image_print
1-1 HDN12月11日「今日のニュース」No.1

米俳優の訴訟で話題のMRI用造影剤、有害性認められず

  • By

米国では11月初旬、「MRI検査で使用したガドリニウムを含む造影剤が原因で、妻が重篤な状態に陥った」として俳優のチャック・ノリスが妻とともに訴訟を起こしたことが報じられ、その安全性をめぐって懸念が広がっている。しかし、ガ […]

Read More
Education, friendship, technology and children concept - Sisters teenage girls with smart phone and headphones listening music and ommunicate in social networks

若者の「スマホ依存症」、脳画像で異常を確認

  • By

スマートフォン(スマホ)から離れられない若者に脳画像検査を実施したところ、脳内の神経伝達物質の活性のバランスに異常が認められたとする研究結果が北米放射線学会(RSNA 2017、11月26日~12月1日、米シカゴ)で発表 […]

Read More
4.1.1

赤ワインで「リラックス」、蒸留酒で「攻撃的」に?

  • By

酒を飲んでどんな気分になるかは、飲んだ酒の種類によって左右されるという研究結果が「BMJ Open」11月21日オンライン版に掲載された。英国の研究グループが21カ国の約3万人を対象とした調査データを分析した結果、赤ワイ […]

Read More
Young teenage girl from back typing on laptop keyboard with empty screen which can be used for inserting your content

「ネットで自傷行為」、中高生の新たな問題に

  • By

ティーンエイジャーのネットいじめが問題となっているが、他者ではなく自分自身を傷つける内容をネットに投稿するなどの「ネット自傷行為(digital self-harm)」が米国の中高生の間で新たな問題となりつつあるようだ。 […]

Read More
1-2 HDN11月20日「ヘルスハイライト」No.1

センサー内蔵の“デジタル錠剤”、米で承認

  • By

米食品医薬品局(FDA)は11月13日、センサーが内蔵された“デジタルメディスン”のエビリファイ マイサイト(Abilify MyCite)を承認したと発表した。エビリファイ マイサイトは統合失調症などの治療薬として既に […]

Read More
4.1.1

「現代の米国人が最も恐れていること」トップ10は?

  • By

クモ、幽霊、高所、「人前で話すこと」といった個人的に恐れを抱いている物事から政治の腐敗や公害、自然災害、テロといった社会や環境の問題まで、人が恐れを抱く対象はさまざまだ。では、米国人が最も恐れている物事のトップ10は何だ […]

Read More
portrait of young desperate man praying

「マインドフルネス」の誇大宣伝に注意!

  • By

ストレスや痛みからうつ病まで、あらゆる現代病に有効であると宣伝されている「マインドフルネス」。ところが、「マインドフルネスによる健康効果を裏付ける科学的根拠はほとんどない」とする論文が「Perspectives on P […]

Read More
Mature woman worried about the future isolated on white background

高価な薬剤は「副作用」を引き起こしやすい可能性

  • By

高価な薬剤は「ノセボ効果」による副作用を引き起こしやすいことが、エッペンドルフ大学メディカルセンター(ドイツ)のAlexandra Tinnermann氏らによる研究で示唆された。ノセボ効果とは、治療の副作用について不安 […]

Read More
Single senior woman in yellow shirt looking over to side while holding cup indoors

高齢自殺者の4人に1人が事前に予告

  • By

米国の50歳以上の自殺者の約4人に1人が事前に周囲にその意思を打ち明けていたことが、同国で発生した傷害死のデータ分析から明らかになった。また、高齢になるほど打ち明ける自殺者の割合が高まることも分かったという。この研究結果 […]

Read More
Woman exercising with dumbbells.

週1時間だけの運動でうつ病リスクが低下

  • By

強度にかかわらず週1時間だけでも何らかの運動をすると、将来うつ病を発症するリスクが低下する可能性があることが、ノルウェーの成人約3万4,000人を対象とした研究で明らかになった。詳細は「American Journal […]

Read More