image_print
1HDN10月1日「パッケージニュース」No.2

2060年までに1400万人がアルツハイマー病と推計、米CDC調査

米国では2060年までにアルツハイマー病患者数は、現在のほぼ3倍に相当する1400万人に上ると推計されることが、米疾病対策センター(CDC)国立慢性疾患予防・健康増進センターのKevin Matthews氏らが実施した調 […]

Read More
4HDN国内ニュース10月1日配信2

オメガ3系脂肪酸摂取が不安症状の軽減に有効か 19件の臨床試験のメタ解析結果

青魚などに含まれるオメガ3系脂肪酸を摂取すると不安症状が軽減する可能性があることが、国立がん研究センター社会と健康研究センター健康支援研究部長の松岡豊氏らの研究グループの検討で分かった。特に身体疾患や精神疾患などを抱えて […]

Read More
1HDN9月20日「パッケージニュース」No.3

日中の眠気はアルツハイマー病の徴候か

日中に眠気を感じる人は、アルツハイマー病を発症するリスクが高い可能性があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院メンタルヘルス科准教授のAdam Spira氏らによる研究から示唆された。平均年齢60歳の男女12 […]

Read More
1HDN9月3日「パッケージニュース」No.1

開放的なオフィスで仕事のストレスが軽減?

パーティションや壁のない開放的なオフィス環境で働く人は、パーティションなどで仕切られたオフィスで働く人に比べて運動量が増え、精神的なストレスも軽減することが、新たな研究で示唆された。研究を率いた米アリゾナ大学環境福祉研究 […]

Read More
1HDN8月23日「パッケージニュース」No.4

「食卓の上にスマホ」で食事の楽しみが減る?

食事中もスマートフォン(スマホ)を手放せないという人は少なくない。しかし、スマホを食卓の上に置いたままだと、家族や友人との食事の時間を十分に楽しめないことが、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)のRyan Dwyer […]

Read More
1HDN8月16日「パッケージニュース」No.4

Google Glassで自閉症児の社会的スキルが向上

他人の表情から感情を識別するスマートフォンアプリと眼鏡型デバイスの「Google Glass」を組み合わせて使用することで、自閉症児の社会的スキルが向上する可能性を示した予備的研究の結果が「npj Digital Med […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.3

中年期の立ちくらみは認知症のサイン?

立ちくらみは「起立性低血圧」とも呼ばれ、高齢者では珍しくない症状だが、中年期の人でみられたら注意した方が良いかもしれない。米ジョンズ・ホプキンス大学神経学教授のRebecca Gottesman氏らの研究から、中年期に起 […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.4

働く人のうつ病、克服できるかは上司次第?

うつ病に苦しむ従業員がそれを克服するには、職場の上司の手助けが不可欠なようだ。英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンスのSara Evans-Lacko 氏らが欧米やアジア、アフリカなど […]

Read More
1HDN7月30日「パッケージニュース」No.3

サラミやソーセージなどの添加物が躁病の原因に?

サラミやソーセージなどの加工肉に含まれている「硝酸塩」と呼ばれる添加物が、躁病の発症に関連している可能性があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学小児科学のRobert Yolken氏らによる研究から明らかになった。硝酸塩 […]

Read More
1HDN7月23日「パッケージニュース」No.3

バーチャルリアリティー治療で高所恐怖症は克服可能か

山の頂上まで登ったり、高層ビルの最上階まで上がったりすることに恐怖心を抱く高所恐怖症の人には、バーチャルリアリティーを用いた精神療法が有効かもしれない。高所が苦手な成人を対象としたランダム化比較試験(RCT)の結果、頭部 […]

Read More