image_print
1 HDN4月2日「パッケージニュース」No.1

職場の騒音、血圧や脂質にも悪影響か

職場の騒音は難聴の原因になるだけでなく、血圧値や脂質値を上昇させる可能性があることが米疾病対策センター(CDC)傘下の米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)のグループによる研究から明らかになった。研究では、米国の労働者の […]

Read More
Close-up of a freshly griddled rib-eye steak resting on a white plate

ウェルダンのステーキで高血圧リスクが上昇か

ステーキはレアよりもウェルダンが好きだという人は、高血圧を発症するリスクがやや高いかもしれない―。米ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院のGang Liu氏らが米国の約10万人の医療従事者を対象に実施した予備的研究で、 […]

Read More
U.S. President Donald Trump delivers remarks on the Iran Strategy in the Diplomatic Reception Room at the White House in Washington, DC on October 13, 2017. Photo by Leigh Vogel/UPI

トランプ氏の集会が開催された街で暴力事件が増加か

ドナルド・トランプ米大統領が選挙キャンペーンの集会で訪れた街で、集会の当日に暴力事件が通常よりも増えていたとする研究結果が「Epidemiology」3月12日オンライン版に掲載された。一方、ヒラリー・クリントン氏の集会 […]

Read More
Airplane cabin aisle with rear view and seats

飛行機の機内で感染リスクが高い座席は?

飛行機の機内で呼吸器感染症患者から感染するリスクは、患者の座席の前後1列および左右2座席以内が最も高く、それ以上離れた席であればリスクは極めて低いことが、米エモリー大学のVicki Stover Hertzberg氏らに […]

Read More
4.1.1

10年前の金融危機、米国人の血圧や血糖にも影響か

2008年のリーマン・ショックに端を発した金融危機は、失業者の増加や賃金の低下だけでなく、米国人の健康にも大きく影響したことが米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)デービッドゲッフェン医学部老年医学のTeresa […]

Read More
Female fingers touching tablet with colorful applications

スマホにタッチするだけで血圧測定が可能に?

近い将来、スマートフォン(スマホ)の画面に触れるだけで簡単に血圧を測定できる日が来るかもしれない―。米ミシガン州立大学のRamakrishna Mukkamala氏らは、スマホに装備すれば画面に指を押し付けるだけで即時に […]

Read More
1-2 HDN3月22日「ヘルスハイライト」No.2

「理髪店の薬剤師」が血圧管理に一役

散髪のために理髪店を訪れた高血圧患者に対して、理髪師が散髪するだけでなく薬剤師が血圧管理を行うことで、血圧が有意に低下することが米国で実施されたクラスター・ランダム化比較試験(RCT)から明らかになった。この研究結果は「 […]

Read More
Donor Card

生体腎ドナー、「男性」「低所得者」で減少―米調査

米国では過去10年間に男性の生体腎ドナーが減少したことが、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)のJagbir Gill氏らによる研究から明らかになった。女性からの生体腎の提供率はほぼ横ばいで推移しており、男女問わず低 […]

Read More
(

塩分の取り過ぎによる害、他の栄養で帳消しにはできない?

塩分の取り過ぎによる心臓への害は、野菜や果物をたくさん食べるなど他の面で健康的な食事を心掛けたとしても帳消しにはできないことが、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのQueenie Chan氏らによる研究から明らかになった […]

Read More
Human spaider veins on the legs of woman

下肢静脈瘤ある人はエコノミークラス症候群リスクが高い?

脚の皮膚の表面に静脈の一部が盛り上がり、かゆみや痛みを伴うこともある下肢静脈瘤は、加齢に伴い誰にでも起こり得る疾患の一つだ。しかし、問題は見た目や症状だけにとどまらない可能性があることが、長庚記念病院(台湾)のShyue […]

Read More