image_print
portrait of young desperate man praying

「マインドフルネス」の誇大宣伝に注意!

  • By

ストレスや痛みからうつ病まで、あらゆる現代病に有効であると宣伝されている「マインドフルネス」。ところが、「マインドフルネスによる健康効果を裏付ける科学的根拠はほとんどない」とする論文が「Perspectives on P […]

Read More
Mature woman worried about the future isolated on white background

高価な薬剤は「副作用」を引き起こしやすい可能性

  • By

高価な薬剤は「ノセボ効果」による副作用を引き起こしやすいことが、エッペンドルフ大学メディカルセンター(ドイツ)のAlexandra Tinnermann氏らによる研究で示唆された。ノセボ効果とは、治療の副作用について不安 […]

Read More
Single senior woman in yellow shirt looking over to side while holding cup indoors

高齢自殺者の4人に1人が事前に予告

  • By

米国の50歳以上の自殺者の約4人に1人が事前に周囲にその意思を打ち明けていたことが、同国で発生した傷害死のデータ分析から明らかになった。また、高齢になるほど打ち明ける自殺者の割合が高まることも分かったという。この研究結果 […]

Read More
Woman exercising with dumbbells.

週1時間だけの運動でうつ病リスクが低下

  • By

強度にかかわらず週1時間だけでも何らかの運動をすると、将来うつ病を発症するリスクが低下する可能性があることが、ノルウェーの成人約3万4,000人を対象とした研究で明らかになった。詳細は「American Journal […]

Read More
Woman practicing yoga at sunrise near the ocean

心疾患予防に「瞑想」が有効な可能性、米学会が見解

  • By

「瞑想」が心疾患のリスク因子に対して有効である可能性があるとする米国心臓協会(AHA)の声明文が「Journal of the American Heart Association」9月28日オンライン版に掲載された。近 […]

Read More
4HDN国内ニュース10月10日配信2

適度に魚を食べるとうつ病になりにくい? 多目的コホート研究から

  • By

魚や貝などの魚介類を1日に110gほど食べる人は、食べる習慣のない人よりもうつ病になりにくい可能性があることが、国立がん研究センターなどが進める多目的コホート研究(JPHC Study)で明らかにされた。100gの目安は […]

Read More
1-1 HDN10月2日「今日のニュース」No.2

オピオイド中毒死の激増で米国民の余命延長に暗雲

  • By

米国ではこの15年間に国民の平均余命は2年ほど伸びたが、ヘロインやオキシコドンといったオピオイド系鎮痛薬の過剰摂取を原因とした死亡率は3倍以上に上昇し、余命を縮める要因となりつつあることが米疾病対策センター(CDC)の研 […]

Read More
1-1 HDN9月28日「今日のニュース」No.1

レディー・ガガも苦しむ線維筋痛症の実態

  • By

先日、米国の人気歌手レディー・ガガが線維筋痛症に苦しんできたことをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で明らかにした。線維筋痛症に伴う慢性疼痛などの症状を理由に、予定されていた欧州ツアーの延期も決定されている […]

Read More
1-1 HDN9月19日「今日のニュース」No.2

統合失調症患者の幻聴に脳の特定領域を刺激する治療が有望

  • By

統合失調症患者は音や歌、話し声などさまざまな幻聴に悩まされることが多い。中でも最も頻度が高いのが、自分の内側あるいは外側から話し声が聞こえてくる「言語性幻聴」だ。この言語性幻聴の軽減に、磁気エネルギーを利用して脳の言語に […]

Read More

産後のストレスを軽くするためのヒント

  • By

母親になったばかりの女性は、大きなプレッシャーを抱える上に、さまざまなことに時間を奪われます。家族や周囲の人のしっかりしたサポートがなければ、すぐに抑うつや不安に襲われてしまいます。

Read More