image_print
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.1

10秒でがんを検出できるペン型装置を開発

  • By

術中にがんが疑われる組織に当てるだけで、わずか10秒ほどでがんかどうかを特定できるペン型の装置を米テキサス大学の研究グループが開発した。同グループは「将来この装置が実用化されれば、手術でがん組織の取り残しを回避できるだけ […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.2

統合失調症患者の幻聴に脳の特定領域を刺激する治療が有望

  • By

統合失調症患者は音や歌、話し声などさまざまな幻聴に悩まされることが多い。中でも最も頻度が高いのが、自分の内側あるいは外側から話し声が聞こえてくる「言語性幻聴」だ。この言語性幻聴の軽減に、磁気エネルギーを利用して脳の言語に […]

Read More
V¡ 

「インスタグラムで美容外科医探し」は危険

  • By

脂肪吸引や鼻の整形といった美容外科手術を希望してインスタグラムで検索しても、信頼できる医師が見つかる可能性は低いかもしれない―。インスタグラムで美容外科に関する投稿を検索し、内容を分析した結果、米国美容外科学会(ASAP […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月31日配信2

CGM使用の糖尿病患者の6割以上がFDA承認部位以外に装着、インスタグラム投稿写真で判明

  • By

持続血糖モニター(CGM)を使用する糖尿病患者がインスタグラムに投稿した写真から、患者の6割以上が米食品医薬品局(FDA)が承認する腹部や臀部以外の部位にセンサーを挿入して装着していることが分かった。この研究によると、上 […]

Read More
Close-up Of Hand Holding Device For Measuring Blood Sugar

採血不要の血糖測定技術を開発 小型装置の実用化目指す、量研機構

  • By

量子科学技術研究開発機構(千葉市)は8月18日、採血をせずに指先に光を当てるだけで血糖値を測定できる技術を開発したと発表した。同機構はこの非侵襲血糖値センサーの実用化を目指し、既にベンチャー企業を立ち上げている。病院だけ […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月24日配信1

オンラインゲームで2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善

  • By

糖尿病の自己管理について学習できるチーム対抗のオンラインゲームに参加すると、2型糖尿病患者の血糖コントロールが長期にわたり改善することが新たな研究で示された。

Read More
Young girl using her mobile at night on the couch

インスタの写真がうつ病診断の手掛かりに

  • By

写真や動画を共有するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のインスタグラムに投稿される写真の中に、投稿者がうつ病であるかどうかを予測する手掛かりがあることが新たな研究で示された。研究を率いた米ハーバード大学のA […]

Read More
1-1 HDN8月10日「今日のニュース」No.2

ヒト受精卵の遺伝子変異の修復に成功

  • By

ヒトの受精卵から、心疾患の原因となる遺伝子変異を除去する実験が成功したことが報告された。米オレゴン健康科学大学(OHSU)のPaula Amato氏らによる研究で、遺伝性の肥大型心筋症を持つ男性の精子と健康な女性の卵子か […]

Read More

溺水による脳障害、高気圧酸素治療で回復

  • By

プールでの溺水事故により重度の脳障害に至った女児に対し、高気圧酸素治療(HBOT)と呼ばれる治療を試みた結果、萎縮していた脳組織が回復したとする報告が「Medical Gas Research」6月30日オンライン版に掲 […]

Read More
Illustration of Human Internal Kidney Anatomy

拡散テンソル画像MRIで腎臓線維化の画像化に成功 糖尿病腎症モデルラットで、阪大の研究グループ

  • By

大阪大学大学院先端移植基盤医療学准教授の貝森淳哉氏と先端移植基盤医療学教授の高原史郎氏らの研究グループは、拡散テンソル画像(diffusion tensor imaging;DTI)と呼ばれる拡散MRIの一手法を用いて、 […]

Read More