image_print
1-2 HDN3月16日「ヘルスハイライト」No.1

米国の寝室事情 ―性交渉が減少傾向に

  • By

米国では以前よりも性交渉が減少しているという調査結果が、米サンディエゴ州立大学心理学教授のJean Twenge氏らにより報告された。

Read More
1-1-hdn11%e6%9c%8817%e6%97%a5%e3%80%8c%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%8dno-1

脳MRI検査で認知症の診断と治療が向上(2016.11.17配信)

  • By

世界では何千万人もの人が認知症による記憶障害や精神機能障害に悩んでいるが、新たな研究で、軽度認知障害のみられる患者が後にアルツハイマー病になるか、レビー小体型認知症になるかを見分けるのに脳MRI検査が有用であることが明ら […]

Read More
2015_2015oct19hhno2

転倒の原因は本当にただの「うっかり」か?(2015.10.19掲載)

  • By

転倒により救急を受診する人は、不器用なのではなく、潜在的な感染症をもつ可能性があると、米マサチューセッツ総合病院総合内科のFarrin Manian氏らの研究で示唆され、米サンディエゴで開催された米国感染症週間(ID W […]

Read More
2015_2015sep7tnno1

「物忘れがあるという自覚」は認知症の発症2~3年前になくなる(2015.9.7掲載)

  • By

認知症になる人は、本格的な発症の2~3年前から徐々に自身の記憶障害を認識しなくなることが、新たな研究で判明した。米ラッシュアルツハイマー病センター(シカゴ)のRobert Wilson氏によると、このことは以前から疑われ […]

Read More

Search

記事カテゴリ