image_print
4HDN国内ニュース8月20日配信1

前高血圧症は動脈硬化症の独立したリスク因子か 未治療の日本人2型糖尿病患者を解析

  • By

日本人2型糖尿病患者では、収縮期血圧(SBP)値による前高血圧症(pre-hypertension)は、アテローム性動脈硬化症の独立したリスク因子である可能性のあることが、島根大学内科学第一講師の金沢一平氏らの研究グルー […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.1

米国で心房細動による救急受診が急増

  • By

米国では、2007年から2014年にかけて心房細動患者の救急外来受診が急増していることが、新たな研究で示された。この救急受診の増加に伴い、心房細動による入院患者数も増えており、これらは米国の医療費を押し上げる大きな要因と […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.3

中年期の立ちくらみは認知症のサイン?

  • By

立ちくらみは「起立性低血圧」とも呼ばれ、高齢者では珍しくない症状だが、中年期の人でみられたら注意した方が良いかもしれない。米ジョンズ・ホプキンス大学神経学教授のRebecca Gottesman氏らの研究から、中年期に起 […]

Read More
4HDN国内ニュース8月6日配信2

出産経験ある女性で心疾患や脳卒中による死亡リスク減 約4万人の日本人女性を解析、JPHC研究

  • By

出産経験がある日本人女性は、経験がない女性に比べて心疾患や脳卒中、がんによる死亡リスクが低い可能性のあることが、国立がん研究センターなどによる多目的コホート(JPHC)研究から分かった。出産や授乳を経験した女性や閉経年齢 […]

Read More
1HDN7月30日「パッケージニュース」No.1

米国で妊娠中や出産直後の心筋梗塞が増加

  • By

米国では近年、妊娠中や出産直後に急性心筋梗塞(AMI)を発症する女性が増えているとする調査結果を、米ニューヨーク大学(NYU)医学部の研究グループが「Mayo Clinic Proceedings」7月18日オンライン版 […]

Read More
4HDN国内ニュース7月30日配信1

職場のストレスで労働者のメタボリスク上昇か 前向き観察研究のメタ解析

  • By

要求度が高いのに裁量権が低い仕事やシフト勤務といった職場のストレスを抱える労働者は、そうでない労働者に比べてメタボリック症候群になりやすい可能性のあることが、北里大学公衆衛生学教授の堤明純氏と東京大学らの共同研究グループ […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース7月26日配信1

ヨガとピラティスの健康効果、糖尿病や高血圧患者にも-米専門家がアドバイス

  • By

美容や健康の維持に有効なエクササイズとして人気な「ヨガ」と「ピラティス」は、特別な器具をほとんど必要とせず、一度習得すれば自宅で安全に行えるという特徴がある。米ペンシルバニア州立大学ミルトンS. ハーシー医療センターのス […]

Read More
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.3

パッチ型デバイスで未診断の心房細動を早期発見

  • By

不整脈の一つである心房細動は症状が現れないことも多く、見逃されやすい。こうした中、胸部に装着するパッチ型のウェアラブルデバイスで心電図(ECG)モニタリングを行うと未診断の心房細動の早期発見につながることが、米スクリプス […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース7月19日配信1

妊娠高血圧で産後の高血圧や2型糖尿病リスク上昇

  • By

妊娠高血圧や妊娠高血圧腎症(子癇前症)といった妊娠高血圧症候群になると、出産後の数十年間に高血圧や2型糖尿病、脂質異常症を発症するリスクが高まる可能性のあることが、新たな研究で示された。研究を実施した米ブリガム・アンド・ […]

Read More
4.1.1

週5回以上の入浴習慣に心血管保護効果の可能性 愛媛大の研究グループ

  • By

中年期以降の日本人では、週5回以上の入浴習慣は動脈硬化リスクを低減し、心機能を改善するなど心血管保護に働く可能性のあることが、愛媛大学社会共創学部教授の小原克彦氏らの研究グループの検討で分かった。これまでフィンランドの研 […]

Read More