image_print
1HDN7月5日「パッケージニュース」No.2

血中ビタミンD濃度低いと間質性肺疾患リスク増

ビタミンDは骨の健康維持に欠かせない栄養素の一つだが、血中25(OH)D濃度が低いと間質性肺疾患(ILD)を発症するリスクが高まる可能性のあることが、新たな研究で示された。研究の詳細は「Journal of Nutrit […]

Read More
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.4

処方されても半数以上の患者が緊急時にエピペン使用せず

重症なアレルギー反応であるアナフィラキシーが起こる危険性に備えて、補助治療薬のアドレナリン自己注射薬(EAI、商品名:エピペンなど)を処方されていても、半数以上の患者が緊急時にEAIを使用していなかったとする調査結果が「 […]

Read More
4HDN国内ニュース7月2日配信2

アブラナ科野菜を摂取するほど全死亡リスク減 約9万人の日本人男女を解析、JPHC研究

40歳代半ば以降の日本人の男女は、キャベツやブロッコリー、白菜などのアブラナ科の野菜を多く摂取するほど全死亡リスクが低減する可能性があると、国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究グループが発表した。研究 […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 2

重症のアトピー性皮膚炎で心疾患リスク増

重症のアトピー性皮膚炎(湿疹)がある人は、心筋梗塞や脳卒中、不整脈といった心血管疾患発症のリスクが高いことが英国の研究で報告された。これらのリスクの上昇は小さいものの、成人の10%にアトピー性皮膚炎がみられることを考えれ […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 4

HPVワクチンで自己免疫疾患リスク増は認められず

女児への4価ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの予防接種は、自己免疫疾患リスクを上昇させなかったという新たな研究の結果が「Canadian Medical Association Journal(CMAJ)」5月2 […]

Read More
1HDN5月31日「パッケージニュース」No. 1

感染症重症化に蚊の唾液が関連か

蚊に刺されたときに体内に侵入する唾液は、それだけでもヒト免疫系に予想外の多様で複雑な変化をもたらすことを米ベイラー医科大学教授のRebecca Rico-Hesse氏らが突きとめた。こうした免疫系の変化により、蚊の唾液は […]

Read More
Take a deep breath. Skillful trained private doctor using professional stethoscope for hearing how elderly man breathing and diagnosing him

COPDリスクを高める「小児期の経験」

喫煙によって発症リスクが高まることで知られる慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、中高年層で発症しやすいため「成人の疾患」とみられがちだ。しかし、COPDの発症には小児期の喘息や受動喫煙などの経験が影響している可能性があること […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース4月5日配信2

成人の糖尿病タイプ別の有病率を初調査――米CDC

米国では成人の糖尿病患者は2016年時点で2300万人に上り、このうち2型糖尿病患者が約9割を占め(約2100万人)、1型糖尿病患者は約130万人(5.8%)、1型糖尿病でも2型糖尿病でもない自己免疫性の若年発症成人型糖 […]

Read More
A doctor does injection child vaccination baby

「卵アレルギーでもインフル予防接種は安全」米学会が見解

米国アレルギー・喘息・免疫学会(ACAAI)は12月19日、「卵アレルギーのある人でもインフルエンザワクチンの接種は安全であり、医療従事者が接種前に卵アレルギーの有無を確認する必要もない」とする診療指針(practice […]

Read More
Man having a cold sneeze in his bed

男性がインフルや風邪の症状に弱いのには理由がある?

インフルエンザや風邪といった呼吸器感染症の症状はつらいものだが、特に男性はその症状を大げさに訴える傾向があると感じている医師や女性は多いのではないだろうか。しかし、男性が呼吸器感染症の症状に弱いのは、ただ弱虫だからではな […]

Read More