上での加齢による認知機能低下リスクを低減できることがわかった。米メイヨークリニックアルツハイマー病研究センター(ミネソタ州ロチェスター)のRonald Petersen氏らの研究で、 […]

Read More
33124

「アルツハイマー病の発症が100%わかる検査」あったら受ける?(2016.12.22配信)

  • By

もし、検査でアルツハイマー病を発症することがわかるなら、ほとんどの高齢者はその検査を受けたいと考えているという米国の調査結果が示された。米スタンフォード大学医学部(カリフォルニア州パロアルト)のMeera Sheffri […]

Read More