image_print
1HDN6月25日「パッケージニュース」No.2

「50歳で血圧高め」は認知症のリスク因子か

50歳の時点で収縮期血圧(SBP)値が130mmHg以上だった人は、血圧が低かった人と比べて、後に認知症を発症するリスクが高い可能性のあることが新たな研究で示された。論文の筆頭著者で国立保健医学研究所(フランス)のJes […]

Read More
1HDN6月21日「パッケージニュース」No. 1

魚油サプリは乳児の心臓にも良い可能性

魚などに多く含まれるオメガ3系脂肪酸は、成人の心臓病リスクの低減に効果的とされているが、乳児の心臓にも良い影響を与える可能性のあることが、オーストラリアの新しい研究で示された。魚油サプリメントを生後6カ月までに摂取すると […]

Read More
4HDN国内ニュース6月18日配信2

短い教育歴や生活習慣病は認知症のリスク因子か 日本人対象の症例対照研究で検討、富山大

日本人では、短い教育歴や糖尿病などの生活習慣病は認知症のリスク因子である可能性のあることが、富山大学大学院疫学・健康政策学教授の関根道和氏と中堀伸枝氏らの研究グループが実施した地域住民を対象とした症例対照研究により明らか […]

Read More
1HDN6月14日「パッケージニュース」No. 4

仕事のストレスで不整脈リスク上昇か

仕事のストレスで参っている人は、この研究結果を知っておいた方がよいかもしれない―。ヨンショーピング大学(スウェーデン)保健福祉学部のEleonor Fransson氏らによる研究から、仕事のストレスが多い人は、過度なスト […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 2

重症のアトピー性皮膚炎で心疾患リスク増

重症のアトピー性皮膚炎(湿疹)がある人は、心筋梗塞や脳卒中、不整脈といった心血管疾患発症のリスクが高いことが英国の研究で報告された。これらのリスクの上昇は小さいものの、成人の10%にアトピー性皮膚炎がみられることを考えれ […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 3

サプリには心血管疾患の予防効果なし

心臓病予防のためにビタミンやミネラルのサプリメントを使用してもお金の無駄になるだけかもしれない―。2012年以降に発表された179件のランダム化比較試験(RCT)のメタ解析から、マルチビタミンやカルシウムなどの人気のサプ […]

Read More
1HDN6月4日「パッケージニュース」No .2

米国成人の3人に1人は降圧薬が必要に?

米国心臓病学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)が2017年に改訂した新しい高血圧ガイドラインでは、高血圧の定義が140/90mmHgから130/80mmHgに引き下げられた。この改訂に基づくと、米国成人の約半数が高血圧 […]

Read More
1HDN5月31日「パッケージニュース」No. 2

地中海食で大気汚染による健康への害を緩和できる?

果物や野菜、豆類が中心で加工食品の摂取が少ない地中海食は、心臓に良い食事法として長年評価されている。新たな研究で、地中海食には大気汚染による健康への有害な影響を防ぐ効果があり、心筋梗塞や脳卒中などによる死亡リスクを低減で […]

Read More
1HDN5月17日「パッケージニュース」No. 2

車中泊で肺塞栓による突然死も―熊本地震の避難者

日本で2016年4月に発生した熊本地震では、多くの被災者が避難を余儀なくされ、車中泊をする人も多くみられた。今回新たな研究で、車中で長時間を過ごした人は、脚を動かさずに座り続けることにより下肢の静脈にできた血栓が肺の静脈 […]

Read More
1HDN5月17日「パッケージニュース」No. 4

「低気温+PM2.5」で女性の心臓突然死リスク倍増

健康な女性が、気温が低い日に大気汚染物質である微小粒子状物質(PM2.5)に曝露すると、心臓突然死(SCD)のリスクが2倍以上に高まることを示した研究結果が米国不整脈学会の年次集会(Heart Rhythm 2018、5 […]

Read More