image_print
1-1 HDN4月16日「パッケージニュース」No.2

薬が効かない「スーパー淋菌」に警鐘、米専門家ら

今年はじめ、ある英国人男性が一般的に使用されている抗菌薬が効かない「スーパー淋菌」に感染していたことが明らかになり、人々に衝撃を与えた。専門家らは、今後このような多剤耐性淋菌の感染は米国でも広がる可能性があるとして、警鐘 […]

Read More
1-1 HDN4月12日「パッケージニュース」No.1

「悪夢のスーパー耐性菌」アウトブレークの可能性も、CDC警告

米疾病対策センター(CDC)は4月3日、全米の保健局から提出された薬剤耐性菌のサンプルを分析した結果、それまで米国ではほとんど確認されていなかった型の耐性遺伝子を保有する「悪夢の細菌(nightmare bacteria […]

Read More
Sick nail on the leg, fungus on the big toe

体重の増加で爪水虫リスクも上昇?

肥満は文字通り頭から爪先まで全身に悪影響を及ぼすようだ。適正体重を上回る体重の増加によって、爪白癬(爪水虫)などの爪真菌症リスクが高まることがカトリック大学校医学部(韓国)のJi Hyun Lee氏らによる研究から明らか […]

Read More
1 HDN4月5日「パッケージニュース」No.3

世界の抗菌薬使用量、2000年から4割増

抗菌薬が効かない薬剤耐性菌の拡大が、世界中の人々の健康に対する脅威となっている。その主な原因として、抗菌薬の過剰処方の問題が指摘されている。こうした中、この16年間に世界で人口1,000人当たりの抗菌薬の使用量が39%増 […]

Read More

ウエストサイズから心筋梗塞を予測できる?

女性の場合、ウエストサイズから心筋梗塞のリスクを予測できる可能性があるといいます。

Read More

動物による咬傷から身を守ろう

野生動物は一般には人間に近づくことはありませんが、危険を感じたり、病気であったり、仔を守ろうとする場合に人を攻撃することがあります。一方、ペットによる攻撃は比較的よくありますが、生命に関わることはまれです。

Read More
1-1 HDN3月1日「今日のニュース」No.2

心疾患患者へのクラリスロマイシン使用で注意喚起―米FDA

米食品医薬品局(FDA)は2月22日、「冠動脈疾患患者に抗菌薬のクラリスロマイシン(米国での商品名:Biaxin)を使用すると心臓に関連した問題や死亡の長期的なリスクが上昇する可能性がある」とする医薬品安全性情報を発出し […]

Read More
1-2 HDN2月26日「ヘルスハイライト」No.1_再配信

女性の眼に14匹の寄生虫―米CDC報告

鏡で自分の顔を見たら、眼の表面を半透明の小さな虫が這っていた―。想像したくないかもしれないが、これは米オレゴン州の26歳の女性が実際に経験したことだ。しかも、見つかったのはこの1匹だけではなく、14匹もいたというのだ。こ […]

Read More
Blur background : Patient waiting for see doctor at hospital ,abstract background.

病院で薬剤耐性菌が多く潜んでいる場所とは?

病院の排水が薬剤耐性菌の発生に関係している可能性が、米国立衛生研究所(NIH)のグループによる研究で示された。研究では、集中治療室の下水道のパイプと病院排水の下水道につながるマンホールから排水を採取して調べた結果、そのほ […]

Read More
A doctor makes a vaccination to a child

「インフルワクチン、流行の型に対する効果は25%」米で分析結果

米疾病対策センター(CDC)は2月15日、今シーズンに米国で最も多くの患者をもたらしたH3N2型のインフルエンザウイルスに対するワクチンの予防効果は25%にとどまるとの分析結果を明らかにした。米国では例年を大幅に上回る規 […]

Read More