糖尿病短報(国内)

腎機能正常な糖尿病患者の14%はeGFRが急速に低下するearly decliner

腎機能正常糖尿病患者では14%の頻度でeGFRが急速に低下するearly...

2020年度交換留学助成プログラムの応募要項を発表――日本糖尿病学会

日本糖尿病学会は4月1日、2020年度交換留学助成プログラムの応募要項を発表した。同プログラムは、糖尿病分野における共同研究の促進を目的に、国内の研究者の欧州研究機関への派遣、欧州地域の研究者の日本国内研究機関への派遣に対し研究費等を助成する制度。...

尿酸値の高さはメタボと関連するが、糖尿病では別――兵庫医大

男性では尿酸値が高いほどメタボリックシンドローム(MetS)該当率が高いが、糖尿病を併発している場合はそうとは限らないとする報告が「Diabetology...

生活習慣病の改善・予防の療養指導の認定制度に日本心臓病学会が参画

高血圧・循環器病予防療養指導士認定委員会は4月1日、同制度の運営に、新たに日本心臓病学会が加わることを発表した。これで同制度を共催する学会は、日本高血圧学会、日本循環器病予防学会、日本動脈硬化学会、日本心臓病学会の4学会となる。4学会共催となることに伴いカリキュラムや認定試験受験条件などが変更される。...

日本糖尿病学会が間歇スキャン式持続血糖測定に関する見解を改訂

日本糖尿病学会は4月1日、間歇スキャン式持続血糖モニタリングシステム(FGM)に関する見解の改訂版をサイト掲載した。今年度から保険請求上の取り扱いが変更されたことを踏まえての改訂。...

日本糖尿病学会が単一遺伝子異常による糖尿病の調査研究協力を呼びかけ

日本糖尿病学会の「単一遺伝子異常による糖尿病の成因、診断、治療に関する調査研究委員会」は3月27日、学会のWebサイトを通じて対象事例の報告協力を要請した。...

ラジオ体操で糖尿病患者の筋肉量が維持される――京都府医大

ラジオ体操が糖尿病患者の筋肉量維持に有効とする報告が「BMJ...

カテキンによる食後血糖上昇抑制作用は夕方に強く現れる――早稲田大

カテキンの血糖上昇抑制作用が報告されているが、その作用は朝よりも夕方に強く現れるとする論文が「Nutrients」2月21日オンライン版に掲載された。...

日本循環器学会と日本糖尿病学会が「糖代謝異常者における循環器病に関するステートメント」を公開

日本循環器学会と日本糖尿病学会は3月13日、両学会の合同委員会による「糖代謝異常者における循環器病の診断・予防・治療に関するコンセンサスステートメント」...

HbA1c6.5%未満でPCI後の心血管死リスクが増加――順天堂大

厳格過ぎる血糖管理がPCI後心血管死のリスク増加と関連しているとする報告が「Cardiovascular...