image_print
Retired elder man driving a blue car

眠気の自覚なくても自動車事故リスクは高まる

眠気は感じていなくても、睡眠時無呼吸がある人や睡眠時間が短い人は、自動車事故を起こすリスクが高いことが、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院のDaniel Gottlieb氏らによる研究から明らかになった。同氏は「十分な睡 […]

Read More
33317

朝型の人と夜型の人、どちらが長生きする?

早寝早起きが苦にならない朝型の人と比べ、宵っ張りで朝寝坊の夜型の人は短命に終わる可能性が高いことを示唆する研究結果が「Chronobiology International」4月11日オンライン版に発表された。クロノタイ […]

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

たった一晩の睡眠不足でアルツハイマー病リスクが増大?

たった一晩でも睡眠が不足すると、アルツハイマー病との関連が指摘されているアミロイドβ(Aβ)と呼ばれるタンパク質の蓄積量が脳内で増加することが、米国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)のEhsan Shokri- […]

Read More
4HDN国内ニュース3月12日配信1

血中レプチン濃度が睡眠の質と関連する可能性 日本人の肥満合併2型糖尿病患者で検討、大阪市立大

肥満を伴う2型糖尿病患者では、血中レプチン濃度が高いほど睡眠の質が良好である可能性があり、血中レプチン濃度の測定が睡眠の質の評価に有効なマーカーとなる可能性があると、大阪市立大学大学院代謝内分泌病態内科学講師の森岡与明氏 […]

Read More
4HDN国内ニュース2月13日配信1

睡眠の質が血糖コントロールに及ぼす影響は? 約3,200人の日本人2型糖尿病患者を解析

日本人の2型糖尿病患者は一般集団と比べて睡眠時間が短く、入眠までの時間が長いなど睡眠の質が低下しており、特に血糖コントロールが不良な患者でこの傾向が強い可能性のあることが、横浜市立大学附属市民総合医療センター内分泌・糖尿 […]

Read More
1-2 HDN2月8日「ヘルスハイライト」No.2

歯ぎしり軽減にボトックス治療が有望

寝ている間の歯ぎしりや食いしばりといった症状は、頭痛や顎関節症の原因となるほか、歯にもダメージをもたらすことがある。こうした症状の軽減に、A型ボツリヌス毒素(ボトックス)を頬に注入する治療が有望であることが小規模なランダ […]

Read More
' %*

インフルエンザは呼吸するだけで感染する?

米国では現在もインフルエンザの大流行が続いているが、さらに悪いニュースだ。これまで、インフルエンザの主な感染経路は感染者のくしゃみや咳で飛び散ったウイルスを含むしぶきを吸い込むことで感染する「飛沫感染」か、ウイルスが付着 […]

Read More
Young sleeping woman and alarm clock in bedroom at home .

寝る前にTo-Doリストを書き出すと良く眠れる

意外かもしれないが、翌日やらなくてはならないことのリスト(To-Do リスト)をベッドに入る前に書いておくと、早く眠りにつける可能性が高まることが、米ベイラー大学のグループによる研究から明らかになった。詳細は「Journ […]

Read More
1-2 HDN1月11日「ヘルスハイライト」No.1

寝る前のスマホにはアンバー系レンズの眼鏡を

寝る直前までスマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコンなどを使用する習慣のある人は、薄いアンバー(琥珀色)系の色が入ったブルーライトカット眼鏡をかけるとぐっすり眠れるかもしれない。不眠症の症状に悩んでいる男女を対象と […]

Read More

音楽が睡眠を助けることも

寝る前に落ち着いた静かな音楽を聴くことが、睡眠の向上に役立つことがあります。

Read More