image_print
1-1 HDN2月1日「今日のニュース」No.1

ホットヨガに通常のヨガを上回る血管機能の改善効果はない?

  • By

高温多湿の室内で行う「ホットヨガ」に、従来のヨガを上回る心血管保護効果はない可能性が高いことが米テキサス州立大学のグループの研究で明らかになった。運動習慣がない健康な中年の男女を対象としたこの研究では、ホットヨガと通常の […]

Read More
1-1 HDN1月29日「今日のニュース」No.1

血液検査1回でがん8種を発見、がんの位置も特定

  • By

1回の血液検査で8種類のがんの有無を判定し、がんの位置も特定できる新たな検査法を米ジョンズ・ホプキンス大学キンメルがんセンターのグループが開発した。既にがんと診断された患者約1,000人にこの検査を受けてもらったところ、 […]

Read More
Man Covering his Ears

耳鳴りのデバイス治療、有望性示す

  • By

耳鳴り(耳鳴)の新たな治療法として、耳からの音による刺激に加えて首や頬の皮膚に電気刺激を与える非侵襲的なデバイス治療が有望であることが分かった。この治療によって耳鳴患者の症状が軽減し、生活の質(QOL)が向上することが米 […]

Read More
1-2 HDN1月18日「ヘルスハイライト」No.2

皮膚細胞から機能する筋肉の作製に成功

  • By

ヒトの皮膚組織から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)をもとに、実際に機能する筋肉を作製することに初めて成功したとする研究結果が「Nature Communications」1月9日オンライン版に掲載された。研究を実施し […]

Read More
A colorized transmission electron micrograph of the novel coronavirus

米国で致死性ウイルスを作製する研究が解禁

  • By

米国立衛生研究所(NIH)は12月19日、致死性ウイルスを作製する研究への財政支援を3年ぶりに解禁することを発表した。NIH所長のFrancis Collins氏は「今後、ベネフィットがリスクを上回ると判断されれば、研究 […]

Read More
kleiner Junge liegt unter Vollnarkose im Krankenhaus

“バブルボーイ”の治癒に光、新たな遺伝子治療で有望な成績

  • By

遺伝子の異常によって生まれつき免疫機能が働かない重症複合免疫不全症(SCID)の患児は、病原体の感染から身を守るために無菌空間(バブルルーム)で過ごす必要がある。このことから米国ではSCIDの患児は「バブルボーイ」と呼ば […]

Read More
4.1.1

戦場でも使用可能、眼の外傷の応急処置にゲル材

  • By

戦場で眼に外傷を負った兵士の視力を守ることができるかもしれない特殊なゲル材を開発したと米南カリフォルニア大学眼科部門のJohn Whalen氏らが「Science Translational Medicine」12月6日 […]

Read More
1-2 HDN11月20日「ヘルスハイライト」No.1

センサー内蔵の“デジタル錠剤”、米で承認

  • By

米食品医薬品局(FDA)は11月13日、センサーが内蔵された“デジタルメディスン”のエビリファイ マイサイト(Abilify MyCite)を承認したと発表した。エビリファイ マイサイトは統合失調症などの治療薬として既に […]

Read More
1-1 HDN10月30日「今日のニュース」No.1

米国で2剤目の遺伝子治療薬、特定の血液がん治療で承認

  • By

米食品医薬品局(FDA)は10月18日、血液がんの一種である大細胞型B細胞性リンパ腫の成人患者に対する治療薬として、キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法と呼ばれる遺伝子治療に使用するaxicabtagene cilo […]

Read More
4.1.1

人工知能が高リスク病変のがん化を97%の精度で予測

  • By

人工知能を利用することで、マンモグラフィ検査と生検で見つかった乳房の「高リスク病変」ががん化するかどうかを97.4%の確率で正確に予測できる可能性が新たな研究で示された。研究を実施した米マサチューセッツ総合病院のMani […]

Read More