image_print
4HDN国内ニュース8月21日配信1

日本の医療費増加に最も影響する心血管危険因子とは? 獨協医大の研究グループ

  • By

健康診断を受診した茨城県の住民を対象とした研究から、心血管危険因子の中でも「高血圧」が医療費の増加に最も影響を及ぼす因子であり、その影響度は糖尿病や脂質異常症よりも大きく、腹部肥満の有無にかかわらないことを、獨協医科大学 […]

Read More
4HDN国内ニュース8月16日配信1

「味噌」が血圧上昇や脳卒中に抑制的に働く可能性 日本人が長寿である一因か 広島大の研究グループ

  • By

日本人の食生活に欠かせない「味噌」を摂取すると、食塩含有量が多いにもかかわらず血圧上昇が抑えられ、脳卒中の予防効果をもたらす可能性のあることを、広島大学名誉教授の渡邊敦光氏と同大学大学院心臓血管生理医学教授の吉栖正生氏ら […]

Read More
4.1.1

日によって血圧値が大きく変動する人は認知症リスクが高い?

  • By

血圧値が測定した日によって大きく異なる人は、認知症を発症するリスクが高い可能性が、60歳以上の日本人約1,600人を対象とした新たな研究で示された。日ごとの血圧値の変動幅が大きな人では、血圧値が安定している人と比べて認知 […]

Read More
33077

脳卒中後の抗血小板薬による出血リスクを予測する10の因子

  • By

脳梗塞や一過性脳虚血発作(TIA)の患者に再発予防のために投与される抗血小板薬には出血リスクがある。オランダ・ユトレヒト大学医療センターのNina Hilkens氏らは、過去に発表された6件の臨床試験のデータに基づき脳梗 […]

Read More
FD002642

地中海食による心疾患予防、効果あるのは高収入か高学歴の人のみ?

  • By

果物や野菜、魚、オリーブ油、ナッツ、全粒穀物などが豊富な地中海食には、心疾患を予防する効果があると考えられているが、その恩恵を受けられるのは高収入か高学歴の人に限られる可能性が、新たな研究で示された。この研究結果は「In […]

Read More

「静脈瘤」の特徴は?

  • By

静脈瘤とは、主に脚の血管にできる「こぶ」のようなふくらみのこと。見た目にも気になるものです。静脈瘤の特徴を以下に紹介します。

Read More
4HDN国内ニュース8月7日配信1

2型糖尿病患者の腎症リスク、正確な評価には血圧手帳よりも血圧計の記録値を

  • By

2型糖尿病患者が家庭血圧計で血圧を測定後に血圧手帳に記録した報告値は、血圧計が記録した測定値に比べて正確性に欠けており、その血圧変動はアルブミン尿と関連しない可能性のあることが、京都府立医科大学大学院内分泌・代謝内科学教 […]

Read More
Senior man standing reminiscing as he stares out of a window with a faraway expression as he recalls nostalgic old memories

9つの対策で認知症の35%は予防可能

  • By

教育レベルの低さや中年期の聴力低下、高齢期の喫煙や抑うつといった9つの認知症の危険因子への対策を講じれば、世界の認知症の3例中1例は予防できることが、国際研究グループによる分析から明らかになった。この分析結果はアルツハイ […]

Read More