image_print
33188

睡眠時間が急に増えるのは認知症のサイン?

  • By

一晩に9時間以上眠るようになった高齢者では、認知症になるリスクが高くなる可能性があることが、米ボストン大学医学部のMatthew Pase氏らの研究で示唆された。

Read More
1-1 HDN2月16日「今日のニュース」No.1

ナースプラクティショナーは在宅医療の解決策となるか

  • By

一定の医療行為を行える上級看護師であるナースプラクティショナーは、増え続ける高齢者の在宅医療への需要を満たす可能性があると、米国の研究で報告された。ただし、米国では一部の州における規制がその妨げとなっている可能性があると […]

Read More
4.1.1

認知症対策になる脳の刺激方法は

  • By

精神的な刺激となる活動により、70歳以上での加齢による認知機能低下リスクを低減できることがわかった。米メイヨークリニックアルツハイマー病研究センター(ミネソタ州ロチェスター)のRonald Petersen氏らの研究で、 […]

Read More
33124

「アルツハイマー病の発症が100%わかる検査」あったら受ける?(2016.12.22配信)

  • By

もし、検査でアルツハイマー病を発症することがわかるなら、ほとんどの高齢者はその検査を受けたいと考えているという米国の調査結果が示された。米スタンフォード大学医学部(カリフォルニア州パロアルト)のMeera Sheffri […]

Read More

股関節骨折のリスクを減らす(2016.12.19配信)

  • By

股関節骨折は、特に高齢者にとっては深刻な傷害となります。主な原因は転倒です。以下のポイントに注意して、股関節骨折を未然に防ぎましょう。

Read More
33079

「耳が遠くなる」原因は耳以外にも(2016.12.8配信)

  • By

夕食の席や騒がしい通りで人が話していることが聞き取れないという高齢者は、実は聴力には全く問題がなく、脳が会話を素早く処理する能力が低下している可能性があることが、新たな研究で示唆された。

Read More
33251

作業療法でアルツハイマー病による機能低下を抑制できるか?(2016.11.28配信)

  • By

在宅での作業療法には、アルツハイマー病に伴う機能低下を遅らせる効果はみられないことが、新たな臨床試験で示唆された。アルツハイマー病により脳障害が進行すると、記憶力だけでなく日常的な機能も低下していく。作業療法の目的は、介 […]

Read More
4.1.1

他の霊長類も「老眼」になると判明(2016.11.17配信)

  • By

ヒトと同様、一部の霊長類は加齢に伴い近くのものが見づらくなるとの報告が、「Current Biology」11月7日号に掲載された。京都大学霊長類研究所のHeungjin Ryu氏らの研究。

Read More
Senior happy woman using ipad isolated on white background

フェイスブックの友達申請の数で寿命を予測できる?(2016.11.7配信)

  • By

フェイスブック(FB)で「友達」申請を多く受けとり、許可している人は、より長生きするとの研究結果が、米ノースイースタン大学(ボストン)のWill Hobbs氏らにより示唆された。ただし、友達申請をした側には同じベネフィッ […]

Read More
1-2-hdn10%e6%9c%8813%e6%97%a5%e3%80%8c%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%8dno-2

ヒトの寿命はもう長くならない?(2016.10.13配信)

  • By

ヒトの寿命は、既にほぼ限界まで長くなっている可能性がある―こんな研究結果が、米アルベルト・アインシュタイン医学校(ニューヨーク市)遺伝学部長のJan Vijg氏らにより報告された。

Read More

Search

記事カテゴリ