image_print
1HDN7月12日「パッケージニュース」No.3

座りすぎで死亡リスクが上昇する14の疾患

普段の生活の中で、座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高いことを示した研究結果が「American Journal of Epidemiology」6月26日オンラ […]

Read More
1HDN6月28日「パッケージニュース」No.1

ビタミンDが十分だと大腸がんリスク低下

骨の健康維持に欠かせない栄養素であるビタミンDは、食事から摂取できるだけでなく、紫外線を浴びると体内で生成される。新たな研究で、ビタミンDの血中濃度が高いほど大腸がんになるリスクは低減する可能性のあることが示された。研究 […]

Read More
1HDN6月21日「パッケージニュース」No. 2

1日3杯以上のコーヒーで肝臓に保護効果

コーヒー好きには朗報かもしれない。コーヒーを1日3杯以上飲むと肝疾患を予防できる可能性のあることが、新たな研究で示された。1日に3杯以上のコーヒーを習慣的に飲んでいる人は、全く飲まない人と比べて肝疾患による入院リスクが有 […]

Read More
1HDN6月18日「パッケージニュース」No. 3

消化器内視鏡検査後の感染リスクは予想以上に高い?

大腸内視鏡検査や食道、胃、十二指腸の内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)は、一般に考えられているほど安全ではないかもしれない-。消化器内視鏡検査後には大腸菌(Escherichia coli)やクレブシエラ属などの細菌に感 […]

Read More
Young woman in bed suffering from cancer. Thoughtful woman battling with tumor looking out of window. Young patient with blue headscarf recovery in hospital on bed.

大腸がん化学療法の費用、米とカナダで2倍の開き

米国とカナダの国境を挟んで隣接する2つの州で、切除不能な大腸がんの化学療法の費用には2倍の開きがあることが、米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのVeena Shankaran氏らの研究で分かった。大腸がんの初期に行 […]

Read More
1HDN6月4日「パッケージニュース」No. 3

細菌入りカプセルで消化器病を発見

将来、侵襲的な検査の代わりに細菌と小型センサーが入ったカプセルを飲むことで消化器疾患を診断できる日が来るかもしれない―。米マサチューセッツ工科大学微生物学のMark Mimee氏らは、消化管の出血に反応するように細胞を遺 […]

Read More
1HDN5月31日「パッケージニュース」No. 4

「検査前にブルーの染色剤」で大腸がん発見率が向上?

大腸内視鏡検査の前処置として患者に青色の染色剤を含む錠剤を飲んでもらうことで、がんの可能性がある病変の発見率が向上したとする第III相多施設共同ランダム化比較試験の成績が明らかになった。この染色剤は「Methylene […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」5月24日No. 2

大腸ポリープのタイプががんリスクの指標に?

大腸内視鏡検査でポリープが見つかることは珍しくない。中でも最も高頻度にみられるのが良性の腫瘍「腺腫(アデノーマ)」である。腺腫が見つかった人がその後、大腸がんを発症する確率は明確には分かっていないが、米ピッツバーグ医科大 […]

Read More
1-1 HDN4月26日「パッケージニュース」No.1

ある種の降圧薬で女性の膵がんリスク上昇か

高血圧治療に使用されている短時間作用型カルシウム(Ca)拮抗薬が、閉経後女性の膵がんリスクを増大させる可能性があることが、米ベイラー医科大学のZhensheng Wang氏らによる研究から明らかになった。同薬を3年以上使 […]

Read More
3d render medical illustration of the human digestive system - side view

血糖値や脂質値の変動に腸内細菌が強く関与 熊本大グループ

腸内細菌の働きで産生される代謝産物の「二次胆汁酸」が糖代謝や脂質代謝に関与するメカニズムを解明したと、熊本大学大学院微生物薬学分野教授の大槻純男氏らの研究グループが「Scientific Reports」1月19日オンラ […]

Read More