image_print
1-2 HDN11月20日「ヘルスハイライト」No.1

センサー内蔵の“デジタル錠剤”、米で承認

  • By

米食品医薬品局(FDA)は11月13日、センサーが内蔵された“デジタルメディスン”のエビリファイ マイサイト(Abilify MyCite)を承認したと発表した。エビリファイ マイサイトは統合失調症などの治療薬として既に […]

Read More
1-1 HDN10月30日「今日のニュース」No.1

米国で2剤目の遺伝子治療薬、特定の血液がん治療で承認

  • By

米食品医薬品局(FDA)は10月18日、血液がんの一種である大細胞型B細胞性リンパ腫の成人患者に対する治療薬として、キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法と呼ばれる遺伝子治療に使用するaxicabtagene cilo […]

Read More
4.1.1

人工知能が高リスク病変のがん化を97%の精度で予測

  • By

人工知能を利用することで、マンモグラフィ検査と生検で見つかった乳房の「高リスク病変」ががん化するかどうかを97.4%の確率で正確に予測できる可能性が新たな研究で示された。研究を実施した米マサチューセッツ総合病院のMani […]

Read More
4.1.1

まれな眼疾患の治療に光、米で遺伝子治療の承認へ

  • By

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は10月12日、RPE65遺伝子変異を原因とするまれな遺伝性網膜疾患に対し、遺伝子治療薬の承認を勧告することを全会一致で決定した。この遺伝子治療薬を開発する米Spark Therape […]

Read More
1-2 HDN10月23日「ヘルスハイライト」No.1

中国式マッサージ専門のロボットが登場

  • By

将来、背中や腰の痛みを軽減するためのマッサージはロボットが担当するのが当たり前という時代が来るかもしれない―。シンガポールで開発されたロボットのマッサージ師“Emma(Expert Manipulative Massag […]

Read More
1-1 HDN10月5日「今日のニュース」No.1

迷走神経刺激法で15年間の植物状態から回復

  • By

交通事故による脳損傷で15年間植物状態にあった35歳の男性が、神経を刺激する治療によって意識を取り戻したことが明らかになった。マルク・ジャンヌロー認知科学研究所(フランス)のAngela Sirigu氏らがこの男性患者に […]

Read More
UAV drone flying outdoor.

ドローンによる生体試料の輸送で最長距離を記録

  • By

小型無人航空機「ドローン」による医療目的の生体試料の輸送で最長距離を達成したことを、米ジョンズ・ホプキンス大学病理学のTimothy Amukele氏らが発表した。84人分の血液試料をドローンに積み込み、アリゾナの砂漠の […]

Read More
†€Ö†

貼り薬で腹部の脂肪が縮小、マウス実験で確認

  • By

気になるウエスト周りに貼るだけで脂肪が消える―。将来、そんな夢のような貼り薬が登場する日が来るかもしれない。米コロンビア大学医療センターの研究グループが、脂肪を縮小させるスキンパッチ(貼り薬)を開発し、マウスの実験でその […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.1

10秒でがんを検出できるペン型装置を開発

  • By

術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定できるペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発した。同グループは「将来この装置が実用化されれば、手術でがん組織の取り残しを回避できるだけ […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.2

統合失調症患者の幻聴に脳の特定領域を刺激する治療が有望

  • By

統合失調症患者は音や歌、話し声などさまざまな幻聴に悩まされることが多い。中でも最も頻度が高いのが、自分の内側あるいは外側から話し声が聞こえてくる「言語性幻聴」だ。この言語性幻聴の軽減に、磁気エネルギーを利用して脳の言語に […]

Read More