image_print
Cholesterol plaque in artery

冠動脈プラークの脆弱性と強く関連する血糖変動指標とは? 神戸大の研究グループ

  • By

血糖値の変動性は冠動脈疾患(CAD)の発症や進展に影響を及ぼし、血糖変動指標の中でも血糖値の標準偏差(SD)と平均血糖変動幅(MAGE)の増大は冠動脈プラークの脆弱性の予測因子として優れる可能性のあることが、神戸大学大学 […]

Read More
portrait of young desperate man praying

夫婦関係の変化が男性の健康に影響

  • By

夫婦関係が良くなると夫の健康状態は良好に保たれるが、夫婦関係が悪くなると健康状態も悪化する可能性がある―こんな研究結果が「Epidemiology & Community Health」11月号に掲載された。この […]

Read More
4.1.1

40代女性の高血圧は認知症リスクを上昇させる?

  • By

40歳代で高血圧を発症した女性は後に認知症を発症するリスクが高いとする研究結果が「Neurology」10月4日オンライン版に掲載された。研究を率いた米カイザー・パーマネンテ北カリフォルニア研究部門のPaola Gils […]

Read More
4.1.1

スポーツ観戦で心臓にストレス、興奮で心拍数2倍にも

  • By

アイスホッケーの試合を観戦するだけで、心臓には大きな負担がかかる可能性があるという研究結果が「Canadian Journal of Cardiology」10月4日オンライン版に掲載された。

Read More
1-2 HDN10月12日「ヘルスハイライト」No.1

「朝食抜き」で動脈硬化症リスク2.5倍

  • By

朝食を取らない人は、朝食をしっかりと取る人に比べてアテローム性動脈硬化症のリスクが高いという研究結果が「Journal of the American College of Cardiology」10月10日号に掲載され […]

Read More
Happy doctor caring about young pregnant woman in hospital

妊娠中の高血圧で子どもの肥満リスク1.5倍

  • By

妊娠中に血圧の上昇がみられた母親から生まれた子どもは、肥満になりやすい可能性があることが中国の研究で示された。研究を実施した青島大学(中国)・英ケンブリッジ大学のJu-Sheng Zheng氏らによると、妊娠中期に高血圧 […]

Read More
Woman practicing yoga at sunrise near the ocean

心疾患予防に「瞑想」が有効な可能性、米学会が見解

  • By

「瞑想」が心疾患のリスク因子に対して有効である可能性があるとする米国心臓協会(AHA)の声明文が「Journal of the American Heart Association」9月28日オンライン版に掲載された。近 […]

Read More
4.1.1

トライアスロン中の死亡リスクは予想外に高い

  • By

トライアスロンの参加者がレース中に死亡するリスクは、これまで考えられていた以上に高い可能性が、米アボット・ノースウェスタン病院ミネアポリス心臓研究所のKevin Harris氏らが実施した研究で示唆された。詳細は「Ann […]

Read More
4÷

食事からマグネシウムを多く摂ると心筋梗塞になりにくい? 多目的コホート研究から

  • By

魚や果物、野菜などのマグネシウムを多く含む食品をよく食べる人ほど、心筋梗塞などの虚血性心疾患を起こしにくい可能性があることを、国立がん研究センターと国立循環器病研究センターらの共同研究グループが発表した。食事からのマグネ […]

Read More
Rear view of two professionals in formal suites who stand in front of concrete wall.

身長が低いことにメリット?高身長の人よりも静脈血栓塞栓症リスク低い

  • By

身長が低いことに少なくとも1つは医学的なメリットがあるかもしれない―。スウェーデンの男女約270万人を対象とした研究で、身長が高いほど静脈血栓塞栓症を発症するリスクが高いことが示されたという。この研究結果は「Circul […]

Read More