image_print
1HDN8月16日「パッケージニュース」No.4

Google Glassで自閉症児の社会的スキルが向上

他人の表情から感情を識別するスマートフォンアプリと眼鏡型デバイスの「Google Glass」を組み合わせて使用することで、自閉症児の社会的スキルが向上する可能性を示した予備的研究の結果が「npj Digital Med […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.3

中年期の立ちくらみは認知症のサイン?

立ちくらみは「起立性低血圧」とも呼ばれ、高齢者では珍しくない症状だが、中年期の人でみられたら注意した方が良いかもしれない。米ジョンズ・ホプキンス大学神経学教授のRebecca Gottesman氏らの研究から、中年期に起 […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.4

働く人のうつ病、克服できるかは上司次第?

うつ病に苦しむ従業員がそれを克服するには、職場の上司の手助けが不可欠なようだ。英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスのSara Evans-Lacko 氏らが欧米やアジア、アフリカなど […]

Read More
1HDN7月30日「パッケージニュース」No.3

サラミやソーセージなどの添加物が躁病の原因に?

サラミやソーセージなどの加工肉に含まれている「硝酸塩」と呼ばれる添加物が、躁病の発症に関連している可能性があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学小児科学のRobert Yolken氏らによる研究から明らかになった。硝酸塩 […]

Read More
1HDN7月23日「パッケージニュース」No.3

バーチャルリアリティー治療で高所恐怖症は克服可能か

山の頂上まで登ったり、高層ビルの最上階まで上がったりすることに恐怖心を抱く高所恐怖症の人には、バーチャルリアリティーを用いた精神療法が有効かもしれない。高所が苦手な成人を対象としたランダム化比較試験(RCT)の結果、頭部 […]

Read More
1HDN7月12日「パッケージニュース」No.2

休暇のリフレッシュ効果は長続きしない

多くの働く人にとって、休暇を取ることは仕事のストレスから解放され、活力を回復するのに有効な手段だ。しかし、米国心理学会(APA)が6月27日に発表した「仕事と幸福感に関する調査(Work and Well Being S […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース7月12日配信1

働き過ぎの女性は2型糖尿病リスクが高い?

長時間の残業などの過重労働は、さまざまな健康リスクを高めることが知られている。今回、新たな研究で、労働時間が週45時間以上の女性は、週35~40時間の女性に比べて2型糖尿病の発症リスクが上昇する可能性が示された。一方で、 […]

Read More
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.2

親のスマホ依存、親子関係への影響は?

子育てに行き詰まっても、スマホやパソコンなどの電子機器を逃げ場にするのは、親にも子どもにもよくないようだ。米ミシガン大学医学部小児科学のJenny Radesky氏らが行った研究で、子どもに手を焼く親ほど電子機器をよく使 […]

Read More
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.3

アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与か

アルツハイマー病の発症に2種類のヒトヘルペスウイルス(HHV)が関与している可能性を示した研究結果が「Neuron」6月21日オンライン版に発表された。研究を実施した米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のJoel Du […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース6月28日配信1

偏見や恥ずかしさが1型糖尿病の血糖管理に悪影響

青年期の1型糖尿病患者の多くが、病気のせいで他人から偏見や差別を受けたり、自分を恥ずかしく思う感情を抱いていることが、マギル大学健康センター(カナダ)准教授のKaberi Dasgupta氏らが行ったオンライン調査で分か […]

Read More