image_print
4HDN国内ニュース10月15日配信1

全身持久力を高く保つと高血圧になりにくい? 約6千人の日本人男性で検討、東北大

  • By

全身持久力を測定した約6,000人の日本人成人男性を23年間追跡した結果、厚生労働省が推奨する全身持久力の基準を継続的に達成すると高血圧になりにくい可能性があることが、東北大学大学院運動学分野講師の門間陽樹氏らの研究グル […]

Read More
1HDN10月4日「パッケージニュース」No.1

バイスタンダーCPRの実施増加も女性では転帰不良、米調査

  • By

米国では院外心停止例に対し、現場に居合わせたバイスタンダーが心肺蘇生(CPR)を行うケースが増えており、処置のレベルも向上しているとされる。しかし、米デューク大学臨床研究所のCarolina Malta Hansen氏ら […]

Read More
1HDN10月1日「パッケージニュース」No.1

女性は地中海食で脳卒中リスクが低減する可能性

  • By

栄養バランスに優れ、適正体重の維持に有用とされる地中海食を摂取している女性は、脳卒中の発症リスクが低減する可能性があることが、英アバディーン大学のPhyo Myint氏らが実施した研究で明らかになった。ただし、男性ではこ […]

Read More
1HDN9月18日「パッケージニュース」No.1

世界成人14億人に運動不足による疾患リスク、WHO調査

  • By

世界で成人の4人に1人が運動不足による疾患リスクに直面しているとみられることが、世界保健機関(WHO)の研究チームの調査で明らかになった。14億人を超える成人が座りがちな生活による運動不足が原因で心疾患や糖尿病、認知症、 […]

Read More
1HDN9月18日「パッケージニュース」No.2

消防士に勤務中の心臓突然死が多い理由

  • By

勤務中に突然の心停止で死亡した消防士の多くでは、冠動脈の狭窄や心肥大、左心室壁の肥厚といった心臓の構造的な異常がみられることが、剖検記録を分析した新たな研究で明らかになった。詳細は「Journal of the Amer […]

Read More
4HDN国内ニュース9月18日配信1

植物性たんぱく質の摂取量が多いと心血管疾患リスクは低い NIPPON DATA 90データを解析、慶應大

  • By

日本人の成人では、植物性たんぱく質を多く摂取するほど心血管疾患(CVD)による死亡リスクが低く、特に高血圧のない人でこの傾向が強いことが、慶應義塾大学衛生学公衆衛生学の栗原綾子氏らの研究グループの検討で分かった。植物性た […]

Read More
1HDN9月13日「パッケージニュース」No.2

体外受精で生まれた子どもは高血圧リスクが高い可能性

  • By

体外受精や顕微授精などの生殖補助医療(ART)によって生まれた子どもは高血圧になりやすいことが、10歳代の若者を対象とした新たな研究で示唆された。詳細は「Journal of the American College o […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月13日配信1

血中アルドステロン高値で2型糖尿病リスク増

  • By

2型糖尿病と高血圧が併存する患者は多いが、血圧調節に重要な役割を果たすホルモンであるアルドステロンが、これらの疾患を関連づけている可能性のあることが新たな研究で示された。血中のアルドステロン値が高い人は2型糖尿病になりや […]

Read More
1HDN9月10日「パッケージニュース」No.4

心肺蘇生時にラリンゲルチューブ使用で救命率が向上か

  • By

心停止状態となった患者の心肺蘇生で、気道確保に使用する呼吸チューブをプラスチック製のものからラリンゲル(喉頭)チューブに変えると生存率が改善する可能性があることが、米テキサス大学健康科学センター救急医学のHenry Wa […]

Read More
4HDN国内ニュース9月10日配信1

血糖変動は急性冠症候群患者の予後予測に有用か 日本人のPCI施行患者を解析、横浜市立大

  • By

持続血糖モニタリング(CGM)で測定した血糖変動は、重症の糖尿病を合併しない急性冠症候群(ACS)患者の予後予測に有用な可能性のあることが、横浜市立大学附属市民総合医療センター心臓血管センター講師の岩橋徳明氏らの研究グル […]

Read More