image_print
HDN9月4日「今日のニュース」No.1

意外に多い「未診断の心房細動」、高リスク者の3人に1人で検出

  • By

心房細動と診断されたことはないが、リスクは高いと考えられる患者の胸部に小型の心電図モニタリング機器を植え込み、長期間にわたって観察した結果、ほぼ3人に1人で心房細動が検出されたとする研究結果が「JAMA Cardiolo […]

Read More
HDN9月4日「今日のニュース」No.2

高齢者の4割超に「医師の話を聞き取れない」経験あり

  • By

高齢者の4割超に医師の話を聞き取れなかった経験があることが、ユニバーシティ・カレッジ・コーク(アイルランド)医学部のSimon Smith氏らによる調査で明らかになった。患者と医師のコミュニケーションに問題があると医療事 […]

Read More
An elderly husband and wife consoling themselves over the loss of a loved one.

家族などによる介護の負担、終末期には倍増

  • By

米国でも家族を中心とした「無償の介護者」が高齢者介護を担うことは珍しくないが、特に死期が近づくと、介護者への負担が倍増することが米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のKatherine Ornstein氏らによる研究で […]

Read More
4.1.1

加齢黄斑変性のサプリメントは費用対効果が高い

  • By

加齢に伴いリスクが高まる眼疾患の1つ、加齢黄斑変性の患者の視力維持に有効とされている安価なサプリメントは、費用対効果にも優れていることが、新たな研究で示された。詳細は「British Journal of Ophthal […]

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

夢を見ない高齢者は認知症リスクが高い?

  • By

睡眠中は「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返すが、このうち身体は休息しているが脳は覚醒していて急速に眼球が動いているレム睡眠の状態では夢を見やすい。このレム睡眠の時間が短いと、その後認知症を発症するリスクが高まることが […]

Read More

正しい靴選びで転倒を防ぎましょう

  • By

65歳以上の高齢者では、転倒で亡くなる人は少なくありません。米国政府が実施した2014年の調査の結果によると、転倒により年間280万人以上が救急治療室で治療を受け、2万7,000人が死亡しています。

Read More
4HDN国内ニュース8月16日配信2

平均寿命や健康寿命に地域格差 医療資源の増加や生活習慣因子以外の要因も、東大ら

  • By

日本では1990年から25年の間に平均寿命は4.2歳延びた一方で、都道府県間の「健康格差」には拡大傾向がみられることが、東京大学大学院国際保健政策学の野村周平氏と主任教授の渋谷健司氏らの研究グループの調べで分かった。こう […]

Read More
4.1.1

日によって血圧値が大きく変動する人は認知症リスクが高い?

  • By

血圧値が測定した日によって大きく異なる人は、認知症を発症するリスクが高い可能性が、60歳以上の日本人約1,600人を対象とした新たな研究で示された。日ごとの血圧値の変動幅が大きな人では、血圧値が安定している人と比べて認知 […]

Read More
33077

脳卒中後の抗血小板薬による出血リスクを予測する10の因子

  • By

脳梗塞や一過性脳虚血発作(TIA)の患者に再発予防のために投与される抗血小板薬には出血リスクがある。オランダ・ユトレヒト大学医療センターのNina Hilkens氏らは、過去に発表された6件の臨床試験のデータに基づき脳梗 […]

Read More
1-2 HDN8月10日「ヘルスハイライト」No.2

歯周病があると高齢女性のがんリスクが上昇

  • By

閉経後の女性では、歯周病があると発がんリスクが14%上昇するという大規模研究の結果が「Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention」8月1日号に掲載された。特に食道がん […]

Read More