image_print
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.1

下痢で10人に1人が死を思いつめた経験、過敏性腸症候群の患者調査

下痢に苦しむ過敏性腸症候群(IBS)患者の10人に1人は、苦しさのあまり死にたいとまで思いつめていることが、ヨーテボリ大学(スウェーデン)の研究チームが実施したオンライン調査から明らかになった。7カ国のIBS患者と医師を […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.1

人工甘味料入り飲料の摂取で結腸がん再発リスク減

1,000人を超える進行した結腸がん患者を対象に追跡した結果、人工甘味料入り飲料を習慣的に飲む結腸がん患者は、再発リスクやがんによる死亡リスクが低い可能性のあることが、新たな研究で示された。これらのリスクを抑えるには、砂 […]

Read More
1HDN7月26日「パッケージニュース」No.2

「便潜血陽性」は大腸がん以外の疾患の徴候?

大腸がん検診では、便に血が混じっていないかを調べる便潜血検査が広く行われている。今回、新たな研究で、便潜血反応が陽性であると大腸がん以外にも深刻な疾患が隠れている可能のあることが示された。大腸がん検診を受けた13万人を超 […]

Read More
1HDN7月26日「パッケージニュース」No.4

プロバイオティクスの安全性は「データ不十分」、専門家ら指摘

腸内細菌叢のバランスを改善し、身体に良い影響を及ぼすことで人気のプロバイオティクスだが、その安全性に関するデータは不十分であることが、パリ・デカルト大学(フランス)のAida Bafeta氏らによる分析で明らかになった。 […]

Read More
1HDN7月12日「パッケージニュース」No.3

座りすぎで死亡リスクが上昇する14の疾患

普段の生活の中で、座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高いことを示した研究結果が「American Journal of Epidemiology」6月26日オンラ […]

Read More
1HDN6月28日「パッケージニュース」No.1

ビタミンDが十分だと大腸がんリスク低下

骨の健康維持に欠かせない栄養素であるビタミンDは、食事から摂取できるだけでなく、紫外線を浴びると体内で生成される。新たな研究で、ビタミンDの血中濃度が高いほど大腸がんになるリスクは低減する可能性のあることが示された。研究 […]

Read More
1HDN6月21日「パッケージニュース」No. 2

1日3杯以上のコーヒーで肝臓に保護効果

コーヒー好きには朗報かもしれない。コーヒーを1日3杯以上飲むと肝疾患を予防できる可能性のあることが、新たな研究で示された。1日に3杯以上のコーヒーを習慣的に飲んでいる人は、全く飲まない人と比べて肝疾患による入院リスクが有 […]

Read More
1HDN6月18日「パッケージニュース」No. 3

消化器内視鏡検査後の感染リスクは予想以上に高い?

大腸内視鏡検査や食道、胃、十二指腸の内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)は、一般に考えられているほど安全ではないかもしれない-。消化器内視鏡検査後には大腸菌(Escherichia coli)やクレブシエラ属などの細菌に感 […]

Read More
Young woman in bed suffering from cancer. Thoughtful woman battling with tumor looking out of window. Young patient with blue headscarf recovery in hospital on bed.

大腸がん化学療法の費用、米とカナダで2倍の開き

米国とカナダの国境を挟んで隣接する2つの州で、切除不能な大腸がんの化学療法の費用には2倍の開きがあることが、米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのVeena Shankaran氏らの研究で分かった。大腸がんの初期に行 […]

Read More
1HDN6月4日「パッケージニュース」No. 3

細菌入りカプセルで消化器病を発見

将来、侵襲的な検査の代わりに細菌と小型センサーが入ったカプセルを飲むことで消化器疾患を診断できる日が来るかもしれない―。米マサチューセッツ工科大学微生物学のMark Mimee氏らは、消化管の出血に反応するように細胞を遺 […]

Read More