image_print
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.2

喘息の未就学児の親は治療の備えが不十分、米調査

喘息の未就学児を持つ親のうち、自宅での治療に備えているのは約半数に過ぎないことが、新たな調査から明らかになった。論文著者の一人である米ジョンズ・ホプキンス大学医学部准教授のMichelle Eakin氏は「喘息発作時にき […]

Read More
1HDN7月26日「パッケージニュース」No.1

質の高い食事が喘息コントロールに有用な可能性

果物や野菜、全粒穀物が多く、肉類や塩分、砂糖の摂取量を控えた質の高い食事は喘息の予防や治療に有用な可能性のあることが、新たな研究で示された。研究を率いたフランス国立保健医学研究所・国立農学研究所(INSERM-INRA) […]

Read More
1HDN7月26日「パッケージニュース」No.2

「便潜血陽性」は大腸がん以外の疾患の徴候?

大腸がん検診では、便に血が混じっていないかを調べる便潜血検査が広く行われている。今回、新たな研究で、便潜血反応が陽性であると大腸がん以外にも深刻な疾患が隠れている可能のあることが示された。大腸がん検診を受けた13万人を超 […]

Read More
1HDN7月12日「パッケージニュース」No.3

座りすぎで死亡リスクが上昇する14の疾患

普段の生活の中で、座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高いことを示した研究結果が「American Journal of Epidemiology」6月26日オンラ […]

Read More
1HDN7月5日「パッケージニュース」No.2

血中ビタミンD濃度低いと間質性肺疾患リスク増

ビタミンDは骨の健康維持に欠かせない栄養素の一つだが、血中25(OH)D濃度が低いと間質性肺疾患(ILD)を発症するリスクが高まる可能性のあることが、新たな研究で示された。研究の詳細は「Journal of Nutrit […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」5月24日No. 4

風邪の治療薬開発に期待

英国の研究グループが、風邪に効く候補物質を開発したと発表した。ヒトの細胞を用いた実験で、この物質によって風邪の原因となるライノウイルスの複製を阻害し、ウイルスがヒトの細胞を支配するのを防ぐことに成功したという。この研究は […]

Read More
1-1 HDN5月1日「パッケージニュース」No.2

バジャウ族の潜水能力は遺伝によるもの?

バジャウ族はインドネシアなどの東南アジアの海域で水上生活する漂海民族として知られているが、このバジャウ族の人々の身体には長時間の潜水に適応する遺伝的な変化がみられることが、「Cell」4月19日号に掲載の論文で報告された […]

Read More
Take a deep breath. Skillful trained private doctor using professional stethoscope for hearing how elderly man breathing and diagnosing him

COPDリスクを高める「小児期の経験」

喫煙によって発症リスクが高まることで知られる慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、中高年層で発症しやすいため「成人の疾患」とみられがちだ。しかし、COPDの発症には小児期の喘息や受動喫煙などの経験が影響している可能性があること […]

Read More
young female smoker smoking e-cigarette outdoors. Head and shoulders, side view

電子たばこ規制の先延ばしでFDAを提訴、米学会など

米食品医薬品局(FDA)が予定していた電子たばこや葉巻(シガー)の規制を延期したのは違法であり、公衆衛生に脅威をもたらすとして、米国小児科学会(AAP)など複数の学会・団体が3月27日、米メリーランド州の連邦裁判所に提訴 […]

Read More
Senior man ith painful arm in sling

吸入ステロイド薬の長期使用でCOPD患者の骨折リスク上昇か

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療では、症状を緩和するため吸入ステロイド薬による治療が行われることは少なくない。しかし、高用量の吸入ステロイド薬を長期的に使用すると骨折リスクが上昇する可能性があることが、マギル大学(カナ […]

Read More