image_print
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.3

アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与か

アルツハイマー病の発症に2種類のヒトヘルペスウイルス(HHV)が関与している可能性を示した研究結果が「Neuron」6月21日オンライン版に発表された。研究を実施した米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のJoel Du […]

Read More
1HDN6月25日「パッケージニュース」No.2

「50歳で血圧高め」は認知症のリスク因子か

50歳の時点で収縮期血圧(SBP)値が130mmHg以上だった人は、血圧が低かった人と比べて、後に認知症を発症するリスクが高い可能性のあることが新たな研究で示された。論文の筆頭著者で国立保健医学研究所(フランス)のJes […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月21日配信1

海馬の石灰化に「糖尿病」と「喫煙」が関連か

喫煙習慣がある人や糖尿病患者では、記憶の形成や学習に重要な役割を担う脳の海馬が石灰化するリスクが高まる可能性のあることが、ユトレヒト大学医療センター(オランダ)の研究チームの検討で分かった。一方で、海馬の石灰化の有無やそ […]

Read More
4HDN国内ニュース6月18日配信2

短い教育歴や生活習慣病は認知症のリスク因子か 日本人対象の症例対照研究で検討、富山大

日本人では、短い教育歴や糖尿病などの生活習慣病は認知症のリスク因子である可能性のあることが、富山大学大学院疫学・健康政策学教授の関根道和氏と中堀伸枝氏らの研究グループが実施した地域住民を対象とした症例対照研究により明らか […]

Read More
4HDN国内ニュース6月18日配信

生活習慣病とADL低下は認知症リスク因子の可能性 日本人の大規模オンライン調査結果

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)などの研究グループが実施した大規模調査から、「風呂に入る」「洋服を着る」などの日常生活動作(ADL)に支障が出ることと、糖尿病やがんの既往、抑うつ、慢性的な痛み、聴力の損失は認知 […]

Read More
1HDN5月31日「パッケージニュース」No. 3

中高年女性の尿失禁にヨガが効果的

中高年女性の尿失禁の軽減にヨガが有効な可能性があることが、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)クリニカル・アンド・トランスレーショナル・サイエンス研究所のAlison Huang氏らによる研究から明らかにな […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」No. 1

質の高い食事が脳を大きくする?

脳機能を明敏に保つためには食事内容を見直すのが良いようだ。オランダの研究で、野菜、果物、ナッツ類、魚が豊富な食事を取っていた人は、栄養が不十分な食事を取っていた人に比べて脳のサイズが大きいことが明らかにされた。研究の責任 […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」No. 4

「不安感」で閉経後女性の骨折リスク上昇か

強い不安を抱いている女性では、それほど大きな不安はない女性と比べて骨折リスクが高いことが、イタリアの閉経後女性約200人を対象とした研究から明らかになった。研究を実施したメッシーナ大学病院(イタリア)のAntonino […]

Read More
1HDN5月14日「パッケージニュース」No. 4

アルツハイマー病患者の興奮や不安、音楽で軽減か

アルツハイマー病患者の焦燥性興奮(アジテーション)や不安などの軽減に、患者が好む音楽を聴かせる治療法が有効である可能性を示した研究結果が「The Journal of Prevention of Alzheimer […]

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

たった一晩の睡眠不足でアルツハイマー病リスクが増大?

たった一晩でも睡眠が不足すると、アルツハイマー病との関連が指摘されているアミロイドβ(Aβ)と呼ばれるタンパク質の蓄積量が脳内で増加することが、米国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)のEhsan Shokri- […]

Read More