image_print
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 3

「老化する顔の画像」が日焼け抑止に有効か

日焼けを求める「太陽崇拝者」でも、自分の顔が紫外線を浴びて老いていく過程を画像で見せられると、日焼けの習慣を断念する可能性が高まることが、米サンディエゴ州立大学心理学部のAaron Blashill氏らによるランダム化比 […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 4

皮膚がんの診断精度、AIが皮膚科医を上回る

経験豊かな皮膚科医よりも人工知能(AI)の方がメラノーマの診断精度が高い可能性があることが、ハイデルベルク大学(ドイツ)のHolger Haenssle氏らによる研究から明らかになった。この研究では、58人の皮膚科医より […]

Read More
1HDN6月4日「パッケージニュース」No. 3

細菌入りカプセルで消化器病を発見

将来、侵襲的な検査の代わりに細菌と小型センサーが入ったカプセルを飲むことで消化器疾患を診断できる日が来るかもしれない―。米マサチューセッツ工科大学微生物学のMark Mimee氏らは、消化管の出血に反応するように細胞を遺 […]

Read More
1HDN5月31日「パッケージニュース」No. 4

「検査前にブルーの染色剤」で大腸がん発見率が向上?

大腸内視鏡検査の前処置として患者に青色の染色剤を含む錠剤を飲んでもらうことで、がんの可能性がある病変の発見率が向上したとする第III相多施設共同ランダム化比較試験の成績が明らかになった。この染色剤は「Methylene […]

Read More
4.1.1

タトゥーでがんを発見? 動物実験で有望性示す

タトゥーを入れる目的は芸術表現や忠誠心、愛情の表現など人によってさまざまだろう。将来、そうした目的の一つに疾患の発見が加わる日が来るかもしれない。スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス)のMartin Fusseneg […]

Read More
young blond woman having a headache close up

片頭痛予防に携帯型TMS装置が有効か

患者が自宅で使用できる携帯型の単一パルス経頭蓋磁気刺激(sTMS)装置(商品名SpringTMS)が片頭痛の予防に有効であることを示した研究結果が「Cephalalgia」3月4日オンライン版に掲載された。この装置は既に […]

Read More
1-1 HDN4月9日「パッケージニュース」No.4

歯に貼るだけで食べた物が分かる超小型デバイス開発

歯に貼り付けるだけで食べた物や飲んだ物を識別するセンサーチップを搭載した超小型のウェアラブルデバイスが開発された。このデバイスを歯の表面に装着すると、摂取した食物や飲料に含まれるグルコースや塩分、アルコールの情報が無線で […]

Read More
U.S. President Donald Trump delivers remarks on the Iran Strategy in the Diplomatic Reception Room at the White House in Washington, DC on October 13, 2017. Photo by Leigh Vogel/UPI

トランプ氏の集会が開催された街で暴力事件が増加か

ドナルド・トランプ米大統領が選挙キャンペーンの集会で訪れた街で、集会の当日に暴力事件が通常よりも増えていたとする研究結果が「Epidemiology」3月12日オンライン版に掲載された。一方、ヒラリー・クリントン氏の集会 […]

Read More
Female fingers touching tablet with colorful applications

スマホにタッチするだけで血圧測定が可能に?

近い将来、スマートフォン(スマホ)の画面に触れるだけで簡単に血圧を測定できる日が来るかもしれない―。米ミシガン州立大学のRamakrishna Mukkamala氏らは、スマホに装備すれば画面に指を押し付けるだけで即時に […]

Read More

雑音が睡眠の妨げとなるとき

眠っている間も脳は音を感知し、処理し続けています。雑音によって目が覚めてしまったり、睡眠の状態が変化したり、心拍数や血圧が変わることもあるといいます。

Read More